第271話 手追い

あらすじ

●あらすじ/雄介にボクシングの才能があると感じた荒井は、キャンプ最終日に行なわれる打ち上げトレーニングに雄介を誘った。そこで雄介が見たのは、普段のとぼけた荒井ではなく、己を極限にまで追い込んだ闘士の姿だった。彼の言う打ち上げとは、自分より上の階級の猛者6人を相手にするスパーリング。順番に挑んでくる相手全員を倒すか、自分が倒されるまで続く真剣勝負だった。そして荒井は、もしこのスパーリング中に自分が負けたら、タイトルマッチを戦わずして引退する覚悟で臨んでいた…(第271話)。 ●本巻の特徴/世界チャンピオンの荒井は、雄介をボクシングに転向させることを諦め、島を後にする。だが、二人の交流は、お互いにとって実り多いものだった。荒井はタイトルマッチで、メキシコからやってきた挑戦者のホセ・カレイラを倒す。そして、新たな気持ちで走り出した雄介は、仲間たちと共に都道府県対抗駅伝の長崎県代表に選ばれた。雄介たちの新たな挑戦が始まる! ●その他の登場人物/吉崎・上原・須藤(波切島高校陸上部2年生)、的場(波切島高校陸上部1年生。雄介に一方的なライバル心を燃やす)、壱岐和子(雄介の母)、篠宮奈緒子(大学2年生。)

この作品のシリーズ一覧(2件)

独自の仕組みで巻と一致させているため、該当する巻が異なる場合があります。 単行本化されていなくても巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

最近チェックした作品

>

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading