からくりサーカス 38巻

あらすじ

【機械仕掛の神(デウスエクスマキナ)】▼第33幕/悪魔の舞踏(デモンダンス)7場▼第34幕/悪魔の舞踏(デモンダンス)8場▼第35幕/悪魔の舞踏(デモンダンス)9場▼第36幕/脱出(エグゾダス)へ▼第37幕/汝らに告ぐ、生きのびよと。▼第38幕/深緑の弾丸▼第39幕/一時閉鎖、ひき続き空へ▼第40幕/追う者達▼第41幕/魔窟へ▼第42幕/モン・サン・ミッシェルにて●主な登場人物/才賀勝(フェイスレスから、しろがね[=エレオノール]を取り戻すため戦う小学6年生)、加藤鳴海(中国拳法の達人。人形破壊者“しろがね“の一員として、自動人形[オートマータ]を追い続ける)、しろがね(=エレオノール。勝を守ることで自己の存在を維持している)●あらすじ/パンタローネとの戦いで重傷を負った阿紫花。立ち上がることもままならない状態のなか、巧みな話術でパンタローネを組み止め、血染めの刀で斬りつける。阿紫花の血液には、自動人形にとっては猛毒となる「生命の水」が含まれているため、斬られた腕からパンタローネの全身が麻痺し始めて…(機械仕掛けの神・第33幕)。●本巻の特徴/前半では、ゾナハ病治療装置「ハリー」をめぐって繰り広げられていた自動人形vs鳴海たちの死闘が一時終結。後半では、宿敵・フェイスレスからしろがねを取り戻すべく闘う勝の新たな展開が描かれる。●その他の登場人物/フェイスレス(この物語の因縁の元凶・白金[パイジン]の生まれ変わり。全世界にゾナハ病を振りまいた黒幕)、ギイ(“しろがね“の一人。かつてエレオノールに人形繰りを教えた)、ミンシア(鳴海の拳法師匠の娘。拳法家であり女優でもある)、生方法安(仲町サーカスの道具方)、ジョージ(強化人間“しろがね-O“の生き残り。沈着冷静)、阿紫花英良(黒賀村出身の人形使いで、殺し屋)、フウ(元しろがね。世界的企業「フウ・インダストリー」の総帥) 、パンタローネ(フェイスレスが作った自動人形。最古の四人のひとり)

この巻の収録話

  1. 379話
    機械仕掛の神~ 第33幕 悪魔の舞踏 7場
    42pt
  2. 380話
    機械仕掛の神~ 第34幕 悪魔の舞踏 8場
    42pt
  3. 381話
    機械仕掛の神~ 第35幕 悪魔の舞踏 9場
    42pt
  4. 382話
    機械仕掛の神~ 第36幕 脱出へ
    42pt
  5. 383話
    機械仕掛の神~ 第37幕 汝らに告ぐ、生きのびよと。
    42pt
  6. 384話
    機械仕掛の神~ 第38幕 深緑の弾丸
    42pt
  7. 385話
    機械仕掛の神~ 第39幕 一時閉幕、ひき続き空へ
    42pt
  8. 386話
    機械仕掛の神~ 第40幕 追う者達
    42pt
  9. 387話
    機械仕掛の神~ 第41幕 魔窟へ
    42pt
  10. 388話
    機械仕掛の神~ 第42幕 モン・サン・ミッシェルにて
    42pt

独自の仕組みで巻にまとめているため、該当する話が単行本と一致しない場合があります。 単行本化されていなくても、巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

>

関連記事