明石(一)

あらすじ

流離の日々は終わり、都に戻った光源氏の前には輝かしい道が開けていた。源氏と藤壷の子は帝となり、明石の君は過酷な運命を受け入れる。 愛する人々との別れと死。そして夢の邸宅・六条院完成。四季の御殿に女君たちを集め、光源氏は栄華の極みにあった。

独自の仕組みで巻と一致させているため、該当する巻が異なる場合があります。 単行本化されていなくても巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

最近チェックした作品

>

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading