月下の棋士 9巻

あらすじ

▼第1話/紲▼第2話/面白い将棋▼第3話/くすぶり▼第4話/決戦前夜▼第5話/9四歩▼第6話/名人降臨▼第7話/立会人▼第8話/嘘手▼第9話/剥がされた仮面▼第10話/涙▼第11話/因縁 ●登場人物/氷室将介(現在四段のプロ棋士)、滝川幸治(プロ棋士・実力名人制第5代名人) ●あらすじ/将介は“伝説の真剣師“と呼ばれる丸亀を訪ねた。目の前に現われた将介がかつての師匠・御神三吉の孫であることに気づいた丸亀は、将介に御神三吉の思い出を語って聞かせる。そのころ滝川は、将介との対局実現のため動きだすのだった(第1話)。▼丸亀に、負ける側の人間たちのところにいてはいけない、もと居た場所に戻らなければと言われる将介。一方、滝川は毎毎新聞の記者で将介の封じ手を預かっている立原真由美に、自分の勝ちと、将介の負けを宣言する(第2話)。 ●本巻の特徴/様々な障害を乗り越えようやく始まった将介と滝川の直接対局が描かれる。5年後の君を抹殺に来たという滝川に将介は始めての武者震いを経験する。将介は御神を継ぐのではなく、超えると宣言。一方、滝川の師匠・村木武雄は御神三吉の亡霊に負けるのを恐れ、自ら命を断つ(第11話)。 ●その他の登場キャラクター/丸亀(第1話)、刈田升三(第7話)、大原の亡霊(第11話) ●その他のデータ/巻末名人録・月下棋人の譜九「先崎学」(現在六段。破天荒な無頼派で人気の高い現役プロ棋士。林葉直子と同門)

この巻の収録話

  1. 089話
    第八十八手/紲(きずな)
    50pt
  2. 090話
    第八十九手/面白い将棋
    50pt
  3. 091話
    第九十手/くすぶり
    50pt
  4. 092話
    第九十一手/決戦前夜
    50pt
  5. 093話
    第九十二手/9四歩
    50pt
  6. 094話
    第九十三手/名人降臨
    50pt
  7. 095話
    第九十四手/立会人
    50pt
  8. 096話
    第九十五手/嘘手(うそて)
    50pt
  9. 097話
    第九十六手/剥(はが)された仮面
    50pt
  10. 098話
    第九十七手/涙
    50pt
  11. 099話
    第九十八手/因縁
    50pt

独自の仕組みで巻にまとめているため、該当する話が単行本と一致しない場合があります。 単行本化されていなくても、巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

>