第二百六十四手/あがき

あらすじ

▼第264話/あがき▼第265話/甘言▼第266話/彼方▼第267話/電話▼第268話/宣言▼第269話/朝▼第270話/まやかし▼第271話/七日▼第272話/食卓▼第273話/公園▼第274話/不動 ●登場人物/氷室将介(プロ棋士・8段。伝説の棋士・御神三吉の孫)、滝川幸次(プロ棋士・実力名人制第5代名人。氷室のライバル) 、坂口吾平(プロ棋士・8段。実力を充分に持ったベテラン棋士)、土井学(プロ棋士・4段。今期、名人位をねらう野心家)、刈田升三(プロ棋士・9段。将棋界の重鎮)、首藤崇(プロ棋士・8段。自らを2番の男と位置づける)、佐伯宗光(プロ棋士・8段。かつて氷室に敗れた天才少年棋士) ●あらすじ/第57期A級リーグ戦・第7戦、将介は村森の死や幸田の豹変などから受けたショックを癒せないまま対局に臨む。対戦相手は、曲者・坂口吾平。本調子には程遠い将介を、坂口は容赦なく攻め立てる。そして、ついに……(第1話)。▼その他のデータ/月下棋人の譜では、現在の将棋界で最強と言われる棋士・丸山忠久について取り上げている。

独自の仕組みで巻と一致させているため、該当する巻が異なる場合があります。 単行本化されていなくても巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

>

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading