inning61. ヒント

あらすじ

▼第1話/ヒント▼第2話/コントロール▼第3話/反撃ムード▼第4話/オレたちだって!!▼第5話/マイナス思考▼第6話/激突!!▼第7話/戦いすんで▼第8話/心の炎、燃えて!!▼第9話/甲子園の仕打ち▼第10話/もう一度…!!▼第11話/選手の野球▼第12話/狙い球をしぼれ!! ●登場人物/喜多条(朝霧学園高校の鬼監督。かつての甲子園優勝投手)、江崎(朝霧高のエース。寡黙だが熱い闘志を内に秘めている)、加納(朝霧高のキャプテン) ●あらすじ/2回戦、強打を誇る聖学館と対戦した朝霧高だが、喜多条は江崎に全力投球禁止を言い渡していた。試合は乱打戦になり、江崎の球威では押さえられないと感じた喜多条はバッテリーにひとつのヒントを与える(第1話)。▼喜多条のヒントから何かを掴みかけた江崎だが、コントロールが定まらないまま満塁のピンチを迎えてしまう。ナインは打たせて取ろうと提案するが、江崎は自分で抑えると言い切る(第2話)。 ●本巻の特徴/朝霧高野球部が結束を強めるにつれ、喜多条が徐々に過去の呪縛から開放されていく様子が窺える(第10話)。 ●その他の登場キャラクター/境工監督・菅原(第9話)

独自の仕組みで巻と一致させているため、該当する巻が異なる場合があります。 単行本化されていなくても巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

最近チェックした作品

>

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading