[小説]冥府の王は恋を謳う

あらすじ

20年前のクーデターによって王政から軍事力に依る独裁政権となった欧州の小国、ブルーメンタール共和国。その軍司令官ユリウス・アドラーの来日にあたり、通訳専門の派遣社員・四ノ宮歌恋は破格の待遇で雇用される。同じく雇用されたフリー通訳者の桐島千咲と比べて実力も経歴も見劣りする自分が何故雇われたのかが解らないと悩む歌恋。だが、歌恋の与り知らないところでブルーメンタール共和国を揺るがすほどの、大きな陰謀が動き始めていた。

巻数一覧/本編購入

  1. 冥府の王は恋を謳う1 王の眼を持つ者
    冥府の王は恋を謳う1 王の眼を持つ者
    桧崎マオ / 松島りょお
    必要ポイント:300pt

    20年前のクーデターによって王政から軍事力に依る独裁政権となった欧州の小国、ブルーメンタール共和国。その軍司令官ユリウス・アドラーの来日にあたり、通訳専門の派遣社員・四ノ宮歌恋は破格の待遇で雇用される。同じく雇用されたフリー通訳者の桐島千咲と比べて実力も経歴も見劣りする自分が何故雇われたのかが解らないと悩む歌恋。だが、歌恋の与り知らないところでブルーメンタール共和国を揺るがすほどの、大きな陰謀が動き始めていた。

  2. 冥府の王は恋を謳う2 王女の庭園
    冥府の王は恋を謳う2 王女の庭園
    桧崎マオ / 松島りょお
    必要ポイント:300pt

    20年前のクーデターによって王政から軍事力に依る独裁政権となった欧州の小国、ブルーメンタール共和国。来日したユリウスに雇われた歌恋の初仕事は務省官僚との食事会。その席で出会った南雲という男は歌恋にユリウス・アドラーに気を付けるようにと謎めいた警告を残していく。「彼はブルーメンタール国王を始め、多くの反対者を粛正してきた恐ろしい男だからね」シリーズ第二巻!

  3. 冥府の王は恋を謳う3 狂気への序曲
    冥府の王は恋を謳う3 狂気への序曲
    桧崎マオ / 松島りょお
    必要ポイント:300pt

    仕事の失敗の連続で落ち込む歌恋は、同じ通訳者として雇われた桐島千咲の完璧な佇まいと自分をくらべて落ち込んでいた。そんな中で次第に知っていくユリウス・アドラーの、冷酷な独裁者としての顔と彼個人としての顔───その落差に歌恋は混乱する。何気ない形で少しずつ、だが確実に、四ノ宮歌恋の周囲は変容しつつあった。本人は与り知らぬままに。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

この小説へのレビューはまだありません。

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading