[小説]城主と蜘蛛娘の戦国ダンジョン

  1. めちゃコミック
  2. ライトノベル(ラノベ)
  3. レジェンドノベルス
  4. [小説]城主と蜘蛛娘の戦国ダンジョン

あらすじ

【電子書籍には特典として書き下ろしSSを収録】 光と闇の最終戦争のさなか。自律型根拠地設営精霊「識別番号丙三〇五六号」は、「下防御陣地を構築し、敵軍の攻撃を可能な限り阻止せよ。敵の本格的な攻撃開始予想時期は約三万五千時間後。三万時間以内に陣地を概成せよ」という命令を受ける。 そこは、人間、エルフ、ドワーフの三族神聖連合に加盟するエルメア王国の辺境の地で、草木の影すら見えない荒廃の地だった。三〇五六号は、敵の大攻勢が迫るこの地に、わずかな時間で迷宮を作り、魔物を召喚して要撃の準備を整えなくてはならない。召喚した魔物の中から、アラクネのテラーニャを片腕とし、三〇五六号の迎撃作戦が始まろうとしていた。 戦場を進む剣槍の列、天を覆う矢の雨、飛び散る血しぶき、そして揺れる乳。このあまりにも絶望的な状況を、三〇五六号は切り抜けることが出来るのか!?

巻数一覧/本編購入

  1. 城主と蜘蛛娘の戦国ダンジョン 1 【電子特典付き】
    城主と蜘蛛娘の戦国ダンジョン 1 【電子特典付き】
    朽木外記 / こちも
    必要ポイント:1150pt

    【電子書籍には特典として書き下ろしSSを収録】 光と闇の最終戦争のさなか。自律型根拠地設営精霊「識別番号丙三〇五六号」は、「下防御陣地を構築し、敵軍の攻撃を可能な限り阻止せよ。敵の本格的な攻撃開始予想時期は約三万五千時間後。三万時間以内に陣地を概成せよ」という命令を受ける。 そこは、人間、エルフ、ドワーフの三族神聖連合に加盟するエルメア王国の辺境の地で、草木の影すら見えない荒廃の地だった。三〇五六号は、敵の大攻勢が迫るこの地に、わずかな時間で迷宮を作り、魔物を召喚して要撃の準備を整えなくてはならない。召喚した魔物の中から、アラクネのテラーニャを片腕とし、三〇五六号の迎撃作戦が始まろうとしていた。 戦場を進む剣槍の列、天を覆う矢の雨、飛び散る血しぶき、そして揺れる乳。このあまりにも絶望的な状況を、三〇五六号は切り抜けることが出来るのか!?

  2. 城主と蜘蛛娘の戦国ダンジョン 2 【電子特典付き】
    城主と蜘蛛娘の戦国ダンジョン 2 【電子特典付き】
    朽木外記 / こちも
    必要ポイント:1150pt

    「下防御陣地を構築し、敵軍の攻撃を可能な限り阻止せよ」という命令を受け、エルメア王国の辺境の地で勝機の見えない防衛戦に挑むことになった自律型根拠地設営精霊「識別番号丙三〇五六号」。召喚した魔物の中から、アラクネのテラーニャを片腕とし、陣地を構築し、死地に赴くがごとく戦い続けた結果、辛くも拠点を守り抜くことが出来た。 勝利の余韻に浸るのもつかの間、三〇五六号は新たな襲撃に備え、拠点の再構築と防御を図るため軍備を拡大していく中、敵方に放った物見から、拠点を襲撃したのはイドの街の代官マクレイドの軍勢だったとの報告が届く。しかも報告によると、マクレイドは、イドの街に駐留する宰相ナステルの腹心であるパトラ伯の軍勢を出し抜いて己が出世したいがために独断で拠点を襲ったというのだという。敵方が一枚岩ではないことを察した三〇五六号は、パトラ伯の軍勢が「本命」と目しているイビラス公との同盟を決意。わずかな供だけを伴ってイビラス公と会談するため、冒険の旅に出るが……。 ◆電子書籍には特典として書き下ろしSSを収録。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

この小説へのレビューはまだありません。

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading