べな【電子コミック限定特典付き】

  1. めちゃコミック
  2. BL漫画(ボーイズラブ)
  3. comic marginal
  4. べな【電子コミック限定特典付き】

あらすじ

この幸福も、肉欲も。すべて、あなたと出会ったから――。【ひとりぼっちの鬼×自分を捨てた青年】圧倒的才能が江戸に華ひらく、令和イチオシ新人のデビューコミック!! 描き下ろしも収録!! ――お前も、捨てられたのか? 時は江戸。見世物小屋で働く「壱」はバケモノとして捕らえられた少年「べな」と出会い、親元に返そうと二人で脱走する。長屋で身を寄せ合い、ちいさな幸福を一つ一つ手繰り寄せる2人。しかし、べなは人ではなく「鬼の子」で…。大型新人が鮮やかな筆致で描き出す孤独な二人の浮世草子。きっとあなたも、彼らの幸せを願ってやまない。

  1. まとめ買い

    最大100話を同時購入できます(詳細)

  2. 001話
    其の壱 1
    39pt
  3. 002話
    其の壱 2
    39pt
  4. 003話
    其の壱 3
    39pt
  5. 004話
    其の壱 4
    39pt
  6. 005話
    其の弐 1
    39pt
  7. 006話
    其の弐 2
    39pt
  8. 007話
    其の参 1
    39pt
  9. 008話
    其の参 2
    39pt
  10. 009話
    其の肆 1
    39pt
  11. 010話
    其の肆 2
    39pt
/36話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    いらないものに、名前つけないでしょ。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    「だっていらないものに、名前つけないでしょ。
    壱にいいよって言われた気がした。生まれてきても、よかったよって。壱が、壱がはじめてなんだよ。」
    「ーああ 俺も全部、お前がはじめてだよ。」


    レビューから期待値高めで読んだのに、それをさらに上回る読後感でした。

    江戸の風俗を描く画力、登場人物の魅力、ストーリーの引力と余韻。
    読む前は36話かぁー、長いなどうしよう、と読むのを躊躇してましたが、読み出すと止まらず。
    読み終えて、もっと壱とべなの世界に居たかった…と余韻に浸り。

    江戸の両国の見世物小屋で、双子の二三(フミ)を亡くしたばかりの壱(受け。表紙下)が、正体不明のバケモノ(べな。攻め。表紙上)の世話を任されたところから、ストーリーは始まり。
    以下、ネタばれ書き込みます。ご注意ください。


    バケモノの正体は、人の赤ん坊が己を殺そうとした母親に、悔しさ悲しさが凝り固まって、鬼形になり、鬼の村からも不浄で危険だと追われた、鬼でも人でもないもの。
    冒頭では、言葉も話せなかった。

    バケモノではないという意味で、壱が「べな」と名付けると、べなはすっかり壱に懐き、壱を連れて見世物小屋を逃げ出す。

    壱は幼い頃から病弱な二三を守るため、毎晩のように世話役のダンゾウたちに抱かれてきた。
    その秘密を二三に知られ喧嘩した晩、二三はダンゾウの跡を付けて戻る。まもなく二三は病で亡くなるが、同じく病の壱は看取ることが出来なかった。

    二三への罪の意識から、べなと一緒にいる罪悪感を抱く壱。拒否されたと思ったべなは、鬼形になり。
    しかし壱は、ダンゾウから思わぬ事実を聞き、べなと一緒に生きていく決意をする(18話まで)

    ひっそりと市井の片隅で暮らす壱とべなには、髪結いの定吉と手習所師匠のお奈緒夫婦という心強い味方があり。
    鬼形の暴力性に怯えるべなに、夫婦は壱と駿府までの遣いを頼む。
    べなが育った鬼の村へ、謝罪と感謝を伝えに行った2人は、江戸の戻るとダンゾウに会いに行き、世話になったと告げる。(32話まで)

    33~36話はダンゾウの話。切ないです。

    べなが壱に懐き慕い、愛する様子は、健気でいじらしく。
    壱の献身的な愛情深さは、とても優しく。
    心に深い傷のある2人は、一緒にいて生きていくことで、その傷を癒して前に向かって笑えるようになりました。
    人と鬼形の、愛情と魂の再生のお話でした。

  2. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    本当拝みたくなる...!

    耽美な画風で、妖類の存在する設定も相まって非常に艶かしく色気のある作品で、一気に引き込まれてしまいました。美しく優しい主人公・壱と純真で可愛い化け物・べなの心の触れ合いが本当に可愛らしくて読んでいて幸せになりました...尊いとはこのこと...2人とも愛おしすぎる...!
    ひたすらに2人の幸せを願いたいと思える作品でした。最高。

  3. 評価:4.000 4.0

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    もう少し知りたい!

    ネタバレありのレビューです。表示する

    仄暗い記憶を持った2人が、それでも寄り添い、助けられて、添い遂げる話…なのだが、話も、エッチも、もう少し掘り下げてほしい!魅力的なシナリオに、個性的な世界観、絵も素敵だからこそ、もう一歩深いところを見たかったです。
    とはいえ登場人物の個性が際立っていて、作品として完成度の高い作品かと。

  4. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    めちゃくちゃよかった

    絵も個性的なのに見やすくて、話もエ!という意外な点もあり面白く、まず受け攻めがこの場合反対な事が多いと思うのですがそう来たか〜〜という感じでエロも少なめですがエモエロくて良すぎて「読んでよかった……」としか言いようがないです 良いBLは心を救いますね

  5. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    読み終わってしばらく現実世界に戻れなくなるくらい、作品世界に没頭しました。素晴らしい点がたくさんありすぎますが、強いて一つ選ぶなら主人公べなの純粋さかな。本当に胸打たれました、、この作者さんのいろいろな話を読んでみたいと思う反面、幸せなべなをもっと見たいと切実に思います、、

すべてのレビューを見る(12件)

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading