[小説]鈴の舞姫 ~傲慢皇太子の寵愛に溺れて~

  1. めちゃコミック
  2. TL小説
  3. LUNA文庫
  4. [小説]鈴の舞姫 ~傲慢皇太子の寵愛に溺れて~
鈴の舞姫 ~傲慢皇太子の寵愛に溺れて~
  • タップ
  • スクロール

あらすじ

「陛下の舞姫」と王宮での誉れも高い鈴蓮(りんれん)。 しかし鈴蓮の本当の狙いは、 皇子の策略で無残に処刑された兄の敵を討つこと。 そのためにここまで登り詰めたのだった。 やがてその皇子・旺芳(おうほう)にも舞を捧げることに。 後日、再び舞を所望された鈴蓮は旺芳に刃を向けるも、あえなく失敗。 しかし、皇太子暗殺未遂で処刑が決まった鈴蓮の命を救ったのは、ほかでもない旺芳だった。 なぜ、わたしを助けるのかという鈴蓮の問いに、旺芳は答える。 おまえを、死ぬよりも辛い目に遭わせてやる――。 やがて鈴蓮は旺芳の手に堕ちてゆくが、隣国との戦争がはじまり……。

巻数一覧/本編購入

  1. 鈴の舞姫 ~傲慢皇太子の寵愛に溺れて~

    鈴の舞姫 ~傲慢皇太子の寵愛に溺れて~

    咲 / 月森あいら

    必要ポイント:500pt

    「陛下の舞姫」と王宮での誉れも高い鈴蓮(りんれん)。 しかし鈴蓮の本当の狙いは、 皇子の策略で無残に処刑された兄の敵を討つこと。 そのためにここまで登り詰めたのだった。 やがてその皇子・旺芳(おうほう)にも舞を捧げることに。 後日、再び舞を所望された鈴蓮は旺芳に刃を向けるも、あえなく失敗。 しかし、皇太子暗殺未遂で処刑が決まった鈴蓮の命を救ったのは、ほかでもない旺芳だった。 なぜ、わたしを助けるのかという鈴蓮の問いに、旺芳は答える。 おまえを、死ぬよりも辛い目に遭わせてやる――。 やがて鈴蓮は旺芳の手に堕ちてゆくが、隣国との戦争がはじまり……。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

ユーザーレビュー

この小説へのレビューはまだありません。

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

>

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

他にもこちらがおすすめです

    Loading