[小説]未亡人の秘密体験 - 館淳一 | 官能小説

[小説]未亡人の秘密体験

ミボウジンノヒミツタイケン

  1. めちゃコミック
  2. 官能小説
  3. 特選小説
  4. [小説]未亡人の秘密体験

あらすじ

作家の宮村桃介は、学生時代の同期の依頼を受けて、図書館の市民講座で文章教室の講師を務めている。中年ばかりの参加者の中に、一際目を惹く美熟女・三谷雅枝がいた。39歳とは思えぬ若々しさで、肉付きの良いグラマラスなプロポーションの彼女は、完全に桃介の好み。そんな彼女はコーヒーショップを経営していて、桃介は雅枝を目当てに足繁く通うようになっていた。ある日、普段はまったく文章を提出してこない雅枝から、「私の書いた文章を読んでアドバイスしていただけないか」と頼まれる。その文章は、スポーツ新聞で募集されている性体験の告白手記の賞に合わせて書かれたものだった。そこで桃介は彼女が女子高生時代に激しい痴漢を受けていたことを知る。雅枝は毎日電車内でオルガスムスを味わっていて……。

巻数一覧/本編購入

  1. 未亡人の秘密体験

    未亡人の秘密体験

    館淳一

    必要ポイント:100pt

    作家の宮村桃介は、学生時代の同期の依頼を受けて、図書館の市民講座で文章教室の講師を務めている。中年ばかりの参加者の中に、一際目を惹く美熟女・三谷雅枝がいた。39歳とは思えぬ若々しさで、肉付きの良いグラマラスなプロポーションの彼女は、完全に桃介の好み。そんな彼女はコーヒーショップを経営していて、桃介は雅枝を目当てに足繁く通うようになっていた。ある日、普段はまったく文章を提出してこない雅枝から、「私の書いた文章を読んでアドバイスしていただけないか」と頼まれる。その文章は、スポーツ新聞で募集されている性体験の告白手記の賞に合わせて書かれたものだった。そこで桃介は彼女が女子高生時代に激しい痴漢を受けていたことを知る。雅枝は毎日電車内でオルガスムスを味わっていて……。

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    引き込まれました

    文章がとても上手で、だからスムーズに頭の中に映像が浮かんで、一気に読めました。
    混んだ電車に乗る生活をするグラマー体型の女性ならば、彼女と同じようだったと思います。
    当時私も太めを気にしていたけど、満員電車の男性たちは、私の身体を弄ったり揉んだりしながら励まして、自信をつけてくれていたと思い出してしまいました。。

    私はMではないのでひっぱたかれるのは嫌だけど、引き込まれました。

  2. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    秘密の

    秘密の告白が予想もしない淫らな告白、、その告白にドキドキします。
    電車でいやらしいことをされたいという願望が強いので、羨ましくなりました。

すべてのレビューを見る(2件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading