[小説]隣の奥さん―はじめての夜這い―

  1. めちゃコミック
  2. 官能小説
  3. 特選小説
  4. [小説]隣の奥さん―はじめての夜這い―
隣の奥さん―はじめての夜這い―
  • タップ
  • スクロール

あらすじ

「あんなに見るから、すごく恥ずかしかったわ」。高校3年生の遠藤裕也は、母親が外出したのをいいことに、遅刻を気にせず部屋で惰眠をむさぼっていた。何とか起き上がり、部屋の窓を開けたところで、隣の家に引っ越してきたばかりの主婦・佐々木綾乃がひとりでオナニーしていることに気づく。以前から彼女の優しさの裏側に色気を感じていた裕也は、自分の指をワンピースの中に入れて悶えるその姿から目を離せない。想像を超す痴態を見て興奮してしまい、自分も同時にオナニーを始める。まるでこちらの視線に気付いているかのように、オ○ンコを見せつけて絶叫する綾乃。何度も視線が合ったように感じた裕也だったが、あくまでも気のせいで最後までバレなかったとホッとしていた。しかし数日後。無邪気な高校生を装う裕也の耳元で綾乃は挑発的なささやきを繰り返してきた。誘われた裕也は見ているだけでは我慢できず、隣家に忍び込んで……。

巻数一覧/本編購入

  1. 隣の奥さん―はじめての夜這い―
    隣の奥さん―はじめての夜這い―
    常盤準
    必要ポイント:100pt

    「あんなに見るから、すごく恥ずかしかったわ」。高校3年生の遠藤裕也は、母親が外出したのをいいことに、遅刻を気にせず部屋で惰眠をむさぼっていた。何とか起き上がり、部屋の窓を開けたところで、隣の家に引っ越してきたばかりの主婦・佐々木綾乃がひとりでオナニーしていることに気づく。以前から彼女の優しさの裏側に色気を感じていた裕也は、自分の指をワンピースの中に入れて悶えるその姿から目を離せない。想像を超す痴態を見て興奮してしまい、自分も同時にオナニーを始める。まるでこちらの視線に気付いているかのように、オ○ンコを見せつけて絶叫する綾乃。何度も視線が合ったように感じた裕也だったが、あくまでも気のせいで最後までバレなかったとホッとしていた。しかし数日後。無邪気な高校生を装う裕也の耳元で綾乃は挑発的なささやきを繰り返してきた。誘われた裕也は見ているだけでは我慢できず、隣家に忍び込んで……。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    年上の女性って何故か魅力的ですよね、若くてキレイだとそんな女性の大胆な行動に翻弄されてしまうんでしょうかね、でも女性も年下の男性に魅力を感じて大胆になりますよね!

    • 0
  2. 評価:3.000 3.0

    ネタバレ レビューを表示する

    高校生の男の子が夜お隣へ行く…家族は気づかないのかな?なんて思ってしまいましたが、描写はとても生々しく読んでいて楽しかったです

    by 匿名希望
    • 0
  3. 評価:1.000 1.0

    タイトルだけでドキドキしましたが、あらすじを読んでみて、もっとドキドキになりました。続きを楽しみに読み進めていきたいと思います!

    by 匿名希望
    • 0
  4. 評価:3.000 3.0

    年下の男性に興味が湧く年齢にさしかかったからか、すんなり読み終えました。
    まぁドキドキしましたね、笑。

    by 匿名希望
    • 0

すべてのレビューを見る(4件)

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

オリジナル・独占先行

    Loading