幽麗塔 - 乃木坂太郎 | 青年漫画・コミック

顧客満足度No,1

めちゃコミック

漫画:幽麗塔の詳細

幽麗塔

幽麗塔

ユウレイトウ

作者
乃木坂太郎
ジャンル
青年コミック
タグ
ダーク ミステリー 職業 ホラー

幽麗塔のあらすじ

時は昭和29年、舞台は神戸。ニートの天野は、幽霊塔と呼ばれる時計塔で、白い何者かに襲われ死の寸前、謎の美青年・テツオに救われる。テツオは曰く「幽霊塔の財宝探しを手伝えば、金も名誉も手に入る」。しかしテツオの正体は、男を装う女であり、その名も偽名であった・・・・・・・・

幽麗塔 のスタッフレビュー

おーじ

男装の麗人をめぐるホラー・ミステリー! 連続殺人事件に隠された真相とは?

財宝が眠っているのは、呪いの事件現場!?

舞台は昭和の神戸。金にも名誉にも女にも恵まれないプータロー青年・天野太一は、カストリ雑誌(当時のエログロ本)などを読むことしか楽しみのない毎日を送っていました。そんなある日、ひょんなことから謎の美青年・テツオと知り合い、「幽霊塔」と呼ばれる時計台に案内されます。そこは、時計の針に磔にされて老婆が殺された事件現場であり、彼女の霊が出ると噂のいわくつきの建物。「幽霊塔」に財宝が隠されているとテツオに教えられた天野は、彼の宝探しに付き合うことになりますが、老婆の霊に扮した何者かが2人に迫り…!?

医療漫画『医龍』(永井明・乃木坂太郎/小学館)の作者・乃木坂太郎先生だから描ける、ジェンダー問題や生命倫理といった人間ドラマを盛り込んだ濃密なサスペンスが展開されます。

謎、トラップ、敵…ピンチの連続に息つく間もない!

時計の針に体を括り付けられ、時間が刻まれるたびに下半身をねじられてしまうという、エグさ満点の方法で殺されそうになったり、天井が下がってくる部屋に閉じ込められたり…。手に汗握る展開の連続です。先の読めないストーリーに、イッキ読み間違いなし!

幽霊に扮する残虐な殺人鬼「死番虫」の正体は? 男装の麗人・テツオの秘密、そして彼女が天野を幽霊塔に導いた理由とは? 気になる結末は、是非本編でご確認を。

2017/01/17 13:00

幽麗塔のレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    面白かった!!

    ネタバレありのレビューです。表示する

  2. 評価:5.000 5.0

    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    とても良かった

    乃木坂太郎先生の綺麗な絵
    そして時間を忘れるくらいに作品に引き込まれていくくらい読み込んでしまうストーリー
    終わり方もスッキリ綺麗な終わり方で後味も良かったです
    とても良い作品で1話から最終話まで楽しませてもらえました

  3. 評価:5.000 5.0

    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    購入して損なし!

    手元に置いておきたくて本も購入してしまいました。
    とても面白い作品です。

  4. 評価:5.000 5.0

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    息つく間もない展開

    別のサイトで試し読みしてあまりに面白くて時々一気に読んでます。

    戦後の神戸を舞台にミステリー、サスペンス、猟奇的、ロマンティックでエロチック、予測不可能なストーリーが展開されていきます。登場人物が多いので、訳わからなくなることもありますが、死んでいく人も結構いるからなんとかついていけるか(^_^; テツオと天野、沙都子の三角関係も気になる。

    絵もとても細かく綺麗で一級のストーリーテラーさんだなと作者さん、マジリスペクト!

  5. 評価:5.000 5.0

    11人の方が「参考になった」と投票しています。

    好きな作品

    まだめちゃコミに入荷してないとき、他のところで読みました!
    絵も丁寧、綺麗でストーリーも気になってサクサク読めます!
    サスペンスホラー?なのかな?読んでるとドキドキハラハラします!
    現実にありそうな風に仕立てある感じがまた良いです!

すべてのレビューを見る(5件)

幽麗塔のあらすじ

1話~21話
時は昭和29年、舞台は神戸。ニートの天野は、幽霊塔と呼ばれる時計塔で、白い何者かに襲われ死の寸前、謎の美青年・テツオに救われる。テツオは曰く「幽霊塔の財宝探しを手伝えば、金も名誉も手に入る」。しかしテツオの正体は、男を装う女であり、その名も偽名であった・・・・・・・・
22話~40話
顔の見えない殺人鬼「死番虫」との対決を決意した、天野。「死番虫」の正体かもしれない、死んだはずの麗子。天野は麗子の写真を手に入れるため、テツオと共に瀬戸内のとある島へと向かう。しかし、一見平和なその島で天野達が見たものは、古来受け継がれる秘密の因習。今も繰り返される悲劇の掟……その真相に触れてしまった天野達に、島民は、本性をむき出しにする・・・・・
41話~67話
死んだはずの麗子が現れた。自らの義母を磔(はりつけ)にして殺した、麗子。事件後、神戸港で遺体として見つかった、麗子。その麗子が、何故……その存在は、何…そして、誰…麗子、「死番虫」、そして麗子の元婚約者・本城志郎。この3者の関係が見えてくるほどに、そして幽霊塔の謎が明かされるほどに、「死番虫」の殺意は膨張し、天野らに向けられる。
68話~87話
炎に包まれた幽霊塔の地下迷宮は殺人鬼「死番虫」を下敷きにして崩れ去った。しかし、その遺体が見つからない。迷宮で「死番虫」が犯した無差別殺人の罪は、幽霊塔から姿を消した天野とテツオに着せられる。当局に手配された二人は、天野が女装し、夫婦を装い身を隠す。女が男に・・・男が女に・・・へんてこな偽装夫婦。そんな二人が潜伏先の宿で出会った、一冊の小説。それは、幽霊塔の謎につながる驚愕の内容だった。
88話~105話
幽霊塔の秘密を知る小説家・不変木は、沙都子の実の母だった。丸部に性的虐待を受けてきた沙都子は、丸部家を出て、実母と暮らす道を選択する。実母は、共産主義を信奉する活動家で、同胞を日本から北朝鮮に移住させる計画を進めていた。何もかもが違う生活に戸惑う沙都子…冷めたごはん、ぬるくなった味噌汁、暗い家。そして……そこにもまた「死番虫」が現れる。天野、テツオ、活動家グループ、「死番虫」、バトルロイヤルの幕が切って落とされる!!

幽麗塔をスマートフォン/ケータイで無料試し読み

めちゃコミックはスマートフォン/ケータイ専用の漫画・電子書籍ストアです。以下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。

  • スマートフォンで読む

    Android/iPhone
  • ケータイで読む

    docomo/au/Softbank