ウィスキーチョコレートさんのレビュー一覧

ウィスキーチョコレートさん

レビュアーランキング  2307

  1. 評価:5.0 33件
  2. 評価:4.0 30件
  3. 評価:3.0 10件
  4. 評価:2.0 1件
  5. 評価:1.0 0件
レビュー投稿数:74件
ネタバレあり:71件
ネタバレ無し:3件
参考になった数:49
参考になった割合:88%
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全74件
内容で選ぶ
評価で選ぶ
読み込み中
エラーが発生しました。
再読み込みしてください。

※このページはネタバレ非表示のページです ネタバレありのレビューを見る

  1. 最強のハミ子 へのレビュー

    評価:5.000 5.0
    最強戦士の謎が気になって

    ネタバレありのレビューです。表示する

    天空は悪の暴力に対を徹底的に叩きのめす最強の戦士。その彼は実は少し前までは、暴力にやられまくっていた。

    天空の唯一の友、以前に川の激流に流さる女の子を助けようと飛び込み、逆に溺れて助けてくれた美人女子。その女の子が天空に対する暴力のいじめを助けようとして、逆にやり返されてしまう。

    絶望した天空が悪の暴力に対抗するために最強の戦士になるまでの謎が描かれていく。

    最初、現代社会の闇の中、痛み傷つく天空が描かれます。悪の暴力は汚いけれど、そんの彼らをぶっ潰そうとする最強のハミコ、天空を応援せずにはいられない。はまりました。

  2. ノット ロンググッドバイ へのレビュー

    評価:4.000 4.0
    切ないほどつのる恋

    ネタバレありのレビューです。表示する

    幼い頃、母親を待ちぼうけてたった一人で悲しみに耐え、そして捨てられてしまった至(いたる)。父親と旅したことがきっかけで、山や海や海外や、自分の力で自由に出かけていくことを自分の中心に置いてしまった。

    北斗は、高校生のときに至と一緒にどこへでもついて出掛けていった。そして北斗からすきになり、ふたりは恋人、そして同居するなかになる。ただし、至から言われた20歳まで付き合うという約束があり。

    何度も泣きました。二人は想いあって、愛し合ってるのに、ちゃんと約束通りに別れようとして。だけど苦しくて切なさい気持ちが二人の愛を育てていって。きっとこれからも遠距離とか辛いけど、心が繋がっている。この二人には、両想いでずって幸せでいて欲しい。そう願いました。

  3. じわじわ恐ろしさがくる

    ネタバレありのレビューです。表示する

    お前なんて誰も助けない、生きてる価値がない、そう言われて苛めを受け続けた日々。大人になって、先生になって、自分が受けてきた同じ苛めを苛めを仕切ってきた鈴木の娘が経験したらどうなるだろう。苛めをうけるやつにも原因があるんだよと周囲から洗脳され続けたら。

    先生の考えているのは、娘を苛めの対象にして、苛めた張本人を絶望させることなのか。苛めた方は、苛められる辛さはけして分からない。苛めた方は忘れて、苛められた方は忘れられない深い傷を負うというのに。

    先生の復習が怖くて仕方ない。それが怖いほど、先生の受けた苛めの凶悪さ、恐ろしさを感じてしまう。怖いのに読んでしまう。人間の醜さから起こったことの結末はどうなるのだろうか。

    4人の方が「参考になった」と投票しています

  4. 青のオーケストラ へのレビュー

    評価:5.000 5.0
    話が進むほどドラマチック

    ネタバレありのレビューです。表示する

    天才バイオリニストに教育された青野くん。中学校1年生まではコンクール1位入賞が続く華々しいバイオリンのソロ演奏家だったけれど、父親の不倫と離婚をきっかけに、自分と母親を苦しめる父親を思い出すせいで、バイオリンを一切やめてしまう。無気力な彼に希望を持たせたのが、担任の武田先生とバイオリンを始めたばかりのりつだった。

    はじめの方は、いったいいつ青野くんはバイオリンをまたやり始めるのか、やきもきする展開がつづきます。でも海幕高校のオーケストラ部に興味をもって高校に入学してからは、オーケストラ部でエピソードや、ライバルの登場、父親と母親とのドラマなど、見せ所盛り沢山になります。

    青野くんやオーケストラ部の仲間たちと一緒に、夢に向けて熱くなったり、感動したり、切なくなったり。オーケストラの音楽を漫画ならではの視覚と物語りから聴かせてくる、傑作です。全部読みます。

  5. 光と影 へのレビュー

    評価:5.000 5.0
    壮大なドラマ

    ネタバレありのレビューです。表示する

    エドナとイーライの美貌のカップルが強くて、優しくて、とても素敵。

    愚王デュケインの息子イーサン王子として育てられた女性エドナと、民衆を率いて謀反を起こしたケイドンの最高騎士イーライ。エドナは正体を隠して生き延びるためにウィリアム子爵の私生児としてイーライ公爵と結婚することに。

    イーライはエドナを不信に思って正体を暴こうとするが、正義感が強くて教養があり、公爵婦人として民衆の力になるように振る舞う立派な様子を見ているうちに、いつの間にか牽かれ、自らも民衆のために動くようになる。エドナはイーライが仇敵と知りながら、イーライに恋してしまい、イーライもエドナを愛するようになって。

    お互いに秘密が多くて、相思相愛なのにハラハラします。そして天災や戦後まだまだ続く勢力争いの中で、お互いを信じて助け合う究極の愛に心を討たれます。エドナは強くて賢くて美しい女性なのに、時々倒れてイーライを心配させ、イーライは乱暴者だと思われているのに、本当は正義感があって優しくて、エドナを誰よりも大事にしていて。イーライのカッコよさ、可愛さは私のつぼ。角第一部まで読んで大満足しました。

  6. 先生、あなたに近づきたい へのレビュー

    評価:4.000 4.0
    年下のわんこ系の彼が迫りまくります

    ネタバレありのレビューです。表示する

    主人公の男性は、教師の癖にドジなところがあって、どこかほおっておけない、でも優しくて授業は分かりやすくて生徒たちからも人気な棗先生に牽かれていく。卒業したら、先生と一緒に働きたいから教師になるとか、可愛い生徒という立場で実は先生に告白している。

    やっと教師になれて、棗先生は喜んでくれたけど、あくまでも教え子の成長を喜ぶ教師で、大人と子供の距離が縮まらないことにじれてしまって。自分の新人歓迎会ではしゃいで飲み過ぎてつぶれてしまった先生を自宅にお持ち帰りして。そして片想いの切なさで、寝ている先生を襲ってしまい。

    これ犯罪だよと思ったけど、先生も主人公の事が好きだったから、一切もめることなく、ただただ幸せになっていったので、良かったけど。それにしても、学校でも他の生徒に隠れていろいろされてしまい、わんこ系の年下彼がやりすぎでかわいそう。大して怒らないところが、焦れったいというか、私の好みとは違ったけど。まあ、二人が幸せならと最後は馬鹿カップルぶりを堪能しました。

    1人の方が「参考になった」と投票しています

  7. ポルノ作家の愛玩情事 へのレビュー

    評価:4.000 4.0
    言葉で惚れさせてしまう小説家の色男

    ネタバレありのレビューです。表示する

    超絶売れっ子の小説家の先生に原稿を取りに行くことになった、編集者代行の主人公。主人公はゲイ。小説家の先生の大ファンで、代理で担当になれたことを喜んでいる。

    原稿につまった小説家先生に、創作のために迫られていろんなことをされたり、人間観察の相手にされたり、迫りながら自分の感情を観察していたりする先生に、どんどん翻弄されていく。

    先生は女性にもてすぎて問題になり、東京追放となったと噂の、物凄い色気を放っている伊達男。普段は地方の自宅で、和服を来て、今時紙の原稿用紙にペンでさらさら執筆していく、古風な色気を放っている。そしてエッチで迫るとき、小説のシーンに出てくるセリフを語って、主人公をめろめろにしてしまう。

    最初はゲイがめずらしくて、手を出してしまった先生が、だんだん恋人に変わっていくところは、カッコいくて可愛いい感じ。エロシーンは、過激で無理なシーンもあったけど、全体的には綺麗な方だったし、最後は幸せに終わったから満足です。

  8. 恋と弾丸 へのレビュー

    評価:2.000 2.0
    極道の彼が美人過ぎ

    ネタバレありのレビューです。表示する

    絵柄が美人で好みでした。

    極道の若様の彼が、主人公の女の子が薬を男女で使っているお店の中で抵抗しているところを見ていて、そのお店から救い出して、それをきっかけで愛し合うようになるお話。

    展開がかなり強引で、お互いに一目惚れなのかわからないけど、極道の若様という設定にも共感できなかったかな。

  9. スクエアパス へのレビュー

    評価:3.000 3.0
    ちょっと切ない

    ネタバレありのレビューです。表示する

    響希は中学生の時に同じ高校の女の子の菜津に告白して、友達だと思っているとふられてしまっている。二人は中学生の時はバスケット部で活躍していた。高校は別々と思っていたら、偶然同じ高校に入学していて。

    一方、菜津は高校に入学してバスケ部に入ってすぐに、憧れのバスケ部の先輩に告白してふられてしまう。高校でバスケで足を引っ張るような存在になりそうになって、悔しい思いをしながら自主練習にはげみ。

    響希は、菜津にはっきりふられているのに、彼女が泣いていたり、困っていたりするとほおっておけない。恋愛の助けはしないけど、彼女が安心して笑っていられるように、ついつい手を差し出してしまう。

    響希くんに感情移入して読んでいます。これ切ないですね。菜津から心をもらえる日はくるのでしょうか。切ない感じの人たちしか出てこないから、ちょっとしんどいです。

    2人の方が「参考になった」と投票しています

  10. 可愛いだけじゃない式守さん へのレビュー

    評価:5.000 5.0
    彼女のカッコ良さは惚れる

    ネタバレありのレビューです。表示する

    可愛いけれど怪我をしたり、自分に自信がない和泉くん。彼の彼女は、美人な女の子だけど肝心なときには男よりも男前なカッコ良さを発揮する式守さん。式守さんみたいな美人さんに、和泉くんは男前な告白をされたり、守ってもらえたり。男女逆転の関係が、とっても新鮮で素敵な恋人になってる。綺麗な絵柄で、ストーリーは面白くてたのしいラブコメなので、おすすめです。

全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全74件