carbonrollerさんの投稿一覧

レビュアーランキング 5295位

レビュアーランキングとは

作品レビュー
投稿 94件 / いいね獲得 49件
話コメント
投稿 0件 / いいね獲得 0件
  • お役立ち順
  • 全ての内容
  • 全ての評価
並び順
ネタバレ
その他条件
評価
検索条件変更変更しないで閉じる

1 - 10件目/全94件

  1. 評価:5.000 5.0

    最後まで読み、ハッピーエンドに安堵

    ネタバレ レビューを表示する

    良作でした。緩急あり、キャラも魅力的。仕掛けも盛り沢山。個人的には野崎と美沙都さんの純愛(唯一の両思い)について、全編の中でも光ってたように感じます。飛行機のシーンは幸せそうすぎて泣けました。あと、野崎と坊っちゃんが実は異母兄弟でお互いが唯一の家族だった仕掛けも後半効いてきます。周陸と坊っちゃんは結局似た者同士だったけど、致命的に違ったのは大切にしたい人がいるかどうかかな?坊っちゃんには野崎がいた。周陸は家族も友達も誰もを簡単に捨てる。お金以外なにもない空っぽの周陸。育てられ方がおかしかったんだろうけど。最初好青年で出てきた周陸がどんどん気味悪い存在となり、最後坊っちゃん&野崎に負けたけどしぶとく立ち上がったものの、死んで臓器とられるぽい気の抜けたシーンはやや痛快。酷いことを痛みも感じずやってきたんだから当然の報いと思ってしまった。

    • 40
  2. 評価:5.000 5.0

    贖罪

    ネタバレ レビューを表示する

    それが死役所で働くということ。他人の人生史を読める等、働く中での色んな特権は自らの贖罪のチャンスを与えられてると感じた。色々深い物語。一つ一つのエピソードは色んなバリエーションがあって飽きない、好みのものもあれば胸くそ悪くなるものも。最大に気になるのは謎の失踪をした幸子さんの状況。いつの日か必ず市村さんに会わせてあげてほしい。そのために彼は総合案内を買ってでてるのだろうから。

    • 1
  3. 評価:5.000 5.0

    結婚をきっかけに変わった

    ネタバレ レビューを表示する

    冒頭のシーンが出てくるのは、37話位。そしてここがターニングポイントになってます。駆け引きの応酬を繰り返してたアラタと真珠は、籍を入れた後変化します。こんなことでもなければ一生結婚しなかったアラタと、刑を享受するつもりだった真珠。とても難しいけれど2人が幸せになれる結末だといいなぁと望んじゃうくらい、2人ともそれぞれに可哀想。

    • 0
  4. 評価:3.000 3.0

    色々と凄い

    ネタバレ レビューを表示する

    愛理が騙され、囚われ、でもヒロくんもかつては母親の被害者で、そしたら愛理も実は父親の被害者で、同じような苦しみを持つ二人は唯一の理解者になれる?というくだりまでは悪くなかった。でもそこからヒロくんの恐ろしい過去が暴かれ、愛理じゃなくてももう無理、となります。妊婦は特に許せません。先は気になるけどもうツラいのでいいかな、と、ヒロくんと愛理の立場が逆転したあたりで読みやめました。

    • 0
  5. 評価:4.000 4.0

    フリーレンと周囲の人々

    ネタバレ レビューを表示する

    最初は、勇者一行が魔王を倒した後どうなったか?という一風変わったテーマにひかれて読みはじめましたが、1000年以上生きてるフリーレンには魔王打倒の旅も一瞬の出来事であり、全てにおいて無頓着、無感動(に見える、多分本当は違う?)。そんな彼女を見つめる周囲の人々の動向が気になる物語です。

    • 2
  6. 評価:5.000 5.0

    新ジャンル

    田村先生初期の頃からのファンです。本作品は田村先生作品ならではの、人生観入った語りがふんだんに盛り込まれてます。整くんのつかめなさと、ミステリ部分も良い意味で期待を裏切られることが多く、暗さとコミカルさが絶妙なバランスの悲哀を産んでいて、これまでにないジャンルの作品に仕上がっているように感じます。

    • 0
  7. 評価:4.000 4.0

    マリーアントワネットが可哀想

    ネタバレ レビューを表示する

    主人公ギデオンと、公爵ジョルジュが実は入れ替わりだった物語。それによって得たもの、失ったものをフランス革命前の荒んだ時代を舞台にして描かれます。気の毒なルイ16世一家の中でもマリーアントワネットがキュートでハイテンション、民を思い家族を思うのに時代に呑み込まれていく様が本当に可哀想でした。

    • 0
  8. 評価:5.000 5.0

    元ネタ幽霊塔も買っちゃいました

    ネタバレ レビューを表示する

    面白かったです。死番虫の正体は騙されましたね。序盤から山科だと確信してたのに。宝を発見するくだりは太一の行動が本当にお見事でした。また物語随一の厄介な人物道九郎は、最後まで読むと全ての行動の謎が解けて可哀想な人だと思うように。乱歩や涙香の幽霊塔も楽しみです。

    • 0
  9. 評価:3.000 3.0

    後味は良くない

    ネタバレ レビューを表示する

    無邪気な正義って名前から、想像通り無神経な女性が主人公。親友を子供の頃から見下していて悪気無さそうに生活に踏み込んでくる。こういう関係、親友なのか?最後に娘が全てのネタばらしをして主人公を殺してハッピーエンド?ではあるけれど、現実にありそうな親友ごっこなだけにモヤモヤ。救いのないお話でした。

    • 1
  10. 評価:4.000 4.0

    顔のコンプレックス

    誰にでもコンプレックスはあるけど、顔は第一印象を大きく左右するし、フォローすべき母親もなく父は寡黙。可哀想な子供時代に涙が出ます。中学時代のいじめシーンは本当に胸がむかつきました。整形して美人になり、復讐を遂げても、その胸のうちが晴れることあるのか先が気になります。

    • 1
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全94件