ツツピィーさんのレビュー一覧

ツツピィーさん

レビュアーランキング  27

  1. 評価:5.0 53件
  2. 評価:4.0 109件
  3. 評価:3.0 142件
  4. 評価:2.0 30件
  5. 評価:1.0 18件
レビュー投稿数:352件
ネタバレあり:329件
ネタバレ無し:23件
参考になった数:866
参考になった割合:94%
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全352件
内容で選ぶ
評価で選ぶ
読み込み中
エラーが発生しました。
再読み込みしてください。

※このページはネタバレ非表示のページです ネタバレありのレビューを見る

  1. それでも愛を誓いますか? へのレビュー

    評価:5.000 5.0

    ネタバレありのレビューです。表示する

    それぞれのキャラの気持ちがリアル。

    たとえ頭では理解していることでも
    心がそれに追いつかなくて、
    割りきれないことだってある。
    そんなフクザツさを持つ人の心を、
    生々しく表現してるように思えた。

    共感できるキャラと、できないキャラがいる。

    サオリはあまり共感できない。
    人を思いやる余裕がないのかもしれないけど、
    状況はちがくても気持ちに余裕ないのは、
    純だって同じはず。

    それでも純は、一人でなんとか懸命にもがいてるし、
    自分でも理性を守ろうとしてる。

    何のためらいもなく、
    人の旦那である武頼をアテにして、
    すがり付こうとしてるサオリとのこの差は何だろう、と思う。

    サオリにかまう武頼も、その優しさをぜんぶ純に回してほしいくらい。
    サオリに少しでも費やすエネルギーがあるなら、それを純に費やしてほしい。

    武頼は根はいい人かもしれないけど、
    たまに何かズレてる気がする…。

    自分の生い立ちから、父親になるのが怖いっていうのは分からなくもない。
    でもそれなら、
    泣きごとになっても情けなくてもいいから、
    純にはカッコつけずにちゃんと胸の内を言ってほしい、と思った。
    いいじゃないか別に、怖いなら怖いと言っても!
    理屈っぽい話で返すより、マシだと思う。

    純にはどんな結末でも幸せになってもらいたい。
    でもできれば、
    個人的には一番、真山と上手くいって
    くっついてほしい!

    真山と純は、とても応援したくなるキャラ。

    とくに真山は不器用だけど、微笑ましい。
    一番好きなので、出番が少ないときはテンションが下がる。
    そして純といいかんじの雰囲気になると、こっちのテンションも上がる。

    今一番続きが気になる漫画なので、
    新しく更新されると
    とびついて読んでしまう。

    レビューをこんなに長くかいてしまうくらい面白い!

    327人の方が「参考になった」と投票しています

  2. ベルサイユのばら へのレビュー

    評価:5.000 5.0
    語ってしまうくらい 面白い!

    ネタバレありのレビューです。表示する

    内容が みっちりと濃くて、
    一言では 何て 言い表わしたらいいか 分からない位の面白さ。


    可憐な絵から 想像できない位、壮絶で 命がけの時代が舞台。


    歴史的な人物 マリーアントワネットなどが絡んで、ちょっぴり世界史の一部が 勉強になった。(事実とフィクションも 混ざってるけど)


    それぞれのキャラの心情が よく分かり、身分は違えど 、みんなが切ない思いを胸に抱えている。


    どうしようもない悪党は別として、王妃 アントワネットは どこか憎みきれないキャラクター 。それほど 魅力的に描かれてる!


    実際に読むまで、実はオスカルって 意外と面白い人だってことを知らなかった…。
    読む前は キリッとしたイメージしかなくて、ふつうに ギャグにも参加してて 親しみやすい部分に 好感度 さらにアップ!
    女性ながら 正義感に溢れて、 かっこいい。


    個人的には ロザリーLOVE!
    控えめだけど 芯が強くて、オスカルを健気に慕う姿がかわいい。


    悲しいシーンもあるけど、激動のストーリー展開は 目が離せない面白さ!!


    細かい部分まで 非常にていねいに作り込まれていて、根強い多くの人気があるのも 納得です!

    10人の方が「参考になった」と投票しています

  3. 思わず、「そーだそーだ!」と賛同

    ネタバレありのレビューです。表示する

    違法サイトと知らず
    海賊版をうっかり読んでしまった人たちにしてみれば
    それが一体どんな悪影響を及ぼすか知らなかっただけ。
    知ったときはたぶんショックだと思う。

    きっと自分が悪いことに加担したような
    気持ちになって、自分を責めてしまうはず。

    漫画家さんだけじゃなく、
    読み手のそんなピュアな気持ちまで踏みにじる海賊版、ゆるせん!
    と思いました。

    違法と知りながら
    漫画への悪影響まで全て知った上で
    読んでる輩も存在するとしたら、それも腹が立つ。

    各漫画家さんによる一人一人のページは短いです。
    でも短いなかに中身がギュッと詰まってる。
    みんな同じお題なんだけど、個性が出てて面白かった。

    冷静で分かりやすく海賊版を解説した説明と、
    熱い思いが込められた漫画でした。
    たくさんの人に届くといいなと思った。

    2人の方が「参考になった」と投票しています

  4. 私を笑わないで へのレビュー

    評価:4.000 4.0
    それぞれの悩み

    ネタバレありのレビューです。表示する

    ひかりと愛梨、どちらの二人も
    それぞれ食に対して深刻に苦しむ。

    食べることに苦痛を感じて食べられず、
    痩せてしまうひかり。

    食べることを我慢できず、太ってしまう
    自分を自己嫌悪しながら、表面では明るい
    食いしん坊キャラを装う愛梨。

    仲良しの二人が拒食症と過食症という
    真逆の状態になってしまい、ギスギスするのが
    見ててつらい。

    この状態で同居して大丈夫なのか…。

    二人とも違う体質だけど、精神的な影響がそのまま食に出てしまうところは共通してる。

    どちらの苦しみも同じくらい描かれ方が
    ていねいです。

    むずかしいかもしれないけど、二人の関係が
    壊れないでほしい。

    フルカラーなのがよく映える絵柄で
    かわいいです。

    9人の方が「参考になった」と投票しています

  5. カノジョは今日もかたづかない へのレビュー

    評価:4.000 4.0

    ネタバレありのレビューです。表示する

    深川の言い方、分かりにくすぎる。
    言われた側が誤解して受けとるのも当然という気がする。

    「要領が悪い」って、それだけじゃいくらなんでも言葉が足らない…。
    まさかそれが優しさのつもりだったとは思わなんだ!

    「要領よく休むときは休んだ方がいいよ」って意味だったのか。

    私も要領が悪いので、
    要領よく、こなせる人がうらやましい。
    だから
    要領よくできる深川みたいなキャラが、
    要領悪い主人公に向かって「要領が悪い」と直に言うので、
    思わず感情移入してムッカ~ときてしまった。

    好きで要領悪くやってるんじゃない~!と。

    器用にこなせるヤツに分かってたまるか、上手くやろうとしても要領悪くしかできない気持ちが!

    …と思った。

    でも真意は違ったみたいなので、
    そういう優しい意味で言ったならよかった。
    誤解して悪かったな、と思う。
    むしろ深川、いいこと言ってたんだなと思いました。

    6人の方が「参考になった」と投票しています

  6. 今度は絶対に邪魔しませんっ! へのレビュー

    評価:4.000 4.0

    ネタバレありのレビューです。表示する

    誤った道を進んだ結果、罪人になってしまった主人公のヴィオレット。

    なぜか罪をおかす前の自分の過去にタイムスリップ。
    今度は同じ過ちをくりかえさないぞ!と決意。

    以前と違う選択をしていくことで、
    同じ道を辿るのを回避しようとする話。

    小さな分岐点を見極める。
    客観的に分析して、
    以前の自分を見つめなおすヴィオレット。
    原因が自分にあったとしても、受け止めながら。

    フクザツな家庭で家に居ずらいため、
    誰にも迷惑をかけず、家族と疎遠になれる方法をさがす。

    学校を卒業するまで問題を起こさない、
    おとなしくやり過ごす、卒業後は出家!という
    貴族のお嬢様の進路としては、思いきった道。

    自分が変わると、周りも変わっていく。
    以前はどんだけひどかったんだよヴィオレット~?…なんて思ったり。

    しかし
    そっけないクローディア王子がヴィオレットを気にしはじめた!
    ユランがヴィオレットを積極的に守ろうとしている!
    メアリージュンに慕われてしまった!
    出家に焦点をあててるヴィオレットにとって、都合のいい展開にならない!
    …という結果に。

    喜ぶどころか、逆にいい方向へいくのを阻止しようとする流れが面白いです。

    6人の方が「参考になった」と投票しています

  7. 青のフラッグ へのレビュー

    評価:4.000 4.0

    ネタバレありのレビューです。表示する

    ネタバレ注意です。


    最終話まで読んでの感想。


    これはこれで一つの終わり方なんだろうと思う。

    みんなたしかに形が変わっても幸せになれたんだろう。

    正解なんてない。

    終わり方に賛同する人も嬉しい人もいるんだろう。

    でも…

    あくまで個人の勝手な感想としては…
    正直こういう終わり方にしてほしくなかったという思いがある。

    ラストは気持ちが
    キャラたちに追い付けませんでした。

    ショックを受けたし
    納得ができないまま。


    みんなが笑ってるラストという意味では
    叶えられたし、あるイミ最高のハッピーエンド。


    でも
    一番見たかったハッピーエンドじゃなかったからつらい。


    一緒にいる太一と二葉が、好きだったから!!


    だからトーマどうこうじゃなく、
    単純にこの二人の晴れ姿じゃないなら見たくなかった!


    二葉のとなりに太一がいないなら、
    別な人間の花嫁になるならそんな描写いちいち必要ないだろう…ショックだよ…。


    今までの二人の物語に対する数々の感動を返してくれ…!

    辛口でごめんなさい。
    あくまで個人の感想です。

    でもショックで打ちひしがれた太一と二葉が好きだった人間も中にはいるってことをかきたかった…。


    それなら最初からトーマと太一の物語にすりゃいいのに。

    二葉との時間を過ごす太一が本当に好きだった。


    ラストをみるまでは
    ものすごく心に響く漫画だったので
    ダメージがでかい。

    今まで何のために読んでたんだろ…とさえ思った。

    2人の方が「参考になった」と投票しています

  8. みんな知ってる へのレビュー

    評価:4.000 4.0

    ネタバレありのレビューです。表示する

    自分が実際に痛い目に合うまで、
    SNSの本当のこわさ・人に対しての
    自分の振るまい方の問題点に
    気付けなかった主人公・萌香。

    取り返しのつかない事態になったときに
    気付いても、後悔してもすでに遅い。
    もう間に合わない。

    ここまで大ごとになると最初から分かっていたなら、
    もっと気を付けて動けたのかもしれない。

    無知・軽はずみとは
    場合によってはおそろしい結果を生むと思った。

    前半だけをみれば
    ドン底におちて終わりのようにみえるけど、
    この漫画はそうじゃないところがいいです。

    最悪な事態の中でも一度立ち止まることで、
    萌香にとっては
    今までの自分を振り返るきっかけにもなった。

    新しい生活へと進んでも
    写真はどこかでくりかえし悪用され続け、萌香の苦しみは続く。

    でも今までの自分の生き方や、過ちに気付いた萌香は
    もう昔と同じじゃない。

    過ちや苦しみは消えないけど、変わろうとする姿は応援したくなります。

    そしてそんな人間にはやがて味方が現れるのだと
    かすかな光もみえる。

    後半はドロドロさがなくて、いい話だったのでちょっと泣けました。

    2人の方が「参考になった」と投票しています

  9. 性と罰 ~復讐は棘のように~ へのレビュー

    評価:3.000 3.0

    ネタバレありのレビューです。表示する

    とても第三者が口出しできない問題だと思った。
    一生のトラウマという刺。一生の罪という刺。


    主人公が現在の彼に惹かれていることも、憎んでいることも本当。
    矛盾、相反する気持ちが一つの心の中に同居しているって、どっちにもいけなくて苦しくて、よけいに主人公を追いつめる。
    被害者である主人公がなにを選んだとしても、それで少しでも悔いがない方向へむかえるのなら、どんな答えでも尊重したい。


    本当に魂の段階から改心する加害者なんて、いるとしたらほんの一握りかもしれない。
    でもそのほんの一握りの中にいる人が、彼がそうなのだと信じたい気持ちもある。
    でもこればっかりは、被害者とその家族にしか自由に決める権利も決定権もない気がする。
    外野はなにを言う資格もなくて、黙ってしずかに見守るしかない。


    それでも読んでる側の勝手な願いとしては、幸せになってほしいと思ってしまう。

    7人の方が「参考になった」と投票しています

  10. 第3のギデオン へのレビュー

    評価:3.000 3.0

    ネタバレありのレビューです。表示する

    話が凝ってます。

    個人的に絵が少し苦手で、
    グロいシーンが多くて、
    途中で「続き読むのどうしよう」と、迷ったりしたけど…。

    途中で読むのやめないでよかったぁぁ、と思う。

    国王の弟に捕まって、ギデオンがいたぶられるシーン。
    死を覚悟したギデオンが
    目を閉じて、最愛の娘ソランジュへ対する思いを心のなかで語りかける。
    その一つ一つの言葉に、ウルッときた。

    そしてジョルジュの過去の回想シーン。
    うぅ……(涙)
    せつなくて、胸が痛くなった。

    フランス革命に関わる話、というのももちろんあるけど、それだけじゃなく
    「なんかすごいモノを見てしまった…」という気分にさせられた。
    こんな話思い付くなんてすごいな、と思った。

    しかし
    なかなかのグロさなので、苦手な方は要注意です。

    2人の方が「参考になった」と投票しています

全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全352件