のづちさんのレビュー一覧

のづちさん

レビュアーランキング  149

  1. 評価:5.0 2件
  2. 評価:4.0 0件
  3. 評価:3.0 0件
  4. 評価:2.0 0件
  5. 評価:1.0 0件
レビュー投稿数:2件
ネタバレ無し:2件
参考になった数:223
参考になった割合:98%
全ての内容:全ての評価 1 - 2件目/全2件
内容で選ぶ
評価で選ぶ
Loading 読み込み中
エラーが発生しました。
再読み込みしてください。
  1. ゴミ屋敷とトイプードルと私♯ へのレビュー

    評価:5.000 5.0
    素直な努力家だったサヤ

    SNS怖い、女子同士のマウント合戦や嫉妬が怖い、サスペンス色がありドキドキしながら読みました。
    サヤは墜ちてしまったけれど、本来は素直な努力家のステキな女子だと思いました。
    misakiさんと違い、普通の家に生まれたけれど進学先も就職先も一流、自分磨きをしてスタイルもキープ、自分で努力して色々勝ち取ってきたのですから。
    素直さがアダになる怖さがサヤ編の本質なのかも。SNSの内容も一流企業入社も良い学校出身も、本人は自分で選んだと自負していますが、実際は他人や大衆の評価や口コミやいいねで判断し、自分で評価して選んでいない。サヤは人の評価を鵜呑みにする素直さ=愚かさから抜けられなかった。
    自分の軸を作ることができなかったサヤは、周りの評価を気にしすぎてビクビク暮らす、大嫌いな親と同じになってしまった。
    そして他人の評価を鵜呑みにする素直さは、何かあると他人のせいにする駄目さに繋がります。
    実際一部上場企業でも、人の意見や指示を鵜呑みにして、失敗すると全て人のせいにする社員多いです。どんな組織にもいい人悪い人、できる人できない人がいるので、他人の言いなりは困るんですよね。
    努力家ではあるので、素直さをうまくコントロールできたらサヤさんは再起できると思いました。

    223人の方が「参考になった」と投票しています

  2. バラ色の聖戦 へのレビュー

    評価:5.000 5.0
    一人では生きられないからこそ

    主婦のサクセスストーリーかなと思い読み始めましたが、次が気になり引き込まれました。時間のやりくり、お金のこと、子育て、家事、パートナーや実家との軋轢。嫌なライバルがいてもいなくても直面するこれらの問題を丁寧に描き、シンデレラストーリーの中に、普通の女性が悩むポイントが織り込まれていて、真琴はどうするの?自分だったら?と考えさせられました。
    特に銀行マンの夫が旧世代感覚で、親ならまだ年のせいと許せるけどパートナーとしてはないなと思います。なぜだろうと考えると、彼は周りにマイナスオーラを振りまくんですよ。朱に交われば赤くなるの諺通り、こういう負のオーラを纏い、相手を否定する言葉をまず発する人とは付き合うべきではないと思いました。
    仕事という広い世界を通じ、真琴がプラスなオーラを持ち互いを気分よくしていきながら大きな仕事を回す素晴らしさに気づいた。一人では仕事と家庭もうまく回らない。家庭がワンオペでは成り立たないから介護保険もでき、保育園もあるわけです。
    一人では生きられない。だからこそ周りからマイナスオーラを持つ人をいかに遠ざけるか、または闘うか、しなくてはならない。生きる厳しさに値する生きがいを持てるようになった真琴に胸がすく読後感でした。
    ただ、めちゃコミック版の惜しいところは他の電子書籍と違い2巻以降のカラー表紙が収録されず、華やかなイラストが観られないこと。そして、ガラケー時代の古いコマ割り演出のまま配信しているために、モデルの頭から足元までの美しいファッション全体を見られないのが致命的にこの作品と合いません。そこがどうしても残念ですが、30話無料な分は他の配信サイトより割安なので割り切って読めばお得だと思います。

全ての内容:全ての評価 1 - 2件目/全2件