「島村速雄」さんの漫画レビューと感想(ネタバレ非表示)

顧客満足度No,1

めちゃコミック

島村速雄さんのレビュー一覧

島村速雄さん

レビュアーランキング24747

  1. 評価:5.0 6件
  2. 評価:4.0 0件
  3. 評価:3.0 0件
  4. 評価:2.0 0件
  5. 評価:1.0 1件
レビュー投稿数:7件
ネタバレあり:1件
ネタバレ無し:6件
参考になった数:26
参考になった割合:40%
全ての内容:全ての評価 1 - 7件目/全7件

※このページはネタバレ非表示のページです

ネタバレありのレビューを見る
  1. 親なるもの 断崖 へのレビュー

    評価:5.000 5.0

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    なぜ?

    番頭の直吉はなぜハゲなのでしょうか?
    その疑問が払拭されません。

    もうひとつ、
    彼女たちのように
    東北の農村の娘が、貧困のあまり
    公然と身売りされるという現状を憂いた
    陸軍青年将校たちが決起して
    昭和11年に起きたクーデター、
    226事件が描かれていなかったこと。

    なぜだろうという疑問と、
    残念な気持ちになりました。

  2. 復讐の未亡人 へのレビュー

    評価:5.000 5.0

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    密教の秘術で調伏

    作者の黒澤先生は、弘法大師空海の
    おうち?

    主人公の密さんは密教の密。

    斎藤さんの下の名は真言宗の真言。

    脇役の佐伯真穂は空海の俗名・佐伯真魚
    と名前が似ている。

    密さん、密教の呪術で亡夫の仇討ちを
    していくのか。

  3. セフレの品格 へのレビュー

    評価:1.000 1.0

    20人の方が「参考になった」と投票しています。

    もっと他にやることあるでしょう

    無料なのでその部分だけ読みました。

    主人公やそれを取り巻く人物、
    性行為の事しか頭に無いようです。

    打ち込みたい趣味などは無いんですかね?
    スポーツとか芸術とか学問の研究とか・・・
    はたまた習い事やボランティア活動とか。

    抄子さんはパート社員ですが、

    勉強して資格を取得して、
    キャリアアップしたいなどという
    向上心は無さそうですね。
    勉強は嫌いですか?

    そんな目標の無い、
    ダラダラした惰性的で享楽的な人生は、
    あまり感心しませんね。

    きっと趣味は性行為だけなんでしょうねえ(汗)

    自分とは人生観が違い過ぎます。

    もっと世の中の役に立つ人物になってほしいものです。
    でないと、あまりにも貧しい人生です。

  4. ひめゆりの歌が聞こえる~女の戦争哀史~ へのレビュー

    評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    大本営に見捨てられた国「沖縄」

    夏の野の茂みに咲ける姫百合の・・・

    うら若い女学生たちが学業そっちのけで
    皇国日本のために必死に働いている。

    誰かの体験談を元にして作った作品なら
    尚嬉しい。

    昔、沖縄県のひめゆり博物館(だったかな
    ?名前忘れた)
    に行って、色んな展示や資料を閲覧した
    が、やはりこの作品のように悲惨
    極まりないものであった。

    今でも沖縄の土を掘ると人骨が沢山
    出てくるらしい。
    胸がつぶれる思いである。

    私見だが、なぜ沖縄は昔から
    こんなにもひどく踏みにじられてきたのだろう。
    かつて琉球王国という独立した国家
    であったのに、
    明治維新によって日本に取り込まれ、
    廃藩置県で沖縄県という名前の
    大日本帝国の一部にされてしまった。

    そして、この戦争で本土決戦が
    起こるまでの時間稼ぎ、
    ひいては帝国の犠牲になれなければならないのか?

    しかし沖縄も「本土」の一部であろう。

    まさか沖縄だけは本土扱いされていないと
    いうのであろうか?

    それならば彼女らの戦いは全くの徒労になってしまう。そんな筈はない。

    現在も沖縄はアメリカの下にしいたげられている。

  5. 聖徳太子 へのレビュー

    評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    謎に包まれた作品

    ネタバレありのレビューです。表示する

  6. ベルサイユのばら へのレビュー

    評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    比類なき大作

    やっぱり帰ってくるところはここだ。

    歴史好きには何ともたまらない!

    絵は個人的には好きではないが、
    フランス大革命が起こるに至るまでを
    ここまでドラマチックに描いたものは
    見ない。

    架空人物のキャラやオリジナルストーリー
    には多少疲れる面があるが、
    革命とは、戦争とは何かを
    深く考えさせられる作品だ。

    フランス革命後、約100年経って
    日本でも士族の革命・明治維新が起こった。

    人心の荒廃の原因は
    それを支配する上流階級の腐敗から生じる。

    君主たるものの心掛けの根本は、
    どこの国にも源流は同じである。

    諸行無常の哀しさを
    そこはかとなく感じさせてくれる作品だ。

  7. 春日局 へのレビュー

    評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    ゴッドマザー!

    主人公はして幼少期に父親の無惨な
    死に様を見てしまう。

    それでもたくましく生きていこうとする
    彼女のメンタルの強さが半端ない。

    仮に自分が彼女の立場なら、
    とっくに寝込んでしまうだろう。

    波乱に満ち満ちた激動のその生涯は、
    「火宅」という言葉に表現され幕を閉じる。

全ての内容:全ての評価 1 - 7件目/全7件