あすか時代さんのレビュー一覧

あすか時代さん

レビュアーランキング  6

  1. 評価:5.0 57件
  2. 評価:4.0 103件
  3. 評価:3.0 109件
  4. 評価:2.0 52件
  5. 評価:1.0 40件
レビュー投稿数:361件
ネタバレあり:343件
ネタバレ無し:18件
参考になった数:3037
参考になった割合:89%
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全361件
内容で選ぶ
評価で選ぶ
Loading 読み込み中
エラーが発生しました。
再読み込みしてください。

※このページはネタバレ非表示のページです ネタバレありのレビューを見る

  1. オヤジガリ へのレビュー

    評価:2.000 2.0
    2話読了。体制側と反体制側。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    配信2話、読みました。


    ネタバレ感想ご注意ください。


    某国が同盟国にもゴリ押しした、トンデモ法案。某国から遅れる事2年。我が国でも施行されました。

    試し読みにあるのではしょりますが、


    若者グループが正義感を出してオヤジを処分して、報酬を得ます。


    新たなオヤジガリをしたその時。


    中年男集団が現れました。


    処分されるべきは国の言いなりのお前らだろ?


    2話おわり。


    感想。リスペクトのかけらもない展開から、救世主?が現れました。配信2話はプロローグが始まってすぐに終わりました。


    このお話は、誰に訴えてるのだろう。


    歪んだ正義感の奴をやっつける展開?


    世代間の偏見に満ちた感じがプンプンしますが、

    どうなるにせよ、お話を簡潔に纏めて欲しいです。

    この世界観で長編はきつい。

  2. 7〜8話。身につまされる。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    母になりたいを読みました。


    7〜8話。ネタバレ感想ご注意ください。


    羽田直子は不妊治療で妊娠。夫慎吾と共に喜びましたが、喜びも束の間。お腹の子供は命を落としました。


    それから、絶望感に苛まされる直子。何も手につきません。


    慎吾は、また次があると叱咤激励しますが、直子にはもちろんそんな言葉は届きません。

    時は止まりました。


    夫婦仲はどんどんこじれ、慎吾が見かねて家事をするようになりましたが、直子にあたりました。

    そして喧嘩。離婚届を置いて直子は家を出ました。


    実家で母に、男の人に理解しろと言っても無理。今頃困ってるかもよ。とたしなめられ、


    1週間ぶりに夫婦の住まいに帰りましたが、慎吾は新しい彼女を作って生活してました。そして慎吾に追い出されました。


    母の言ってた事と違った。何なんだろう私の人生。ハハハ。


    慎吾は2年後その女との間に子が出来ました。

    直子は、5歳下の彼氏と交際を始め、彼氏は不妊に悩む人の集まりの参加を勧めるなど、直子に理解がありましたが、、、


    彼氏は子供は好きで、彼の子を抱かせてあげたいけど、実際、不妊治療がどれだけつらいかわからないと思う、、、、


    おわり。


    感想。当事者で無いとわかりません。ミラクルが起こらない限り、何を言っても届きません。

    絶望感から時が止まった直子に、現実の生活は容赦なく襲います。


    慎吾は業を煮やし、一気に夫婦仲は冷え込み、直子が家を出たのをきっかけにリセット。

    直子の母は、客観的に物事を見える人だと思いましたが(娘が離婚しないよう諭した)慎吾の方が割り切りが早かった。


    何なんだろう私の人生は?と思うわ、そりゃあ。


    新しい彼氏は、理解がありそうですが、


    いざ不妊治療を目の前にすると、どうなるかわからない。

    絶望の中に光は少しはあるけど、止まった時間は中々動かない。

    他人が叱咤激励して動く程、人は単純じゃない。

    身につまされる作品でした。

  3. 1〜2話。千佳、余計な一言を。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    女ともだちを読みました。


    1〜2話。ネタバレ感想ご注意ください。


    琴美と千佳は、服飾専門学校の時からの付き合い。

    琴美は美人ですが奥手。千佳は個性的ですが明るく積極的。

    卒業後、琴美は念願のデザイナーの道へ。


    千佳はアパレル店員になりました。


    ある日、千佳は合コンをセッティングして琴美を誘います。


    そこで琴美は俊介と知り合い、交際を開始。


    関係も持ちましたが、俊介は事が終わると家に帰る。

    実家暮らしは恥ずかしいからと謙遜して琴美を実家に呼ぶ事はありませんでした。

    交際は6年にも及び、琴美は29歳。


    琴美の働く会社に、男性新人の水野が入社。
    真面目な性格で、仕事をがんばる水野と自然と食事や飲みに行く回数も増え、琴美と水野の距離は接近。

    ある日、琴美は水野に告白されます。


    俊介とズルズル行ってた琴美は揺らぎます。

    そして千佳は結婚。


    琴美に勝ったと本人を前にご満悦。

    俊介は既婚者で、琴美に幸せにならないよう仕向けてそれが上手く行った事まで千佳に話します。


    友達だと思ってたのに、そんな酷い事をしてたのか、、


    一気にふんぎりがついた琴美は千佳と絶交。
    俊介とも別れて、水野と真剣交際を始めゴールイン。

    数年後、独立して自らのブランドを立ち上げた琴美は、夫となった水野と我が子と一緒にいる時に、千佳に遭遇。

    千佳も我が子と一緒にいました。

    千佳は友達のよしみで、雇ってくれと言いますが、

    琴美はやんわりはぐらかします。それでも食らいつく千佳に、まだわからないの?と一言。

    勝った結婚でしょ?どうぞお幸せに。


    おわり。


    感想。ちょっと控えめな性格の琴美と、張り合いたがる性格の千佳。

    性格というのは隠せないもので、千佳は余計なダメ押しの一言を言ってしまいました。

    信じていた琴美もさすがに本人を前にガツンと言いました。

    女性特有の話で無いと思う。

    やはり人を見下してたらダメですね。

    1人の方が「参考になった」と投票しています

  4. おばさんSNS偽装 へのレビュー

    評価:2.000 2.0
    7〜8話。息子を家の前の道で遊ばす隣の女

    ネタバレありのレビューです。表示する

    恐怖の道路族を読みました。


    7〜8話。ネタバレ感想ご注意ください。


    永井美沙子(30)は共働きの主婦。子供はまだいません。念願のマイホームを買い、夫と2人で挨拶まわり。


    あの家に越したのかい?と聞かれ、最初は意味がわかりませんでしたが、

    理由はすぐにわかりました。


    隣の家の住人の真下親子。


    真下は、息子達を家の前の道路で遊ばせてるのです。


    永井家の目の前の道で、毎日子供の大声がしてうるさい。

    美沙子は、子供達を注意しますが、その夜真下が文句を言いに来ます。


    子供は外で〜
    子供もいないアンタになにが〜


    前の住人が引っ越した理由はこれか、、


    愕然とする美沙子。

    つい夫に不満をぶつけますが、夫も売り言葉買い言葉で、夫婦仲は不穏に。


    このまま離婚なのか、、


    美沙子の会社の同僚が心配しました。

    憧れの夫婦。離婚してほしくない。


    同僚は嫌がらせでもしたらどうです?と提案。親は警官、出来る訳ないと美沙子。


    その頃、誰かがツイート拡散をしていました。

    またたく間に拡散。真下の家は他人に嫌がらせを受け、真下は美沙子を疑いますが、美沙子はツイートはしていません。

    夫は真下に怒りました。


    しばらくして真下家は引っ越し。


    ツイートしたのは夫。


    何で隣のクソガキのせいで夫婦の仲が壊れなきゃならないんだ。


    夫のした事は決して良い事ではありませんが、穏やかな日々が戻って来ました。


    おわり。


    感想。SNSが出るのは最後。オチはベタで少し雑。一気に終わりました。


    ご近所問題。プライベートに関わる事ですから難しいですね。真下家はトラブルメーカー。

    美沙子の夫もキレたら怖いけど、そりゃクソガキと思ってしまうよな、、、

    すぐ怒る人は扱いが難しい。子供は悪くない。真下さんの息子達は特に母親の背中を見ている。

    先祖代々ではなくて、引っ越して来た者同士は特に難しいですね。

    こっちが挨拶しても、感じが悪かったり。

    そして段々と距離が出来て行く。

    3人の方が「参考になった」と投票しています

  5. 2話読了。表紙が怖すぎる。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    配信2話、読みました。


    ネタバレ感想ご注意ください。


    表紙が怖すぎて、怖い物見たさで読みました。


    あらすじ通りの展開です。尚輝をストーキングしてるのは、江藤佳津子。


    朋美がイソスタにあげた画像から、バレました。

    顔はスタンプで隠してたのですが、顔だけだから見る人が見たらすぐわかる(のでしょう)


    佳津子、怖すぎです。

    イソスタに写り込む姿。

    窓から顔。

    上から植木鉢。


    朋美に別れるよう催促。


    オープニングの場面は3話以降にあるラストのシーンでしょうか。


    尚輝が、変に庇って呑気過ぎる。婚約したと一方的に思い勝手に逆ギレしたそうですが、

    女でも怖い。


    なんと言っても、あの表紙(!)


    私はあれを最初見て、某サウンドノベルの、いわしたあけみさんを連想したのですが、

    、、今作の恐怖は、岩下さんを超えた。

    立ってるだけで怖い。やってる事もあからさま。


    顔も似て非なる顔。岩下さんに失礼。(岩下さんもヤンデレで怖いですが)


    今作品、バッドエンドでしょうが、どういう結末になるのかな。


    ただただ怖い。

    2人の方が「参考になった」と投票しています

  6. Shrink~精神科医ヨワイ~ へのレビュー

    評価:5.000 5.0
    10〜11話。才賀と天野は相性最悪。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    大人の発達障害①を読みました。


    10〜11話。ネタバレ感想ご注意ください。


    診断別の作品は、オムニバスである事が多いと思われ、発達障害の話だけ読みました。大人の発達障害②は12話以降に続きます。


    才賀真美は32歳の女性塾講師。子供の進路相談で、「合格は無理。」と母親に言って、子供の母親をキレさせ


    塾長から、「もう少し言い方があるだろう」と呆れられます。

    同僚の塾講師からも浮いた存在。子供からも変わった先生と陰口をたたかれています。


    塾長は、浮いた才賀の為に、同僚の女講師天野にランチに誘うよう言いました。


    渋々天野は誘い、他の同僚達とタイ料理店へ。

    天野はグリーンカレーとガパオがお薦めとみんなに言い、みんなそれを注文しますが、

    才賀は炒飯を注文しました。「辛いの苦手だから」


    以前からカンに触りイライラしていた天野は才賀にキレます。「辛いの苦手なら最初から言えば良いでしょ!」


    後日、天野は彼氏と旅行に行く話を同僚にします。

    その後、天野は才賀を張り飛ばします。


    天野は塾の繁忙期に家庭の事情で休暇願を出していたのに、才賀が塾長に、「ああ天野さんなら」と正直にしゃべってしまい、塾長に「仕事が嫌なら辞めろ」と言われたからでした。


    才賀は悩み、ヨワイのクリニックへ行き、自閉症スペクトラムと診断されます。


    ①おわり。


    感想。発達障害は、ほとんどの人がグレーゾーンです。10話に出た診断を迫る女は、コミュニケーションが取れてますから、診断はありえません。


    ヨワイ先生が言ってたように、生活に支障をきたし、二次障害が出た場合、診断がおりるようになります。


    精神科の先生が実際言われた話で、「誰でもこだわりがあり発達障害っぽいところはある」


    病気ではなく個性。これはヨワイ先生も言ってますね。

    才賀さんは、天野さんがいたために、問題が目に見えてしまいました。

    才賀さんと天野さんの相性は最悪。

    天野さんは機転が聞いて、1を知って10を知るタイプ。

    才賀から見たら天野はいつも私に怒ってるように見えるから、一々報連相しませんよ。天野何言っても怒りそうだもん。


    才賀にも良いところはもちろんあり、ズバッと誰も言えないところで、ズバッと言えたりします。良い意味で立派な才能ですよ。

    ②が配信されるのを楽しみにします。

    1人の方が「参考になった」と投票しています

  7. まぼろしまたね へのレビュー

    評価:3.000 3.0
    15話読了。穂積は2回死んだ?

    ネタバレありのレビューです。表示する

    配信15話読みました。


    ネタバレ感想ご注意ください。


    幻想的な表紙に惹かれて読んでみました。


    芽出子(めいこ。あだ名は、でこ)と穂積のリアルタイムの時間が少しズレて交差する話(だと思った)


    9歳の時に死んだはずの穂積君が生きている。


    ある日、目の前に穂積君はでこちゃんの前に現れました。歳のズレは5つ。


    9歳で止まってるはずだけど、中学生の穂積みたいな子。まるで生きてるような。

    いや川で溺れて死んだはず。あの感触は忘れない。

    実際、穂積は生きています。が、接点がない。


    何か乗り移ったような、そんな感じです。現れた9歳の穂積君は。


    そして中学生のでこちゃんと噛み合わないながらも打ち解けていくのですが、


    穂積君はある日、僕が死ぬのを信用出来る?

    と言いました。

    9歳の時、助けられなかった罪悪感から、でこちゃんは、今度こそ守ると返事を返しました。

    そして穂積君は悪の仲間にまたもや川で、殺され?るのですが、


    この後どうなる?


    15話おわり。


    感想。タイムスリップやパラレルワールドの話でしょうか。

    お話の流れは、結構断片的で、一回見ただけでは頭に入りません。二回見ても入らないかもしれません。


    あらすじにもあるように、結末を変えたい、でこちゃんの気持ちは伝わりました。


    結末は変わらないかもしれないけど、どうかすっきりする結末を期待したいです。


    絵は幻想的ですね。表紙に惹かれて購入された方もいるのでは?

    1人の方が「参考になった」と投票しています

  8. 7〜9話。思った以上に怖かった。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    上手な別れ方を読みました。


    7〜9話。ネタバレ感想ご注意ください。


    どうやって別れた?興味深々。


    主人公のゆかりは、西と不倫。西も妻帯者でダブル不倫。子供はお互いにおらず逢瀬を重ねてましたが、ある日ゆかりが妊娠。


    これを機に不倫をやめて家庭と向き合う事にしたゆかりは、西を無視する事にしました。


    が、西の方が、のめり込んでおり、妻そっちのけ。


    西は、ゆかり宅や旦那にも直電するようになり、監視アプリまで潜らせていました。


    西はストーカーで逮捕されますが、


    西の妻にゆかりは突き落とされ、流産。

    旦那も俺の子かと疑いますが、その疑いは晴れました。


    被害届を取り下げなければ、西が起訴され裁判で事があからさまになるのを怖れたゆかりは、示談で済ませましたが、


    釈放された西は、包丁を持って現れました。


    おわり。


    感想。子供は旦那の子でしょう。ようやく出来た子。これを機に不倫は止めにしようと思いましたが、相手が悪すぎた。


    妻そっちのけでのめり込んでいた男。

    案の定の展開で、9話目は更に悲惨な展開になりました。


    不倫は悪い。そりゃ悪い。その話はひとまず置いておきます。


    私が思ったのは、男が懇願するかのように女にのめり込んだら、惨めだなぁと。


    この話、悪いのは90%西。


    のめり込み過ぎて、まわりも巻き込みました。


    心に余裕が無い男は不倫をしないほうがいい。

    4号ぐらいつくれる人で無いと、無理。


    別れを切り出された時、あっそ。じゃね。


    ぐらいの対応が出来ないと。

    4号までいたら、時間を割かれるから、必然的に対応はスマートになるし、

    別れもスマート。


    やっぱり限られた人しか不倫はうまく行かない。

  9. 7〜9話。自由になりたい。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    鳥籠の女の話を読みました。

    7〜9話。ネタバレ感想ご注意ください。


    不育症の主人公の園子は、夫からハラスメントを受ける毎日。

    まるでどれいのような生活。


    ある日、美智恵に出会った園子。美智恵は園子を気に入りカミングアウト。女でも愛してくれる園子は次第に受け入れましたが、夫にバレ夫は逆上。


    美智恵は成り行きで夫をあやめてしまいます。


    そして拘置所。美智恵は園子に出所したら一緒になろうと言いますが、


    園子は、もう冷めてました。


    結局、夫と同じ、束縛(支配)したいだけ、、

    私は自由に生きる。


    おわり。


    感想。相手を思いやる気持ちが夫に無かったので、園子が疑問を持った段階で、きっかけがあれば破綻するのは時間の問題だったのですが、

    美智恵が登場して、展開は急転直下でした。


    何年も虐げられて、園子は束縛されそうな人はもう懲り懲りでした。


    一回、結婚に失敗したら、二回目はハードルが上がります。

    結婚出来ても、次は簡単に離婚するでしょう。

    園子さん。次は面倒臭くない、穏やかな人がパートナーになれたら良いですね。


    ノンケだから男性のパートナーで。

    1人の方が「参考になった」と投票しています

  10. 7〜9話。同級生のエリカは評判でしたが。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    最後のめんどうくさい女の話を読みました。


    7〜9話。思い切りネタバレ感想ご注意ください。


    主人公の直美(37)は主婦。近所に同級生のエリカが引っ越して来ました。


    ゴミ出しにメイクとハイヒールで来る、美にこだわるエリカ。


    直美とエリカは学校が同じだっただけで、顔見知り程度。直美は、エリカは苦手なタイプ。


    エリカに影響されご近所のママ達も、メイクをしてゴミ出しに。


    エリカは、直美にやたら干渉。直美はヘルシーなメニューを勧められ、渋々作ってみますが、家族には不評。


    エリカは相変わらずウザいので、直美はメニューが不評だったと返します。


    軽いショックを受けたエリカ。


    エリカは、茶話会に直美を呼ばなくなりました。


    エリカ宅の茶話会は盛況。


    直美を見下しているエリカは、直美の夫と娘にまでいらない一言を言い、直美は憤慨。夫と娘に謝りますが、、夫と娘はわかっていました。


    夫はエリカは性格ブスと。

    娘は、学校でエリカの娘は性格悪いから顔は良くても嫌われていると。


    直美は家族の言葉に救われました。


    とどまる事を知らないエリカは、茶話会盛況の波に乗って、美容のカルチャースクールを駅前で開講しますが、


    開講初日。誰も来ませんでした。


    茶話会にみんな行ってたのも、ただで試供品やらお茶が貰えるからでした。


    お金まで払って誰が普通の主婦の美容教室なんか行くもんですか。だって。


    おわり。


    感想。エリカさん、まだカルチャースクールやってるそうです。

    受講生は誰もいないと思いますが。


    ひとまず、深く傷ついた人は誰もいないオチで良かったと思います。

    それにしても、みんな、まともで?良かった。

    タダだから茶話会に行ったけど、誰がお金払ってまで行くもんですか。

    みんな、ちゃっかりしてて痛快。2回目見ても笑ってしまう。

全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全361件