あすか時代さんのレビュー一覧

あすか時代さん

レビュアーランキング  6

  1. 評価:5.0 56件
  2. 評価:4.0 103件
  3. 評価:3.0 106件
  4. 評価:2.0 50件
  5. 評価:1.0 40件
レビュー投稿数:355件
ネタバレあり:337件
ネタバレ無し:18件
参考になった数:3016
参考になった割合:89%
全ての内容:★★★☆☆ 1 - 10件目/全106件
内容で選ぶ
評価で選ぶ
Loading 読み込み中
エラーが発生しました。
再読み込みしてください。
  1. 華やかな孤独 へのレビュー

    評価:3.000 3.0
    我が子に寂しい思いをさせてはいけないね。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    4話全部読みました。


    ネタバレ感想ご注意ください。


    主人公、山野エリカ(34)はヤマノフーズ社長夫人。


    セレブな生活を満喫していましたが、

    夫の会社が倒産。


    親も死んだ。あのビンボーな子供時代に戻るのは嫌だ。


    夫は、二人で頑張ろうと励ましますが、エリカは激昂。債権者が来る前に金目の物を持って出て行きます。


    そこで、夫と親交のあった国会議員の佐々木と会い、愛人契約。月300万。

    お金に不自由はしなくなりました。


    が、2年後、佐々木はエリカをあまり相手にしなくなり、

    先行きに暗雲が立ち込めたエリカは、元セレブ友達のカオリと会います。

    カオリは、夫の会社は潰れたけど、今は家族の距離が近くなって幸せだと。


    貧乏なのにと釈然としないエリカ。


    エリカは、ふと同窓会に行ってみたくなりました。

    ゴージャスに振る舞うエリカ。

    ブランド品自慢をしますが、所帯じみた同窓生は誰も羨ましがらず、

    男の興味も惹きませんでした。


    つまらなかった同窓会。


    そして、佐々木のカードも使えなくなったエリカは、佐々木の妻に存在がバレ、脅かされて愛人マンションを追い出されます。


    天涯孤独になったエリカ。


    元夫の山野はテレビの取材を受けてました。再び商売を始め、再婚して子供も出来た。


    エリカはアラフォーで結婚相談所に申し込みますが、
    条件が高すぎて、マッチングせず。


    変わらず、エリカは50代、60代と結婚相談所で相手を探します。


    おわり。


    感想。20年以上、結婚相談所に通うなんて。最後の描写は何かの冗談でしょう。


    山野氏の会社が倒産した時が、チャンスだったと思うのですが、
    少しの愛情も無かったエリカには見えませんでした。


    普通、男女の仲が接近するのはここだと思うけど、残念。

    エリカの生い立ちの回想シーンがありました。親父はアル中の無職。貧乏で学校で馬鹿にされ、中学で美人じゃね?と見直されたエリカは美貌でのし上がって生きて来たのでした。

    エリカの母は学生時代に過労で倒れ亡くなり、父は肝臓が悪く後を追うようになくなりました。

    家族の温もりを知らずに生きたエリカ。


    子供の人生、大人になって後々まで影響を与えるのかと、考えさせられました。

    我が子に寂しい思いをさせてはいけないと痛感。

    2人の方が「参考になった」と投票しています

  2. 夫の性癖と嫉妬。浦川君も嫉妬。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    配信6話読みました。

    さらっとネタバレ感想ご注意下さい。


    ちなみに試し読みで2話までの内容はわかります。

    主人公の真琴は夫の清史郎と結婚して2年。知り合って4年。一度も性行をしていません。

    真琴は女として見られるのが嫌だったので、紳士で欲情しない清史郎に惹かれ結婚をしましたが、、、(EDだからあなたを幸せに出来ませんと真琴の交際申込みを清史郎は一度断っています。)

    2年暮らして何かが違う。自由も謳歌して楽しいはずなのに。

    そんなある日、仕事のアシスタントの浦川君に告白されます。断りますがたまたまくっついていたのを清史郎に見られて、、


    清史郎、スイッチが入ってしまいました。

    やたらに浦川君の存在を気にしだすんです。

    真琴で仕事で遅くなる=浦川君と一緒に居る。

    清史郎のメールがしつこいのなんの。で、仕事場に乗り込みます。浦川君は諦めきれないので真琴にベタベタくっついてるのまた清史郎に見られて。

    清史郎、浦川君には紳士対応で「うちでおやすみください」って。酔いも入ってた浦川君ほんとに眠っちゃうんです。

    そこで清史郎びいんと立って初めて真琴と性行したんです。その瞬間だけ男で。

    気持ち良かったんでしょう。

    今度は浦川君を誘って僕の目の前でしてくれ。

    知らない浦川君と知ってる真琴は、清史郎が影でじっと見ている中で性行しました。


    ここまでが6話までの大体のあらすじです。


    感想。夫、性癖でしょう。それと「僕の妻」にこだわりますね。

    僕は夫。浦川君に対して優越感に浸ってる印象。

    浦川君は、ありがちな男だと思います。


    清史郎も浦川君も嫉妬深いのは一緒かな。


    真琴が、この三角関係に7話以降どう向き合うのか興味深いです。

    25人の方が「参考になった」と投票しています

  3. わるいあね へのレビュー

    評価:3.000 3.0
    6話読了。近親愛。弟が積極的。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    配信6話、読みました。


    ネタバレ感想ご注意ください。


    主人公の大森日向子(25)は、高3の時、弟の夏樹をゆうかいしました。

    そして、日向子が運転中に事故。

    一命は取り留めましたが、両親は離婚。

    夏樹とも離れ離れになりました。


    今は、植物園で働きながらひっそりと暮らしているのですが、


    ある日、夏樹が訪ねて来ました。

    「姉ちゃん会いたかった」

    日向子は、後ろめたさから引きましたが、夏樹の勢いに負けます。


    あの2人がまたくっついた。


    許せないのは夏樹と双子の妹の瑞樹。


    日向子に激怒し、日向子は土下座して詫びます。


    それでも気になった夏樹は、日向子のところへ来て、、、


    日向子には、職場の同僚の滝沢という彼氏が一応いますが、弟との事を忘れるために付き合った彼氏でした。
    滝沢はカンが良く、植物園に来た男を夏樹と見抜きます。


    夏樹がアパートに来る事も予想してました。


    滝沢と会った1週間後、日向子は、姉としてお金を渡しに夏樹と会いますが、

    夏樹の恋心は止まらず、日向子と一緒にタクシーで羽田空港に向かいます。


    おわり。


    感想。近親愛の感情は正直わからず、文献や記事等で知るしかないのですが、、、


    今作品、ゆうかいは少し大袈裟な表現に思えました。

    学校でも噂になり一家離散で、この件は家族内ではタブー。姉がたぶらかしたからだ!。と、父、妹には罵倒され、日向子は、反省の日々を送っていました。

    まだ日向子はダメとブレーキをかけています。

    夏樹の執念というか、ハンネのSNSからよく職場を探し出し、日向子と再開。

    夏樹はアクセル踏みまくり。


    日向子が、7年前にたぶらかした影響がまだ夏樹に残っていたのだと思います。


    そう考えたら、罪だ!と言う父と妹の瑞樹の気持ちもわかるのですが、

    今回の恋の話は、完全に夏樹ペースですからね。

    羽田空港という事は、飛行機に乗る積りだと思いますが、

    どこへ行くのだろう。

    日向子が手渡したまとまったお金が今あるから、近親愛が認められた地域の海外へ?

    なんて想像します。


    7話以降の展開、この愛はどんな結末になるでしょうか。

    13人の方が「参考になった」と投票しています

  4. 強気なデブ醜女 へのレビュー

    評価:3.000 3.0
    1〜3話。7人の愛人から大金。結末は。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    強気なデブ醜女の感想です。

    1〜3話。思い切りネタバレ感想ご注意下さい。


    主人公、宮本かれんは専業主婦。夫の功の年収は1200万。同じ料理教室のセレブ妻友達と高級ランチ。
    毎日優雅な生活を満喫しています。


    功の実家も裕福で義母は結婚前に亡くなってましたが、唯一の誤算は近所に住む義父が口うるさい事。


    功とかれんは、まるで甘える息子と母親のような感じで、お互い子作りは考えていません。


    ある日、功の給料が50%カットされ、かれんは激怒。「セレブな付きあいも止めない」と宣言しますが、


    実は内心別れたがっていました。しかし、かれんは37歳。年収600万の男もそういないと考え、義父がしぬまで我慢する事にしました。


    ある日、セレブ妻友達に相談したら、「じじころがし」を提案されます。


    かれんは実際、本を買って実践する事にしました。
    じじいにもタイプがあって、かれんは義父に、

    ①谷間を強調
    ②義父の好きな日本酒の薀蓄を聞く
    ③お酌をする
    ④触らせる


    しまいには、義父としてしまいました。


    義父は「おこづかい」を沢山くれますが、それもセレブ生活でなくなり、あっさりとかれんは離婚。


    次に考えた手は、


    愛人バンクに登録する事。


    7人をまたにかけ、数千万円を巻き上げる事に成功します。


    そのお金も少なくなり、偽装じさつまで考えましたが、我に帰り、別の手を考えます。


    7人のうちの1人のツテで料理ライターを目指す事にしましたが、


    駐車場で連絡中に、車にひかれました。


    犯人は義父でした。


    おわり。


    感想。設定のツッコミはとりあえず置いときます。お子ちゃま夫が年収1200万とか。


    本筋は、かれんが成金生活を維持するために、女を演じ、じいさんからお金を巻き上げる話。


    愛人バンクのヒントは偶然見たワイドショーから。


    TVで見た事件を真似てみるのが恐ろしい。


    我に帰ったのも、「しけい判決」をTVで見たから。


    料理ライターから義父の恨みまでの描写は簡潔でしたが、意外な展開で上手くオチが付きました。


    TVで見た事件は、本編か他レビューを確認下さい。この部分は笑えません。

    12人の方が「参考になった」と投票しています

  5. 7〜9話。夫の浮気相手と結末。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    W不倫は愛の証を読みました。

    7〜9話。思いきりネタバレ感想ご注意下さい。


    主人公、美和は銀行員の尊と結婚5年目。美和は尊を愛してましたが、

    3年目からずっとレス。帰りも遅いし、ようやく浮気を疑い、カバンの中から離婚届を発見。


    いつも持ち歩いてるの?


    美和は探偵に調査依頼しました。結果はクロ。相手は男子大学生の立野類。

    混乱する美和は、後日、類と面会します。

    類は「尊は自分から誘った」きっかけは「銀行で祖母のオレオレ詐欺被害を未然に防いでくれたから」(人柄に惹かれた)と。

    類は他にも何か言いたそうでしたが、美和は「尊にもう会わないように」と言い残し、その場を去ります。


    これで「夫は私の元に戻る」と思いましたが、尊は毎日イライラして、
    尊の美和へのDVが始まりました。

    仕事にも行かなくなり、、、


    美和は類のアパートに行き、類から真相を聞きます。


    「ご主人はカミングアウトしてました。結婚はカムフラージュ。だからせめて美和を喜ばせたい。僕との関係がバレたら正直に話して離婚する」と、、、


    そして類は美和を抱擁します。混乱する美和。しかし類の包容力にメロメロの美和は体が逆らえず、類と、しました。


    美和は質問します。「どうして私としたの?」


    類「だって奥さんが魅力的だから」


    類は、人の家庭は壊したくないし、男性同士もあるけど結婚は望んでいない。尊と、いられるだけでいい。


    美和も、夫と一緒にいられる時間を過ごしたい。離婚は回避しましたが、


    でも私は女。類の身体から夫を感じて、私は満たされている。


    おわり。


    感想。タイトル通りなのですが、想像とはだいぶ違う話になりました。


    倒錯とは意味が違うと思います。


    お互いの利害が一致した類と美和。


    好きの序列は、美和<尊<類。

    体は美和=類。


    、、、人間の感情は複雑ですが、性格は出ますね。よくわからない変な優しさ。でも本人は良かれと思って相手に接している。

    美和は妻の立場に執着してますね。(例1。尊は稼ぎがいい)

    だから離婚しないのか、、、。

    9人の方が「参考になった」と投票しています

  6. 7〜9話。先生!。大人達のチキンレース

    ネタバレありのレビューです。表示する

    最新9話まで読みました。


    ネタバレ感想ご注意ください。


    読んでない方は特にネタバレご注意ください。


    6話までは話は予想通り。7話から話は動きます。


    電話の主は、やはり有馬の母のあやめでした。

    加害グループの親達を呼び出し、相談。


    そして、担任を脅しに行きます。不倫の証拠をつかんで、かんきんします。


    担任の桜先生は、辱めを受けましたが、筋を通しました。

    それに揺さぶられたのは、悠斗の母(物語の主人公)。

    それに感化されたのか、他の加害グループの母達も、謝罪そして、お目こぼしをお願いしました。

    それを見たあやめは察し、

    桜先生に『良識ある判断』をお願いしました。そして、一同引き上げます。悠斗の母は、有馬あやめにほめられました。


    桜先生に渡したUSBメモリは破壊しており、

    自分の職が危ない桜先生は、校長に「イジメは無かった」と報告。


    学校に日常生活が戻りつつあります。

    有馬息子のグループも元気なように見えました。


    親たちも一安心。


    一人、クラスの様子に違和感を持つ生徒がいました。その生徒は事件の目撃者でもある中園あおい。

    クラスで一人イジメが原因で、亡くなっているのに、クラスメイトはいつもと変わらず笑っている。桜先生にも不信をいだきました。


    9話おわり。


    感想。ついに母親達の歪んだ暴走が、始まりました。


    有馬は母と息子も悪ですが、他の人は、ごく普通の一般人。

    息子には将来がある。どうかこの事は内密に。


    桜先生も不倫がバレて牙を抜かれた狼みたいに、なってしまいました。


    重い十字架を背負いたくない母親たち。

    保身に走らざるを得なかった担任の先生。


    ただ一人の良心の中園あおいが心配になって来ました。


    8話以降、あおいも脅されるの?そうなったら、もう母親たちは怖いもの無しですね。そして何も無かったように忘れていくんだ。


    悪が栄えた。


    この先、救いはあるのか。


    それを信じたいのと、あと有馬あやめの素性がわからないので、その辺のエピソードも、この先注目して行きたいと思いました。

    8人の方が「参考になった」と投票しています

  7. 愛を金で買う女 へのレビュー

    評価:3.000 3.0
    1〜3話。圭吾と結婚出来た?。兄は。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    クズのエサに釣られる奴ら〜悪徳デート商法〜を、読みました。


    1〜3話。ネタバレ感想ご注意ください。


    序盤は、あらすじ詳細通り。

    結婚しようと思い、落とした男の兄が昔デート商法で騙した男。

    上玉だし、逃したくない。結婚出来るのか?


    話を中盤まで、はしょります。


    主人公の環は、デート商法の会社の上司の男が好きでしたが、会社も上司も捕まる前に所在不明。

    仕方なく母のスナックで環は働いています。

    スナックの常連客が、落としたい上玉の高橋圭吾。

    圭吾は、婚約者と両親に紹介したいと、環の画像を送ってました。

    環の母は大喜びでしたが、環は気が気でない。

    圭吾からも、兄と何かあったの?と心配されます。

    そしてスナックを貸し切り婚約パーティー。

    環は自分に言い聞かせ、開き直る事にします。

    会は始まりました。

    あいつはどこ?

    環は、圭吾の兄を探しますが、いない。

    いない。


    、、、あいつどころか、圭吾の「ご両親」らしき姿も、彼の招待客もいない。


    圭吾のスピーチが始まりました。


    「僕たちが出会ったのは10年近く前。街中でした。」

    「僕はまだ学生。そして彼女はキャッチセールスの女でした。」


    デート商法の体験を淡々と語る圭吾。


    あなたが、、、


    「兄貴なんか最初からいない。これ全部僕の復讐なんです。」


    「結婚をエサに釣られる。笑っちゃいます。」

    恥をかかされた環の母は激怒。慰謝料請求とわめきますが、

    「どうぞご自由に。慰謝料ならこれをどうぞ」

    環が売りつけたクズダイヤでした。

    「時間がかかったけど、キミに渡せて良かった。でもあの時と違うのは、僕が騙そうと思って近づいた事かな」


    おわり。


    感想。デート商法は、昔からありますね。

    今作品は、婚約者の兄が昔騙した相手だったら?です。

    まさか、本人とは。

    用意周到。演技派俳優。みんな騙され、鮮やかに仕返しは決まりました。

    開き直った環ですが、圭吾はその上を行っていました。

    物語の中で、ケリがついて良かったと思います。

    7人の方が「参考になった」と投票しています

  8. 子捨て母の詩 へのレビュー

    評価:3.000 3.0
    1〜4話。やっぱりもどかしい。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    京子編を読みました。


    1〜4話。ネタバレ感想ご注意ください。


    いつの時代の話だろう。80年くらい前の話かな。

    主人公の京子は、夫の暴力に耐えかね、4歳くらいの息子の高志を残し、一人夜逃げをします。


    高志の事は心配だけど、夫から逃げるにはこうするしかなかった。


    京子は料理屋で働きはじめます。そこの女将が良い人で、京子の理解をしてくれました。

    そして働いたお金は、近所の仲の良い人を通して高志に渡りました。


    京子は高志の成長を影からじっと見守ります。

    そして小学生へ。

    ずっとずっと見守りました。私が出来る事はお金を仕送りする事だけ。


    高志が小学校を卒業して丁稚に行く頃、夫が病に倒れ急逝しました。

    電報で知り、あの逃げた家に行きます。


    数年ぶりに対面した京子と高志。


    高志は、京子がお金を渡してた近所のおばさんに事情を聞いており、

    「これからは一人でやっていけるから。お金は大丈夫です。」

    と言います。


    13歳になった高志の表情を見て悟った京子は、会いに行く理由を無くしてしまいました。

    そして京子は仕事はがんばるのですが、3年後ついに京子自身が病に倒れ、


    女将が高志を探して、母と息子は再開。


    高志は謝ります。「僕は何もわかってなかった」


    母と息子は、わかりあえましたが、


    京子はそのまま穏やかな顔をして息をひきとりました。


    おわり。


    感想。京子さんの気持ちはわかる。わかるけど、


    やっぱり悲しいし、もどかしい。


    最後女将が言ってました。

    「どうして苦しい道ばかり歩くの!」


    、、、京子さん。子を残して逃げた負い目があるかもしれない。

    夫の暴力の前に足がすくんだのかもしれない。時代もあるでしょう。


    それでも、、、


    親子なんだから、もっとガツガツ会いに行っても良かった。


    夫婦は他人です。子供の前で露骨にやり合うのはどうかと思うけど、夫婦は憎しみあえばいい。

    でも親子は。ずっと親子だから。


    子供の時に引き裂かれるのは良くないと思う。

    子はかすがいです。


    憎しみあっても、子供の前では一時休戦。

    それでいい。

    7人の方が「参考になった」と投票しています

  9. 1〜2話。中盤健闘。新聞を読むエリカ。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    おばさんアゲハ嬢〜12年ぶりの水商売はイタかった〜を読みました。


    1〜2話。ネタバレ感想ご注意ください。


    主人公、水原優香(36)は社長夫人で贅沢な暮らしを満喫していましたが、夫の会社は倒産。
    パートに出て働くなんて惨めだから、夫と離婚。

    昔のツテで12年ぶりに、ホステスに復帰しましたが、

    想像以上にお客のウケは悪く、若い同僚からも嫌われ惨めな日々。

    わかってたはずだけど、ここまで嫌われるとは。


    優香は、歳相応の振る舞い。話を聞いてくれる熟女を演じ、少しづつ立ち位置を固めていきます。


    ある日、銀座ナンバーワンホステスの川島エリカが同じ店で働く事になりました。

    嫉妬する優香。

    エリカの接客は素晴らしく、外国人VIP客に新人が飲み物をこぼした時の対応。

    英語で平謝り。新人にはシミになるからと怒る事なくドレスを着替えに行かせました。

    新人も感激。


    エリカの株が上がり面白くない優香。


    ある日、エリカが新聞を何紙も読んでいるのを見た優香は言いました。

    「大変じゃない?嫌にならないの?」

    エリカは「いいえ全然。私接客業が好きなんです。お客様は職種も国籍も色々だから、楽しんでいただくためには努力しなくちゃ」


    スキがない、、。


    優香はでっちあげる事にしました。

    客にエリカの悪口を吹き込み、デートの約束も勝手に決め、知らないエリカにすっぽかされる。

    、、、エリカは気づいてたと思う。なぜかあたしを非難しなかった。

    結局全部バレてクビ。優香は完敗を認め、つきものが落ちました。


    今は近所のスーパーでパート勤務。年の割には綺麗だと近所で評判との事です。


    おわり。


    感想。想像通りの展開。優香も36歳だからこそ出来る接客をしたところまでは、良かったのですが。

    エリカの蹴落としには失敗しました。


    エリカが凄い。20代前半女性で新聞を何紙も熟読。嫌々読んでる感じもなく、頭に入っている様子。

    ビジネスマン顔負け。


    やっぱり立ち振る舞い。エリカは自然にすっと出てくるから、みんなファンになるよなぁ。

    みんな細かい仕草とか結構見てて、態度に出たら負け。

    優香はパートはうまい事やってそうで良かった。

    嫉妬さえしなかったらまだ出会いのチャンスありますよ。美人の独身36歳。単体で見たら綺麗だし。

    5人の方が「参考になった」と投票しています

  10. 「かわいそう」を売る女 マリア35歳 へのレビュー

    評価:3.000 3.0
    1〜3話。シノブは彼でしょ

    ネタバレありのレビューです。表示する

    配信3話、読みました。


    ネタバレ感想ご注意ください。


    動画配信で私生活をさらけ出し、息子の学校や元旦那のアパートまで突撃ライブ中継までする、マリア35歳。

    母親が親権取れないってよっぽど。

    しかも会うなと念書まで。


    それで調停決着ついたって、どれだけ母親に非があったのか?前作読破してないので、わかりませんが、察しはつきます。前作見ればわかるけど、虐待、ネグレクトだったのですか?


    子供に会うようけしかけたのは、SNSのシノブ。

    街で偶然、ファミレス店員とアクシデントから会い、マリアはそこに就職までしてイメチェンまでしますが、、

    マリアは彼に恋したな。


    一回り下の男に恋なんて、絶対マリアが不利だと思いますが、、

    彼、不敵な笑いをしてるよ。わかりやすい。彼がシノブだ。

    ファミレスで働くのは健全でいいじゃない。

    私生活の切り売り動画配信は、ちょっとなー。引く。

    旦那も迷惑。息子も困惑。


    マリアが幸せになりそうな気がしない。

    シノブに騙されてさらに悲惨になりそう。

    子供のために親らしい振る舞いが、マリアから見えて来ません。

    どうにもマリアが良くなりそうな気がしない。

    ファミレスが務まればまだ救いあるけど、彼、シノブがいるからなぁ。絶対、騙されそうだ。

    4人の方が「参考になった」と投票しています

全ての内容:★★★☆☆ 1 - 10件目/全106件