priさんのレビュー一覧

priさん

レビュアーランキング  2425

  1. 評価:5.0 8件
  2. 評価:4.0 31件
  3. 評価:3.0 8件
  4. 評価:2.0 1件
  5. 評価:1.0 1件
レビュー投稿数:49件
ネタバレあり:3件
ネタバレ無し:46件
参考になった数:34
参考になった割合:83%
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全49件
内容で選ぶ
評価で選ぶ
読み込み中
エラーが発生しました。
再読み込みしてください。

※このページはネタバレ非表示のページです ネタバレありのレビューを見る

  1. 王様ランキング へのレビュー

    評価:4.000 4.0
    キャラクターが活き活きしていて楽しい

    絵本のようなイラストとメリハリのある展開で、キャラクターが活き活きしていて読んでいて楽しい。
    かわいいビジュアルだけではなく、それぞれの思惑や悲しみや怒り、喜びなどがストレートに伝わってくるし、お話もどうなるんだろう? という展開に、もっともっとと続きが読みたくなる作品。

  2. 価格を考えると内容が薄い気がします

    ものすごく好きな作品がある一方で、最近は当たりはずれが大きいので今回はどうかな…高価格だけど…と思いつつ購入しました。1-6話セット、とありますがひとつの話を別媒体で連載していたのでしょうか? シリーズものの話ではなく6話でひとつの話、それが1200ptです。TL小説1冊にこの価格…ページ数もそんなに多く感じません…。
    感想としては、ヒーロー/ヒロイン/ヒーローの姪、という主要登場人物3人ともが大切な人を失い、心に傷を負いながらも家族としてお互いを信頼して前を向いていく、いいお話でした。ヒーローも甘いし、姪っこちゃんも明るくていい子。ヒロインも誠実で芯がしっかりしているので、応援したくなります。
    ただ、目が見えないならほかの感覚が研ぎ澄まされるから、見えなくても人からの視線は感じるものなのに、ヒロインは普段はまったく感じず、都合がいいときだけ視線を感じるというちょっとご都合主義的展開でした。連載だったのか、最後の6章(単話だと6話なのかな?)のベッドシーンが異常に長いのもバランスがいいとは思えず…。
    あとは、ヒロインの父はいい人なのに、養母はひどいので、なんだかなあという気もします。
    全体としてはよくまとまっているし、構成も上手だけど、わりと無難で平均的、それに対してこの価格かあ…という気がします。

    1人の方が「参考になった」と投票しています

  3. 深夜のダメ恋図鑑 へのレビュー

    評価:3.000 3.0
    そうそう! と刺さる言葉オンパレード

    初めてこの漫画家さんの作品を読みましたが、「そう! それ!」と刺さる言葉オンパレードで笑っちゃうし、言語化してもらえてスッキリします。出てくる問題すべて「わかるーーー!」ということばかりですごい(苦笑)
    セリフの印象が強すぎるのか、登場人物の名前はぜんぜん覚えられないのですが(苦笑)、毎回短編みたいなものなので問題なく読めてます。

    この方のほかの作品も読んでみましたが、タイトルと中身が合っていなくてあんまり印象に残らない作品が多いのですが、この作品だけは強烈ですね。

  4. かわいすぎる男子がお家で待っています へのレビュー

    評価:4.000 4.0
    テンポがよくて楽しい

    ひとまず1巻分を読みました。
    かわいい系男子とクールバリキャリ女子という設定が、ためこうさんの『ジェンダーレス男子に愛されています。』に似ているけれど(絵柄もときどき似ている)、こちらはオタク友達の関係から…という恋の発展要素があるのがいいアクセントになってると思います。
    この作品単体で見てもテンポがよくて読んでいて楽しいです。続きも気になるので、引き続き追っていこうと思います!

  5. 輝夜伝 へのレビュー

    評価:4.000 4.0
    大胆にアレンジされたかぐや姫話

    とりかえばや から続く平安男装話、かぐや姫の大胆アレンジ作品。
    大御所作家さんなので、絵も演出も美しく、構成も安心して読めます。お話はかなりSF化してきている気がしますが、続きを楽しみに待っています。

  6. とりかえ・ばや へのレビュー

    評価:4.000 4.0
    どうなるんだろう…の連続

    大きな事件が立て続けに起こり、どうなるんだろう…というドキドキハラハラの連続でした。絵柄も美しいし、演出もドラマティックで、引き込まれます。読んでよかったです。
    漫画家さんがあとがきで書いていらっしゃいましたが、ラストは古典原作を大幅にアレンジしているみたいですね。たしかに少女漫画としてはこういうラストになるよなあ、さすが大御所作家さんだなあと。
    大団円のハッピーエンドでよかったと思う反面、やはり個人的にはヒロインの前妻と浮気男についてはものすごくモヤモヤしますね……苦笑

    2人の方が「参考になった」と投票しています

  7. 騎士は悔恨に泣く へのレビュー

    評価:4.000 4.0
    再読しても泣いてしまう

    ネタバレありのレビューです。表示する

    構成も文章のクオリティもとてもよかったです。イラストも美麗で、作品の世界観をさらに高めていた気がします。
    ヒロインがヒーローに別れを告げる場面、出産後目覚めないヒロインにヒーローが涙ながらに語りかける場面、再読しても泣いてしまいます。

    ☆4にしたのは、
    ヒーローの相棒が育ちも性格もいい有能な人だけど、その人にクセのある女性への恋愛設定は入れなくてよかったのでは…と。お話全体がいろいろ濃いので、そこまで入れちゃうとちょっと濃度が濃いかな…。
    それと、引きこもりで臆病で家のこともしてこなかったくらいの世間知らずなヒロインが、孤児院設立に向けて最初から順序よく抜け目なく動けていたのが疑問です(苦笑)。そこまで有能なのはなぜ…? というちょっと違和感。
    あとは、ヒロインは隣国の王弟殿下の孫なのに、お爺様との交流はなにもないのかな? ヒーローのお姉さんもその後会えたのかどうかも気になります。それぞれ一文程度あれば納得感も出たのにな、と。最後のヒロイン父のあっさり感も物足りないかも。

    それでも、全体としてとてもいいお話で満足です!

  8. 地味系夫の裏の顔 へのレビュー

    評価:3.000 3.0
    細部に雑さが散見されて残念

    ネタバレありのレビューです。表示する

    明るくて無鉄砲なヒロインと二面性ヒーロー、王室の陰謀話で楽しかったです。
    最初からヒントは出ていたので、犯人も諜報部員も推察できますが、それでも犯人判明まで「本当にあの人が?」とうまく疑惑を残したまま読ませてくれる展開でした。

    ただとても残念なのが、世界観や整合性が取れていなかったり、展開の粗さがあったり細部の雑さが散見されます。

    ・18-19世紀欧州世界観にリップ音という安っぽい現代語
    ・欧州世界観なのに悪鬼という東洋世界観の単語が何度も出てくるうえ、悪魔/魔物/妖精という西洋世界観の単語ももちろん出てくるその整合性
    ・ヒーローの体臭が夕立前の風の匂い→夕立後の風の匂いに変わっている(そもそも夕立後の匂いは水に濡れた青葉のムワッとしていて強い匂いですよね…)
    ・ヒロインは両親の馴れ初めは王宮で恋に落ちたと聞いている→政略結婚だと世間もヒロインも思っている設定に変わっている
    ・ヒーローは肌荒れのために薬草茶を飲んでいる→体臭を消すために飲んでいる設定に変わっている(薬草茶に体臭を消す効能があるとは一切ふれられていない)
    ・ヒーローが恋を意識したのはヒロインに2度目に「臭い」と言われてから→実際は「におう」と言われている
    ・ヒーローが恋を意識した数時間後に求婚している時系列の違和感
    ・市場をひとりで歩く危険性についてひどく納得していたはずなのに、またおなじようにふらふら歩き出すヒロインの違和感(2度目があるならそれは強い動機やきっかけがないと展開として厳しい)
    ・救出劇の際、ヒロイン溺愛の兄の描写が一切なく、どうしていたのか強い違和感
    ・犯行の原因となる「王はなぜ王妃を最初から愛さなかったのか/結婚後1ヶ月もしないうちに側室を迎えたのか」があっさりしすぎ&言及なしでモヤモヤが残るうえ、納得感が薄く作品の完成度を著しく下げている…精神の危険性を感じるエピソードを入れるとか、この作家さんの技量ならできたはずでは??

    担当編集者はしっかり仕事して欲しいです。
    あとは、この作家さんは穏やか/たおやか/物腰の柔らかい人物描写やそういう雰囲気で話が進む展開はとても上手で得意だけど、コメディはすごく苦手なのだろうなとお話の前半を読んでいて再認識しました。
    全体としてのお話は好きなのに完成度としてはすこし残念でした…。

    6人の方が「参考になった」と投票しています

  9. 魔王陛下のお掃除係 へのレビュー

    評価:4.000 4.0
    絵もかわいいし、とにかく丁寧

    絵も構成もテンポもよくて、そしてとにかく丁寧に描いているなあ、という感想。読んでいて楽しいし、キャラクターの明るさも心地いいです☆
    最近辟易するほどある前世云々ではなく、古からよくある異世界トリップだけど、お掃除を軸にしたお話もユニークで好感が持てます。
    魔王様がかっこいいし、サクラはかわいいし、続きがとにかく楽しみです!

  10. 書生 葛木信二郎の日常-黒髭荘奇譚- へのレビュー

    評価:3.000 3.0
    よくまとまっていておもしろかった☆

    これがデビュー作? 初連載だと見かけたのですが、そうとは思えないくらい全体構成や展開などが安定していて、最後まで楽しく読めました。
    若干、コマ割りやセリフなどが読みにくいところはあったけれど、大事なポイントはしっかり押さえられていたのでそこまで混乱しませんでした。
    終わり方もきれいに終わっていたので、読み物としてまるっと楽しめました。

全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全49件