ごとうふさんのレビュー一覧

ごとうふさん

レビュアーランキング7549

  1. 評価:5.0 4件
  2. 評価:4.0 2件
  3. 評価:3.0 2件
  4. 評価:2.0 3件
  5. 評価:1.0 0件
レビュー投稿数:11件
ネタバレあり:11件
参考になった数:6
参考になった割合:86%
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全11件

※このページはネタバレ非表示のページです

ネタバレありのレビューを見る
  1. 背徳の恋鎖 へのレビュー

    評価:5.000 5.0
    病んでます

    ネタバレありのレビューです。表示する

    葉月さんの世界観と主人公カップルの掛け合いが好きで、色んなレーベルの作品も追っかけて読んでます。
    今回は「病んでる」お話がウリのソーニャ文庫さんだったので、どうなるかドキドキでした…!

    アリーシャの無垢な真っ白い想いが、じわじわ意識しだし、そしてオジサマ色に染まっていく過程にドキドキしました。
    あと、活発に行動してる姿は可愛いなと思いました。きっとモデルになってた絵は素敵な仕上がりなんでしょうね〜。
    健気にオジサマを追う姿も健気です。

    一方、オジサマのグレイも不幸な生い立ちというハンデがありつつも、かなりの色男。
    人妻であろうが、未亡人であろうが、パクパク味見しているシーンもあります。
    そのままの激情の勢いで主人公へぶつかるかと思いきや、アリーシャに対しては鬱屈とした愛情を抱えていたり。
    無自覚な期間も含めて、長期間あたためてきた想いだったのかなと。
    限界越えてしまうと、感情が暴走してしまうので、全力でアリーシャ逃げてぇぇぇ!と思ってしまう場面も多々有ります(苦笑)

    夜の営みは、濃厚で描写にリアリティ満載。
    致している回数も多めなので、そういった物を好む方も満足するのでは。
    無理に多いというわけでもなく、ストーリーに馴染んでいる所が凄い!だから葉月さんの作品好き!!
    イラストも繊細なタッチで好きです(^O^)v
    アリーシャとグレイ共々美人さんで、目の保養になりました。
    表紙の伏線っぷりは、凄いですね!

    内容的には、王道の禁断愛だけかと思いきや、最後に怒涛の展開が。
    ちょっと動悸が…( •̀ㅁ•́;)そうきたか!(ソーニャさん本当に幅広いですねぇ…。侮ってました;
    修羅場も数度登場していますが、ラストの修羅場は怒涛の勢いでした〜!想像もしてなかったですよ、本当に。
    良い意味で裏切ってくれてビックリです。

    いちゃいちゃキャッキャッ♡ な内容を求められてる方にはオススメ出来ませんが、内容はピカイチです。
    病んでる人のお話に抵抗のない方、しっかり作り込まれた世界観を味わい方にぜひ。

    葉月さんの作品は、古典和風や中華等の幅広い世界観を楽しめる物が多いです。
    登場する人物達も魅力的で、もちろんいちゃいちゃ甘々な内容もあったりと、毎回新作が待ち遠しいです。
    他の作品もオススメなので、電子書籍化が進めばいいのにな〜と感じます。
    めちゃコミさんお願いしますーっ!

    4人の方が「参考になった」と投票しています

  2. アブノーマル

    ネタバレありのレビューです。表示する

    年上眼鏡キャラ+敬語遣い+スーツという点に惹かれて購入しましたが、王道好きな私にとってはイマイチでした(^_^;)

    主人公の美羽子は、元カレ(幼馴染)による言動でコンプレックス持ち。痛い考えの人が多い会社ではあるものの、しっかり者かつ柔軟な性格に好感をもちました。そんな性格だからこそ、上司の愚痴も親身に聞いてあげた挙句、美味しく戴かれてしまうのでしょうか…。

    一方、上司の斗真も、会社では無口で部下の気遣いも出来る仕事上手な人。こちらもコンプレックス持ち。毒親由来なので主人公よりかなーーり根が深く、しかし反動として心許した人には執拗に求めてしまう愛情と執着心。そしてお料理上手!

    主人公の不感症と、上司の特殊な性癖をすり合わせた結果、本人達も言ってますが傷の舐め合いから始まる関係です。
    しかし、上司の口調が優しいからといって、必ずしもプレイ自体は優しくないわけで…話の進行上仕方ないかもしれませんが、男性に対して極度のトラウマ持ちの主人公が最初から流されすぎでビックリしました(え、そんなに軽いトラウマだった!?

    そんなこんなでお互い身体の関係も保ちつつ、デートをしたり気になる雰囲気は出しながらも、忘れた頃に斗真から突き放す様な発言(無意識でどんだけ主人公傷つけてるのっ;;
    やってきました、じれったい雰囲気の時に現れる元彼(しかも幼馴染)!絵に描いたようなダメ男だがイケメン。しっかり者の主人公は、元鞘を提示されてもストーキングされても拒否。最後には幼馴染として説教、主人公が自力で軌道修正させる所が漢前。
    逆に斗真は、幼馴染の出現がなければ彼女への想いも自覚しないままズルズル関係を続けていたということで…(*_*;本当にその男でいいの!?

    小説という夢物語だからこそ許される利己的な行動が終始目立ってる印象です。美羽子ちゃんがどMじゃなかったら…(だから逃げられるんだよって突っ込みたい←
    行為自体もかなりねちっこく、回数も多いので、そういう手の物がお好きな方には良いかも。
    個人的にはロープやチェーン、濃厚な躾シーンが厳しかったです(*_*)

    最後までゴールインするかしないか決定的で無かったのもモヤモヤする点です。どっちなんかーーいっ!
    アブノーマルな道具とモヤモヤっぷりに-☆☆。
    折角線が綺麗な絵なのに、構図が陳腐でやたら余白が多かったので-☆です。惜しい…!

    2人の方が「参考になった」と投票しています

  3. 契約のキス 大富豪と貴族令嬢 へのレビュー

    評価:5.000 5.0
    王道シンデレラストーリー

    ネタバレありのレビューです。表示する

    かなり昔に作者さん買いした一冊。
    王道の物語好きさんにはオススメの本です。

    かなりの毒親を持ち、苦行の生活を強いられている主人公のジュリア。
    家事全般をこなすだけでなく、食費さえ切り詰めすぎて、かなりほっそりめな身体。
    そんな環境の中でも、ひたむきに生きるたくましさは◎。
    学宿舎時代に知り合った後輩の女の子の披露宴パーティーで、実業家のエリックを紹介され知り合いに。

    会社運営の中で貴族社会のルールというか、習慣や価値観に辟易していた所に、ぽーん!とドストライクな女の子が腕の中に飛び込んでくる、と。
    会社は順風満帆で、そこそこ女遊びを嗜んでいた良い大人が、10歳も年下の好きな子とどう距離感を掴んでいったら良いのかと悩んでいる姿がイイですね!(≧∇≦)b
    執事さんにどうしたら良いのかと相談してたと妄想するだけで美味しいです!当初は資金援助するだけのつもりだったのに、エリックはあれよあれよというまに好きになって…♡
    距離感を縮めようと悩んでいたという割には、あっという間に手を出しちゃったりするわけで(*´艸`*)自分色に染めていく〜♪

    ヒロインのジュリアもただ流されるだけでなく、お世話になる中でメイドさんや執事さんらと良好な関係を築いていたり、何が出来るのかを考えたり。
    毒親色に染まっていなくて、逆にビックリ。きっと育ててくれた使用人たちが有能だったんでしょうね。

    端からみれば両思いなのに、本人たちだけがチグハグな感じは、皆さんヤキモキしたでしょうね(笑)
    結婚後に子供が産まれても愛に溢れたお屋敷になるでしょうね。最後までハラハラすることなく、安心して読めるシンデレラストーリーは流石、永谷圓さんって感じです!

    王道なお話が好きな方にオススメな作者さんですよ〜。他の本も好きです。
    イラスト担当のすがはらさんも、カッコ可愛いイラストを描かれるので好きです(*‘ω‘ *)
    8年前の作品ですが、定期的に読み返したくなるストーリーです。

  4. 恋楔 勇将の熱愛に甘く溺れて へのレビュー

    評価:5.000 5.0
    素敵な年の差カップル

    ネタバレありのレビューです。表示する

    作者さんの追っかけで購入しました。
    イケオジ最高ですなーーー!ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧

    両親の代わりに育ててくれた、兄の様な父の様な存在のオジサマに恋心を抱く鈴麗。
    すくすくと豊富な知識を吸収し、綺麗になっていく姿が、オジサマ的には微笑ましくもあり誇らしかった反面、色目を使う若い連中を蹴散らすのも大変だったでしょうね(笑

    対して、男盛りなオジサマはモテモテで、大人の余裕を感じさせてくれます。
    しばしば、年老いたかの様に発言してますが、いざ問題が興ると前線に飛び出していくあたりは、若々しく感じられました。
    ザ・頼れる上司!てな感じですね。

    共にお使えする銀朱の存在には、流石に子竜も焦ったのかなと。
    母や姉に対する憧憬から恋心へと移る過程を、鈴麗で目の当たりにしてますからね。
    結婚後も共にお使えしたのかな、どんな大人の男性に育ったのかな、と続きがとても気になりますね〜!
    皆が諸手を挙げて、色々と教えてそうで。好きな人が出来た時に鈴麗と子竜夫婦に相談するのかな、とか妄想が膨らみます(*˘︶˘*)続きが欲しい…!

    内容もほど良いボリュームで、めちゃ甘な内容です。
    他作品のあとがきにも、作者さんがお眠りゴニョゴニョが好きだと明記してあったので、その点も含めて多彩な交接だなぁと思いました。
    鈴麗を可愛く思う余り、どSっぷりが発揮されてない部分もあったり。
    結婚後は滋養強壮のお薬が鈴麗には必要となるでしょうね…頑張って!
    全体的に愛のある表現と王道の年の差カップル話で、定期的に読み返してます。
    イケオジ最高…栄養補給にバッチリですよ!

    イラストも綺麗で、作風にぴったりでした♪
    馬に乗ってる姿があったのは嬉しかったです(馬かわいい…!
    イケオジが大好物な方は読んで損はないと思います。オススメですよ〜!!

  5. あまあま王道

    ネタバレありのレビューです。表示する

    作者さん買いしました。
    うーん?と思う作品も稀にるのですが、今回は購入して◎でした♪
    王道な物語好きさんにはオススメです。

    ハキハキ明るい王様と、内向きがちな王女様のお話で、安心して最後まで読めます。
    王様も溌溂してるというだけでなく、少年時代の不遇な扱いや周りの環境もあって、さりげ無く助けの手を差し伸べたりする気遣い屋さん。
    王女もただジメジメ嘆くという感じではなく、特技を使って自分の出来る事を精一杯頑張ったり。徐々に持ち前の知性的な姿と優しさが発揮されている姿が、とても可愛いく感じました。
    さり気なくお互いのの憂いを晴らすべくサポートしあってる姿にも、とってもほっこりしました♪
    大人な表現も程良く、物語もさくさく進みますのでさっくりした読み心地だと思います。

    二人の新生活や、将来増えるであろう子供達を追加したお話も読みたかったです…!
    それから、弟組カップルの詳しい馴れ初めやその後も是非是非読みたいです。
    叔父様を含めて、王様の少年時代のエピソードも欲しいです。叔父様も絶対イケメンだと思うんですよねぇぇぇええええ。
    切実に続編を希望です!

  6. 一途な深愛 薔薇の庭で抱きしめて へのレビュー

    評価:4.000 4.0
    献身的な愛

    ネタバレありのレビューです。表示する

    幼い二人が惹かれ合い、花言葉をもじって想いを伝え合うシーンがとても微笑ましかったです。

    その後彼が事故にあい、絶望からの療養という名の引きこもりに。
    彼なりに描いていた人生設計が、事故で狂わされた訳ですから、ショックは大きかったのかなと思いました。
    そんな彼からの迎えをひたむきに待っているだけかと思いきや、持ち前の行動力を発揮したヒロインに拍手。
    病状を心配していた気持ちを押し付けるという感じではでなく、後遺症で臥せっている彼を少しづつ日常生活に導いている姿も好印象でした。
    心因性の後遺症ですから、ヒロインの存在は大きかったのでしょうね。
    彼が前向きになってからは、前向きな性格を取り戻しつつ、愛も育んでいる過程が良かったです◎
    営みは怪我の性質上、どうしても女性上位になってしまいますが、表現豊かに描写されてますので飽きませんでした。

    時折登場する飼犬のアーロンも可愛いさ炸裂しており、犬好きとして、わしゃわしゃ撫でてあげたくなりました♪

    イラストレーターのCielさんは、常に素敵な作品を発表されてますが、今回も幼い二人を始め、美麗な二人が描かれていて大満足です。
    物語の鍵となる薔薇も、沢山書き込まれていて見応えがあります!
    人物だけでなく、背景や小物もしっかり描写されている所が大好きです。

    最後に。
    他のレビュアーさんも仰る通り、フレデリックの回復速度は物語の都合に合わせてるかもしれません…。あと、成人男性を乗せた車椅子(+荷物付)をあんな長距離移動させるのは、無理があるかなぁ…ということで-☆です;

    それでも、ほっこりした物語を求めている方にはオススメです(^O^)v
    王道万歳!

  7. 変態ちっくな雰囲気

    ネタバレありのレビューです。表示する

    作家さん買いしてる方の一人なので今回もポチりました。
    甘々な雰囲気満載が好きで追っかけてます。

    今回の主人公は、男性慣れしていない静かなお嬢さん。そんなヒロインに対して、大人なスキルカンスト済みな官能小説家のカップルのお話です。
    最初は婚約者のフリ…といいつつ、ヒロインの魅力に惹かれていく過程が読んでいて微笑ましかったです。
    また主人公も、ただ大人しいというだけでなく、妄想力も逞しく、好きな人に対してだけ積極性が感じられる姿も可愛いなと感じました。

    大人なシーンは多くはないのですが、官能小説家+ちょこっと変態さん相手なので、露骨な表現がそこかしこに散りばめられれますので、とても印象に残ります(笑
    直接的な言葉遣いと特殊なシーンもあるので、その辺は好き嫌いはあるかもしれません…。
    無理矢理とは異なって愛のある行為ですので、ハードルは低めかな?とは思います。

    所々に出てくる和風な雰囲気が良かったです(*´ω`*)和菓子食べたくなりました。
    大人で職業柄なまじ経験と知識がある故に、誰にも相談せずに突っ走ってしまう官能小説家さんも人間味があって良かったです。
    ヒロインの思いやりと柔軟性で上手くカバー出来ていています。

    欲を言えば、着飾るなら和装が良かったなぁ…と。
    それから、最後は一気に結婚式まで飛びましたので、結婚式準備中のお話や、ヒロインの同僚さんとのお話、出産後もとても気になります。
    あとは、編集者さんとの小話も読んでみたかったです。

    今回も購入して良かったです。
    特殊プレイと卑猥な言葉遣いがちょっと苦手あので-☆です。

  8. 人形姫☆求婚物語 へのレビュー

    評価:3.000 3.0
    共依存性

    ネタバレありのレビューです。表示する

    作者さん買いです。
    永谷圓さんのほっこりする世界観が好きで購入していたのですが、今作はちょっと微妙かも(^_^;)

    娼館で産まれ育った主人公のカティア(母は娼妓)。
    ある日突然襲撃され、拉致されてオークションにかけられてしまいます。しかし、大富豪のアシュラフに高値で買われます。

    アシュラフ所有の別宅にて飼われる生活。使用人さん付きの何不自由ない生活の毎日。
    優しく接してもらい、一緒に美味しいものを食べ寛ぐ毎日。妻を娶らないと周りが煩いから、といいつもリスのようにもぐもぐ食べるカティアを餌付けすることで癒やされているのかも?
    アシュラフ自身も生い立ちが難しいなかで、ひたむきに愛情を伝えてくれる存在は貴重なのかもしれない。

    立場的には夫婦という形にはなっているけれど、共依存という感じは否めないかも。まぁ、2人だけの世界っていう見方もあるかもしれませんが(*_*;
    そういった依存性のある物語が好きな方にはオススメな作品です。雰囲気は軽い感じなので、仄暗さもそこまでないです。

    最後まで屋敷の中から出る出ないという話だけで終わってしまい、物足りなかったので☆-2にしました。
    イラストは女性誌ぽい雰囲気で、可愛いです。

  9. 強引な異国王子

    ネタバレありのレビューです。表示する

    作者買いしました(*‘ω‘ *)

    幼い頃に父に連れられ外遊していた王子のダリウス。
    その際、とある国の市場で迷子、ふと出会った年上女性に一目惚れ。
    結婚が求められる年頃になる。ハーレムの習慣を嫌がり、即位までに一人愛する女性条件と結婚すればハーレムを解体できるという権限を満たす為に、過去に一目惚れした女性を探しにお忍びでやってくる。

    一方、没落貴族の令嬢であるヒロインのオリアーナ。
    父は貿易関連の仕事で遠くに赴任、母は亡くなっており、屋敷に一人で生活している(物騒極まりないのに、父親何考えてるんだろ;と思ったり。しかも生活費もなにも渡してないのか??)
    しかも家庭教師として自立していたりと、家事も上手なお嬢さん。

    空腹で倒れていたダリウスを助け、出会った事から物語が始まります。
    ご主人様感を出すダリウスと、しぶしぶお世話をするオリアーナ(しかも胃袋はがっちり握っているw)
    いい歳の男女あひとつ屋根の下で生活しているのですから、あれよあれよという間に良い中に…♡

    探していた女性と関係があると判明していたり、権力が充分あるにも関わらず、無理に国に連れ去るという事しないダリウス。本質では相手の事を尊重し、敬う姿勢にヒロインも惹かれたのかも?
    行動的なヒロインですから、置いていかれても飛んで追っかけて行っちゃいます(*‘ω‘ *)周りのフォローも良いですよね〜♪

    二人の関係性は終始ラブラブで、安心して読んでいられました。王道ですね!
    致している間の表現がかなり独特で、ん?と思う箇所もあるのですが、ヒロインが幸せそうなのでまぁ良しとしましょう!

    最後の最後で放置三昧だったくせに「いつでも帰っておいで」という父に違和感しかなかったので☆-1しました。
    イラストのSHABONさんは今では綺麗なイラストを描かれてますが、本作ではパース狂いがとても酷いです(*_*; 手がやたら大きくてビックリ。なので☆-1。
    さら〜っと読み流すにはピッタリな内容でした(^ν^)

  10. 難しい関係

    ネタバレありのレビューです。表示する

    国王である従兄弟のセルジュに想いをよせるエレノア(ヒロイン)。
    幼い時に約束をした事から、ご主人様とお人形という形が続く。セルジュの束縛欲と庇護欲を一身に受け、無垢に成長したエレノア。

    そんな二人の世界観に、心配という仮面を被ったセルジュの姉のリディ、そしてヒロインの母が関係を引き裂こうと画策する。
    同性であるから痛みが分かる、女性はこうあるべきである(過去に自分も同じ道を辿った)という凝り固まった考えで、結婚相手を充てがう。しかも、既成事実OKという強硬姿勢すぎて引きました(^_^;)余りにも無垢なエレノアが可愛いを通り越して羨ましい?
    最後にはセイジュの側近まで加勢し、ピンチなヒロイン。頑張れ!

    国王としての立場から、結婚も公のものであるという設定は理解できるのですが、何故そんなに二人の関係が禁忌なのかがイマイチ理解できない…。
    確信的な事がどこにも書いてないのでモヤモヤ。
    セイジュもプロポーズしたかと思えば、相応さしい相手をパーティーでみつけて幸せになってくれ?(?_?)え?でも結局追いかけてきて、エレノアを捕まえる、の繰り返し。
    結局何がしたいの…(^_^;)?
    身分的には釣り合わないって感じじゃないような?

    TL小説らしく、お互い愛し合う仲の調/教シーンが好きな方には満足な内容です(結構激しい感じなので)
    この作者さん、この手の話が多いですよね(*_*;
    ストーリー重視な方には、イマイチ。なので、☆-3にしました。
    イラストはとても書き込まれていて、ヒロインのお人形さん感も良く表現されてて綺麗でした(*^^*)♪

全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全11件