みにみにまめたろうさんの投稿一覧

レビュアーランキング 2358位

レビュアーランキングとは

作品レビュー
投稿 121件 / いいね獲得 53件
話コメント
投稿 61件 / いいね獲得 0件
  • お役立ち順
  • 全ての内容
  • 全ての評価
並び順
ネタバレ
その他条件
評価
検索条件変更変更しないで閉じる

1 - 10件目/全121件

  1. 評価:2.000 2.0

    懐かしい

    そういえば最終回まで読んでいなかったなと懐かしさから読み返してみたくなった。
    まだこの連載の頃は主人公より若かったが、あまりの恋愛エネルギーの強さに引いたことを思い出した。
    周囲にいた同世代でも、好きと嫌いが極端に分かれる作品だった。
    どんなに話数を重ねても驚くくらい成長しないヒロイン。
    ただ、内包するエネルギーがすべて恋愛に向かっているのは、同じ年代の恋や愛や彼氏に求める女性たちのバイブルのような作品だったと思う。
    最終回を読んで、またループしていくのだろうなとしか感じなかった。
    読み返すことはもう無いと思うが、
    作者がもっともエネルギッシュで、
    描きたいものへの迷いをふっきるかのように爆走しているのが伝わるようなパワーのある漫画だとは思う。

    • 6
  2. 評価:1.000 1.0

    完全なる鬱漫画

    それぞれが勝手に悪く悪く物語を作っては壊して、また同じものを作る。
    ただただ負のループ。
    全く進まない話し。
    最近多い、話の邪魔にならない適当を演出?しているのか、ただの下手なのか、全く情報の無い絵。
    漫画じゃなくてもいいんじゃないかな?
    漫画だからだらだらできる話しだとも思うけど。
    どっちにしても、無料分も途中でやめました。
    どうやら完結はしていない作品のようなので、最終話だけは読むかもしれない。

    • 5
  3. 評価:5.000 5.0

    学校

    どの学校にも幼稚園から大学まで、
    必ずあるお化けや不思議なものが詰まっている空間があり、それが伝統のように語り継がれていく。
    真偽はさておいて、犬木ワールドには、その空間と記憶を繋ぐ扉があるように感じる。
    怖い場所はより怖く。
    恐ろしい存在はより恐ろしく。
    リアルとフィクションを絶妙な加減で織りまぜ、異次元へ誘い、読者の手にその扉の鍵を渡す。
    つまりは面白いけど怖い。怖いけれど面白いという事です。

    • 1
  4. 評価:5.000 5.0

    いいね

    ネタバレ レビューを表示する

    転んだ事に気付かないまま、まっすぐ大人になって、パパになってしまった気持ち。
    泣いている自分の子供の気持ちを必死で理解しようとするパパ。
    夫を理解しようと努力する妻。
    妻にとって良い恋人、夫でありたいと思うパパ。
    そんな夫婦に育てられる赤ちゃん。
    ゆっくりゆっくり家族の在り方を考えるキャラクターに、生きる意味や、自分がそこに在る意味を見つけるヒントが在る。
    そんな作品。
    決して派手なアクションも無いし、
    あるがままの家族の姿を淡々と描いた名作。
    久しぶりに読み応えのある漫画に出会えて嬉しい。

    • 1
  5. 評価:1.000 1.0

    NEW
    これは元夫の俳優と娘と浮気相手の…

    ネタバレ レビューを表示する

    これは多少の脚色や願望が入っているとはいえ、春菊さんの話しですよね?
    そろそろこの手のリピートする価値の無いテーマで漫画を描くのは難しくなってきたのでしょう。
    私生活や、人間関係を切り売りするエッセイで頑張ってください。

    • 0
  6. 評価:5.000 5.0

    懐かしの…?

    この作品、もうそのカテゴリーに入ってしまうんですね。
    でも、今読んでも全く懐かしのではなく、色褪せず面白い。
    ゆりが綺麗になっていく速度はゆっくりだけれど、確実に心の成長を伴って育っていく。
    花屋敷家の姉兄弟、そしてばあや。
    複雑な人間関係がより合わされて絆を結んでいく。
    母親のかたくなな心も、ほどけていく。
    何十年でも読み継がれて欲しい、家族、恋、情。
    この作品を読んだ後は、凪いだ海のように綺麗なものだけが残る景色を見ているような気持ちになる。

    • 0
  7. 評価:5.000 5.0

    人、女、姉妹、母娘

    いつも圧倒されます。
    吉村ワールドのヒロイン達に。
    美しくて美しい。
    醜くて醜い。
    しなやかで、したたかで、逞しい。
    セリフのひとつひとつが生きている。
    空気を感じる景色。
    この作家より美しい景色が描ける作家を私はまだ知らない。
    ヒロイン達が生き生きと呼吸する画面に引き込まれる。
    コマとコマの間に流れる時間さえ感じる。
    まだ途中ですが、どんどん面白くなる。私が好きな数少ない漫画家の1人です。ヒロイン達!がんばれ!

    • 0
  8. 評価:5.000 5.0

    大好き

    この作品は、この後から流行する漫画の種となった作品。
    覚えています。本当に当時はあまりにも斬新な男女の関係。
    この作品の数年後から、似たような漫画が異様に大量生産されて…。
    丁度、この年齢の女性が大人になるってどういう事なんだろう?恋愛ってめんどくさい。でも一緒にいたい。幸せってなんだろう?
    という漠然としたもやもやの迷路で自分の立っている場所に色んな葛藤が散らばっていて、ぐるぐるしてしまう。
    菊ちゃんが嫌いっていう人もいるだろうけど、この漫画が連載されはじめた当時は夢中になって読んだし、
    菊ちゃんに憧れていた。
    懐かしいな。今読んでも凄く面白い。

    • 0
  9. 評価:5.000 5.0

    お母さんになったの?

    ネタバレ レビューを表示する

    あのたたりちゃんかまさかのお母さん!
    最初は本当にびっくりした!
    でもやっぱりたたりちゃんはたたりちゃんなんだなぁ。
    子供までいるとは…。
    まだ読み始めたばかりで途中なんですが、少女のたたりちゃんとの違いも楽しみながら続きを読み進めたい。
    もったいないのは、コミックスと違って、電子書籍には自分のタイミングでの調節ができない事。
    どうしても電子書籍だと、数話戻る事や、印象的なページなんかもタイミングが自分に合わない。
    小説ではあまり気にならないのだけど、漫画は読みづらい。
    紙媒体のようにもう少し調整可能になるといいなと思う。

    • 0
  10. 評価:2.000 2.0

    絵は魅力的

    ネタバレ レビューを表示する

    絵はなかなか好みでした。
    設定も嫌いではないです。
    ただ、実際にあった事件をモデルにしているのがはっきり分かってしまうので、どうしてもオリジナル漫画として楽しめない。
    確かに、法では裁ききれない鬼畜達に、被害者ならばこれ以上の憎しみをぶつけてやりたいと思うだろうとも思います。
    ただ、あまりにも描写がえぐい。
    そこまで描かなくても、十分補える部分を、くどく描くのはなぜなんだろうと頭を抱えてしまいました。
    面白いと思う気持ちより、暗澹たる気持ちが勝ってしまう鬱漫画。
    読後感以前に、読中ですでにギブアップです。
    せめて実際の事件が思い起こされやすい設定からは離れて欲しいと思います。
    あとは好みの問題ですね。
    私には、面白い作品では無かったです。

    • 3
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全121件