メアさんのレビュー一覧

メアさん

レビュアーランキング727

  1. 評価:5.0 4件
  2. 評価:4.0 9件
  3. 評価:3.0 13件
  4. 評価:2.0 15件
  5. 評価:1.0 5件
レビュー投稿数:46件
ネタバレあり:31件
ネタバレ無し:15件
参考になった数:65
参考になった割合:96%
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全46件

※このページはネタバレ非表示のページです

ネタバレありのレビューを見る
  1. “いいね”中毒 へのレビュー

    評価:2.000 2.0

    ネタバレありのレビューです。表示する

    無料分の2話を読んだ。最近SNSで身を滅ぼす漫画が本当に増えてきたけど、どれも似たり寄ったりの話でインパクトがない。この話もよくある主婦のおばさんがSNSに目覚めて夢中になって家族を省みない見栄っ張りの痛い人になる展開。ポイント使ってまでこの手の話は読まなくてもいいと思うようになった。

  2. 胡蝶伝説~復活嬢と地雷嬢~ へのレビュー

    評価:3.000 3.0

    ネタバレありのレビューです。表示する

    桃華が元彼の登場と愛の囁き(笑)に流されないで、自分を貫いたのが良かった。あの場面で元彼の愛に感動!誤解が解けてまた1からふたりでやり直そう…!とかなってたら陳腐でダサい話になってたと思う。
    話数が短いから仕方がないけど、登場人物それぞれのキャラが掘り下げられていたらより面白かったかな。

  3. おひとり様のお気楽地獄 へのレビュー

    評価:3.000 3.0

    こういう漫画は、非常識で甘えた人間がバチかぶってうろたえるのをざまあするための、薄汚い愉悦を満たすためにあると思うので、スッキリする結末になってほしいと思う。まだ1話しか読んでないけど。

  4. 女王の放課後 へのレビュー

    評価:4.000 4.0

    自分の信念と目標にまっすぐな女の子っていいなと思う。主人公は自分の武器を熟知してうまく強かに生きている女の子で、黒いところも裏表の激しさも自分の信念に基づくものだから好感がもてる。展開が都合がいいのは漫画だからこそだし、こういうカリスマ性のある人間はわりと現実でも自分の都合にいい展開に持っていく力がある。

  5. 夫婦別生 へのレビュー

    評価:3.000 3.0

    ネタバレありのレビューです。表示する

    SNSでのわざとらしい幸せアピールってなんだかイラッとするけど、そんな人たちにも裏事情や必死になって取り繕ってる状況があるのかもな~と思った。本作で妻が幸せアピール、夫が裏アカで愚痴、という構図に最初は夫見下してるくせに幸せアピールして妻痛いな~ちょっとざまあと思ったけど、夫も最初から妻を見下してたみたいだしなんの意図で結婚したのかわからず不気味。

  6. やわ男とカタ子 へのレビュー

    評価:3.000 3.0

    ネタバレありのレビューです。表示する

    主人公が喪女こじらせて合コンで喪女ネタで笑いをとろうとしてドン引きされているという痛々しいスタートだった。喪女のわりには美人で身綺麗に描かれてるからなんか違和感あるけど。可愛い友達にコンプレックス抱くのはわかる。そんな喪女に指南をしていくのがイケメンもしくはおネエというのはよくあるパターンだと思う。無料分までの感想だと、続きは特に気にならないのでもう買わないと思う。

    1人の方が「参考になった」と投票しています

  7. 天使なんかじゃない へのレビュー

    評価:4.000 4.0

    古き良き時代の王道学園ラブコメディ。生徒会が舞台、不良っぽい見た目に反して優しく大人びた生徒会長との恋、男女から人気の明るい主人公、個性的な生徒会メンバーたちの恋愛模様…と憧れるシチュエーション盛りだくさん。話はおもしろい。ただ、主人公の翠ちゃんは好き嫌いが別れると思う。

  8. 死役所 へのレビュー

    評価:3.000 3.0

    ネタバレありのレビューです。表示する

    グロい描写は多いけど、淡々と話が進むのと、死んだときの姿で普通に役人と話したりしてるからかそこまで気にならなかった。死んだ者にとってはまさに知らぬが仏、といった死語日談が切なかったりする。死者一人一人の話は完結してるけど、その中で役人の過去がちらほら見えてきて続きが気になる。なんでし刑になった人間しか役人になれないのか、この人物は何をしてし刑になったのかなど気になって続きが読みたくなる。

  9. ゴミ屋敷とトイプードルと私♯ へのレビュー

    評価:3.000 3.0

    ネタバレありのレビューです。表示する

    前作の続きということで楽しみに読んだ。
    サヤの性格の悪さは前作でも描かれてはいたけど、今作では主人公ということでパワーアップ、もはや性格異常。しかし本当にこの作品には善人はいない。サヤが見栄はりの馬鹿女とはいえ、港区会の公衆便所呼ばわりはさすがに胸糞悪いかな。陥れた理由が狙ってた男の婚約者だからって理由も馬鹿馬鹿しいし、同じ穴の狢ばっかり。ミサキの正体はなんとなく読めてたけど、やはりその通りで特に意外性はなし。ミサキもフィアンセがいると言いながら徳井の気を持たせたり、よくわからん女。
    ただ、つい読んでしまう。

    10人の方が「参考になった」と投票しています

全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全46件