独占漫画家インタビュー:もんでんあきこ「漫画の表現には果てがない」

独占漫画家インタビュー:もんでんあきこ「漫画の表現には果てがない」

更新日:2017/11/17 10:00

“まるで純文学のよう”と大きな反響を呼ぶ『エロスの種子』。近現代の退廃的な空気と、美しい線で繊細に紡がれたエロスが見事にマッチした、もんでんあきこ先生の短編集です。ジャンルにとらわれず、さまざまなヒット作を生み出すもんでんあきこ先生ですが、どんな漫画に影響を受けて、どんなきっかけで漫画家になったのでしょうか?

  • エロスの種子
  • “エロス”──理屈や理性では計れない、人間のみに宿る“性”の源泉…… 大学教授の妻でありながら夫には抱かれない女、珠子。 男に抱かれるためだけに生まれてきたような女、鞠子。 花が咲くように美しく成長する女、凜。 愛を貫いた男に愛され尽くした女、マリー。 過ちは人の常、許すは神の業、押し通すは悪魔の…

閉塞的な時代とエロスの融合

――「エロスの種子」 (もんでんあきこ/集英社) では多くの反響を呼んでいますが、ご自身の今の実感としてはいかがでしょうか?

今までの漫画家人生で、これだけの反響をもらったことがないので本当に驚いています。

レビューの更新が楽しみで、毎日サイトを見に行っています。ダウンロードしてくださった方、レビューしてくださった方、本当に嬉しいです! ありがとうございます!

――『エロスの種子』が生まれたキッカケがあれば教えてください。

終戦後の日本を舞台にした「女衒夜話」 (もんでんあきこ/集英社) を描いたことが一つ大きなきっかけになったと思います。それまでも昭和前半の時代背景に惹かれるものがあったんですが、今まで描いてきたエロスの表現がそれと上手く融合した手応えのようなものが、この作品ではっきりと感じられました。それから、この路線をまた描きたいという熱はあったんですが、なかなか描く機会に恵まれなくて…。ふとしたタイミングで、以前から声をかけてもらっていた編集さんに相談したところ、とても興味を持ってもらって「グランドジャンプPREMIUM」(集英社)に掲載が決まったんです。縁とタイミングってあるんだなあと思いました。

戦後の街で女衒をする主人公

戦後の街で女衒をする主人公

女衒夜話
© もんでんあきこ/集英社
  • 女衒夜話
  • 終戦直後の東京――。女をかどわかして売り飛ばすことで生計を立てているキリオと、場末のバーを営む殺し屋の裕也。闇を這いずるように生きる二人の男は、ある女との出会いで運命の歯車をくるわせていった…。

――『エロスの種子』の中で、特にお気に入りのエピソードはありますか?

昭和40年代のストリップ劇場・ロマン座を舞台にした「マリーゴールド」は、資料集めに苦労したので特に思い入れが深いです。ネットで調べて取り寄せようにも、そもそもストリップ関連の本はほとんど絶版なんです。この話を思いついてから2年、地道に集めた資料たちをもとに、何とか形にできました。ロマン座の劇場(ハコ)は、かつて存在していたいろんなストリップ劇場の寄せ集めでできてるんです。

ストリップ劇場・ロマン座の一番人気

ストリップ劇場・ロマン座の一番人気

女衒夜話
© もんでんあきこ/集英社

――もんでんあきこ先生の描かれるキャラクターはどれも魅力的ですが、特に思い入れのあるキャラクターはいますか?

エロスの種子」 (もんでんあきこ/集英社) のお気に入りといえば、「ジゴロ」の井崎六郎(いざき ろくろう)と「マリーゴールド」の林(はやし)ですね。とにかく、やさぐれたオッサンが女で身を滅ぼすという話が大好物なんです。過去作「女衒夜話」 (もんでんあきこ/集英社) しかり…。

元プロボクサーの井崎六郎

元プロボクサーの井崎六郎

エロスの種子
© もんでんあきこ/集英社
ストリップ劇場「ロマン座」の支配人・林

ストリップ劇場「ロマン座」の支配人・林

エロスの種子
© もんでんあきこ/集英社

――様々なジャンルでご活躍されているもんでんあきこ先生ですが、『エロスの種子』のように、青年誌向けの作品を描く際に何か心掛けていることなどはありますか?

以前は青年誌で描く時は背景多め、心理描写や効果は少なめで…と思っていましたが、最近はそんなに意識しなくなりました。肩肘張らずに、自分の呼吸で自然に描けるようになったからかもしれません。絵もお話も情報過多になりすぎず、スッキリわかりやすく表現できるのが理想です。

嵐の夜、先生の若妻と関係を持つ主人公

嵐の夜、先生の若妻と関係を持つ主人公

エロスの種子
© もんでんあきこ/集英社
  • エロスの種子
  • “エロス”──理屈や理性では計れない、人間のみに宿る“性”の源泉…… 大学教授の妻でありながら夫には抱かれない女、珠子。 男に抱かれるためだけに生まれてきたような女、鞠子。 花が咲くように美しく成長する女、凜。 愛を貫いた男に愛され尽くした女、マリー。 過ちは人の常、許すは神の業、押し通すは悪魔の…

――作品の中で、ご自身と似ていると感じるキャラクターはいますか?

どのキャラも自分の要素は入っているものの、基本的にみんな他人だと思って描いています。私はデビューしてからしばらくの間は、話を作るのが本当に下手でした。そこで当時の担当編集さんに指導してもらって、まずは自分が感情移入できるキャラを作り、ストーリーの中でどんな感情を持つか、というのをベースにしながら作ってくことになりました。自分の感性をダイレクトに表現するならそれでもよかったんですが、そうすると同年代の限られた世界の話しか描けなくなってしまう。その限界を越えるのにかなり苦戦したんですけど、ここ数年でやっと物語を俯瞰で描けるようになってきたなと感じます。

漫画家“もんでんあきこ”を構成する三大漫画

――もんでんあきこ先生が漫画家になろうと思ったキッカケ、漫画家になった経緯を教えてください。

子供時代から漫画が大好きでしたが、その中でも強烈に影響を受けたのは、小学校高学年の頃に読んだ『火の鳥』(手塚治虫手塚/プロダクション)と、中学生の頃に読んだ『カムイ伝』(白土三平/青林堂)です。まさに漫画界のレジェンドとも言える大物漫画家の洗礼を10代で受けてしまったこともあり、デビュー前はかなり異色な作品を投稿していたと思います。自分なりに試行錯誤していたんですが、さっぱり結果が出ませんでした。

漫画家の夢を諦めかけていた頃、知り合いのツテで週刊連載中の漫画家さんのアシスタントをすることになったのが、大きなきっかけになりました。その時の先生が、とても楽しそうに原稿を描いてたんですよね。描くことに夢中になっていた頃の気持ちを思い出して、とにかく好きに楽しく描いた投稿作でやっとデビューできました。

――デビュー後から今までで、作風やご自身の人生などに影響を受けた作品は何かありますか?

デビュー後、身近なテーマで描くことに閉塞感を覚えていた頃、曽根富美子先生の作品に出会いました。特に「特装版 親なるもの 断崖」 (曽根富美子/小学館) は、少女漫画からレディースコミックへジャンル変更した私にとって、“女性向けの漫画でここまで描けるものなのか!”と衝撃を受けたことをよく覚えています。子供の頃に読んだ『火の鳥』『カムイ伝』同様、漫画の表現は果てがない、ということを思い知らされました。自分の中でバイブルになっている漫画は、この3作品だなあと思います。

身を売られる少女たち

身を売られる少女たち

特装版 親なるもの 断崖
© 曽根富美子/小学館
売られた先で何をするのかわからない少女

売られた先で何をするのかわからない少女

特装版 親なるもの 断崖
© 曽根富美子/小学館
  • 特装版 親なるもの 断崖
  • 昭和初期――室蘭の遊郭に売られていった少女たちがいた。初潮も迎えぬ少女たちが辿りゆく地獄への道。「売春は、女性の最初の職業だった」と、誰が言った。そうしたのはーー誰だ。2015年、電子コミック市場で空前の150万ダウンロードを記録した傑作が、全4巻で電子市場に再登場!!1992年日本漫画家協会賞優…

漫画家さんとのリアルタイムの共有は励みになる!

――他の漫画家さんと交流はありますか? よろしければ、どんな話をするのか教えてください。

SNSをきっかけに、一気に漫画家さん達との繋がりが広がったと思います。漫画家は深夜遅くまで仕事を行うこともよくあるので、それまではどうしても孤独な作業という印象があったんです。でもSNSを使っていると、同じ時間帯に同じ苦労をしている仲間がいると思えて、心強く励みになるんですよね。それまでアナログだった作画をデジタル化する時も、先達から多数のアドバイスをいただいてありがたかったです。ネット社会なしでは、今の自分はないと思っています。

――今後、描いていきたいジャンルやストーリーがあれば教えてください。

エロスの種子」 (もんでんあきこ/集英社) で描きたいネタは、実はまだまだたくさんあります。ただ、できれば今回のようなテーマで、もう少し深いところまで掘り下げた長編ものを描いてみたいなと思っています。

  • エロスの種子
  • “エロス”──理屈や理性では計れない、人間のみに宿る“性”の源泉…… 大学教授の妻でありながら夫には抱かれない女、珠子。 男に抱かれるためだけに生まれてきたような女、鞠子。 花が咲くように美しく成長する女、凜。 愛を貫いた男に愛され尽くした女、マリー。 過ちは人の常、許すは神の業、押し通すは悪魔の…
もんでんあきこさん色紙

漫画の持つ無限の表現力に魅了されて、漫画家の世界に足を踏み入れたもんでんあきこ先生。甘美なエロスを描くもんでんあきこ先生が、今後どんなジャンルのものと融合した作品を生み出してくれるのか、楽しみですね。

プロフィール

もんでんあきこ先生自画イラスト

もんでんあきこ

9月13日生まれ、札幌在住。代表作品に『竜の結晶』(集英社)、『アイスエイジ』(集英社)などがある。少女漫画や女性漫画などの女性向けの作品から、青年漫画まで、幅広いジャンルで活躍。「グランドジャンプPREMIUM」に掲載された短編集『エロスの種子』(集英社)では、多くの反響を呼んでいる。

◆もんでんあきこ公式WEBサイト《愛と笑いと仕事三昧》

http://akikomonden.com/

※上記リンクは外部サイトに接続します

この記事をSNSで共有する

作者

ヘルシー鮫

ヘルシー鮫

ヘルさめです。“女子”と呼ぶのに疑問を感じ始めた20代女子。胡散臭い当て馬キャラや昭和臭ただようチャラ男キャラが大好物です(※ただしイケメンに限る)。2次元と2.5次元の間を行ったり来たりする狭く浅いオタク。自己アピールが苦手な世代なので、こういうスペースに何を書けばいいのかわかりません!

同じタグのついた記事

記事タグ

この記事で紹介された作品

copyright(C)2016 amutus > 利用規約

サイト内の文章、画像などの著作物は株式会社アムタスあるいは原著作権者に属します。文章・画像などの複製、無断転載を禁止します。

  1. めちゃコミック
  2. おすすめ無料漫画コーナー
  3. めちゃマガ
  4. 独占漫画家インタビュー:もんでんあきこ「漫画の表現には果てがない」
  1. めちゃコミック
  2. 青年漫画
  3. グランドジャンプPREMIUM
  4. エロスの種子
  5. 独占漫画家インタビュー:もんでんあきこ「漫画の表現には果てがない」

めちゃマガとは?

電子コミックサイト「めちゃコミック」がお届けする、無料で読めるアナタの漫画情報マガジンです。

漫画がもっと面白くなった!

みんなにオススメしたい作品が見つかった!

漫画の新しい読み方に気づいた!

人生の1冊にめぐり合えた!

こんな運命の出会いをアシストできるように、独自の視点でたくさんの作品を紹介していきます。

【公式SNSでも情報を配信中!】

めちゃコミックとは?

3キャリア公式カテゴリNO.1、国内最大級の電子コミックサイトです。

テレビや映画で話題の最新人気漫画から定番作品、無料立ち読みまでラインナップも充実!

いつでもどこでも気軽に、スマホ・ガラケーで漫画を楽しめる毎日を提供します。

めちゃコミックについて詳しく見る