優希美青インタビュー(前編):ミステリーに馴染みのない人にもおすすめ!映画「うちの執事が言うことには」の魅力を語る!

優希美青インタビュー(前編):ミステリーに馴染みのない人にもおすすめ!映画「うちの執事が言うことには」の魅力を語る!

更新日:2019/05/16 10:00

「ちはやふる-結び-」「暗殺教室」など、数々の漫画原作映画に出演している女優の優希美青さん。映画「うちの執事が言うことには」で映画版オリジナルキャラクターを演じる彼女に、最新出演作の撮影裏話から初恋の思い出までたっぷり語ってもらいました!

優希美青

優希美青

花穎と衣更月、二人のキャラをつなぐかけ橋に

――今回、映画「うちの執事が言うことには」の中で優希さんが演じるのは雪倉美優(ゆきくら みゆ)というオリジナルキャラクターですが、新しいキャラクターを演じる難しさはありましたか?

原作に存在しないキャラクターなので、物語にどう絡んでいこうかな、とイメージを膨らませながら台本を読みました。今回、私が演じた美優は、名門・烏丸家にハウスキーパーとして仕えているのですが、思ったことを素直に口に出してしまう、ちょっと困った子なんです。でも、映画を観ている人が思うようなことを代弁してくれる存在なので、観ていて一番気持ちが入りやすい、共感できるキャラだと思います。

優希美青

優希美青

――実写化映画の場合、原作を読み込んだうえで役作りをすることがありますが、今回は映画の台本しかヒントがない中、どんなイメージで演じたのでしょうか?

主人公の烏丸 花穎(からすま かえい)様と、花穎様の新しい執事である衣更月 蒼馬(きさらぎ そうま)さんは、最初はなかなか信頼関係が築けなかったんです。花穎様が、勘違いから衣更月さんに強く当たってしまい、こじれてしまった二人の関係を元に戻そうと、美優がとりなすシーンがあるんですけど、そこでうまく二人をつなぐためには、美優はどういうキャラクターであるのがいいかを監督とよく話し合いました。そこで、思ったことをそのまま相手に伝えられる、素直なキャラクターにしよう、ということになり、今の美優が生まれました。

烏丸家当主の花穎と新執事の衣更月の出会い

烏丸家当主の花穎と新執事の衣更月の出会い

うちの執事が言うことには
(c) 音中さわき (c) 高里椎奈/KADOKAWA
少女漫画 うちの執事が言うことには
佐原ミズ/高里椎奈/音中さわき
評価:3.3 3.3 (30件)
  • 執事
  • セレブ

日本が誇る名門、烏丸家の27代当主となった花穎(18歳)を待ち受けていたのは見知らぬ顔の若き執...

美優は常識破りなハウスキーパー!

――映画の中でひときわ元気なキャラクターでしたね。演じた優希さんご自身は共感する部分はありましたか?

美優の初登場シーンでは、自分の主人である花穎様に「よう!」みたいな感じで声をかけてしまうんですけど、私だったらあんな感じで話しかけたりはできないですね。でも、マネージャーさんには「ちょっと似ているところもあるかもね」と言われたんですよ(笑)。

ノリはいい方ですぐに人と打ち解けられるので、そういうフランクな部分は似ているかもしれません。

――美優も終盤にかけて大きく成長していきますよね。

実は登場シーンでは、主人である花穎様の前なので最初は礼儀正しく挨拶していたんです。でも、監督から「もっとくだけていい」と指示があったので、演技を大きく変えました。

最初は少しフランクなところがあった美優も、段々とハウスキーパーらしい振る舞いを身に付けていきます。始めは、花穎様に友達のように接しているんですけど、ノックや礼の作法を徐々に学び、成長していく姿にぜひ注目してほしいです。

優希美青

優希美青

――優希さんが特に力を入れて演じたシーンはありますか?

映画の中で花穎様が衣更月様にネクタイをプレゼントするシーンがあるんですけど、衣更月はそのネクタイを着けないんです。美優がその理由を花穎様へ伝えるシーンに一番力を入れたいと思っていました。…でも実はその撮影がクランクイン初日にあったんです。美優のキャラクターをまだしっかりと掘り下げていない状態で演じるのは、すごく不安でした。

そこから監督と美優のキャラについて、お互いに納得するまで何度も話し合っていきました。美優のキャラを掴めたことで、最終的にはすごく頑張れたし、自分の力を出し切れたと思っています。

主人である花穎に贈られたネクタイをつけない衣更月。その理由とは。

主人である花穎に贈られたネクタイをつけない衣更月。その理由とは。

うちの執事が言うことには
(c) 音中さわき (c) 高里椎奈/KADOKAWA
主人である花穎に贈られたネクタイをつけない衣更月。その理由とは。

主人である花穎に贈られたネクタイをつけない衣更月。その理由とは。

うちの執事が言うことには
(c) 音中さわき (c) 高里椎奈/KADOKAWA

まるで学校の休み時間のような撮影風景

――共演者の方々とはどんな話をしていましたか?

同年代の方が多かったので、学校での話とか、世間話をよくしていました。私と、永瀬さんと、美優の兄の雪倉峻(ゆきくら しゅん)役の神尾さんの年齢が一つ違いなんです。神尾さんと永瀬さんは、学年では私より一つ年上なんですけど、誕生日が3か月しか変わらないので「ほとんど同い年みたいなものだね」という話もしました。

――みなさんとても仲良さそうな現場ですね。

すごく仲良かったですね。花穎様役の永瀬廉さんと衣更月役の清原翔さんは、劇中では緊張するシーンも多いんですけど、カメラが回っていないところでは、とても仲良しなんですよ。

永瀬さんが、所属グループであるKing & Princeの楽曲「シンデレラガール」のダンスを清原さんに教えてあげて、二人で踊ったりもしていました。

二人が踊っているところを手拍子だけしながら見ていました(笑)。

優希美青

優希美青

――今回の現場では女性の共演者はあまり多くなさそうですが、寂しくはありませんでしたか?

女性の共演者は、美優のお母さん・雪倉叶絵(ゆきくら かなえ)役の原日出子さんだけでしたね。でも、美優のお母さん役ということで、一緒のシーンも多かったので、とても心強かったです。

原さんと初共演したのは、一緒にケーキを食べるシーンでした。原さんは料理にすごくこだわっていて、その時にパンケーキの作り方や、体にいい天然の食材を使った料理のレシピを教えて戴きました。私は普段、あまり料理はしないんですけど、原さんとお話をしてから、これから料理にも挑戦してみたいな、と思いました。

――映画の中には魅力的な男性キャラクターがたくさん登場しますが、優希さんの好みの男性はいましたか?

神宮寺勇太さんが演じる赤目刻弥(あかめ ときや)さんは、誰に対してもフレンドリーで素敵な人なんですけど、ミステリアスだし…と引っ掛かってしまいます。

烏丸家と並ぶ歴史ある旧家・赤目家の子息「赤目刻弥」の登場シーン

烏丸家と並ぶ歴史ある旧家・赤目家の子息「赤目刻弥」の登場シーン

うちの執事が言うことには
(c) 音中さわき (c) 高里椎奈/KADOKAWA

衣更月さんは、花穎様のパンケーキの食べ方を「行儀が悪い」と叱るシーンがあったので、もし付き合ったらご飯の時も「食べ方、間違えてるよ」とか細かいことを指摘されそうだなと思っちゃいます。あと、不器用っぽいので「ちゃんと気持ちを伝えてくれるかな?」と不安になりそうですよね。

花穎のパンケーキの食べ方を指摘する衣更月

花穎のパンケーキの食べ方を指摘する衣更月

うちの執事が言うことには
(c) 音中さわき (c) 高里椎奈/KADOKAWA

だから、消去法になっちゃうかもしれないんですけど花穎様ですかね…(笑)。花穎様のことは、最初はちょっと子供っぽい人だなと思っていたんです。でも、映画の中で当主らしく成長していく姿を見ていたら「頼もしい!」と感じるようになりました。

花穎と衣更月はお互いに成長しあえる関係に

花穎と衣更月はお互いに成長しあえる関係に

うちの執事が言うことには
(c) 音中さわき (c) 高里椎奈/KADOKAWA
少女漫画 うちの執事が言うことには
佐原ミズ/高里椎奈/音中さわき
評価:3.3 3.3 (30件)
  • 執事
  • セレブ

日本が誇る名門、烏丸家の27代当主となった花穎(18歳)を待ち受けていたのは見知らぬ顔の若き執...

優希美青

優希美青

――最後に、これから映画「うちの執事が言うことには」を見る人にメッセージをお願いします。

ミステリーの作品と聞くと、事件に巻き込まれてたくさんの人が死んだり、謎解きやトリックが難しいんじゃないか…と感じる人も多いんじゃないかと思います。でも映画「うちの執事が言うことには」は、もちろんミステリーとしても楽しめるんですけど、花穎様と衣更月さんの絆が深まっていく様子や、花穎様の人間としての成長も見どころだと思っているので、ぜひミステリーに馴染みのない人にも見てもらえたら嬉しいです。

実は、主題歌にもこの映画のメッセージが込められているので、歌詞を聴いて初めてこの映画は完結するんじゃないかと思っています。だから、ぜひ最後の最後まで楽しんで見てくださいね!

人よりも高い色彩能力で推理をする花穎

人よりも高い色彩能力で推理をする花穎

うちの執事が言うことには
(c) 音中さわき (c) 高里椎奈/KADOKAWA
少女漫画 うちの執事が言うことには
佐原ミズ/高里椎奈/音中さわき
評価:3.3 3.3 (30件)
  • 執事
  • セレブ

日本が誇る名門、烏丸家の27代当主となった花穎(18歳)を待ち受けていたのは見知らぬ顔の若き執...

優希美青

優希美青

写真:金子山
ヘアメイク:室橋佑紀(ROI)
スタイリスト:森宗大輔

プロフィール

優希美青(ゆうき みお)

1999年、福島県出身。「第37回ホリプロタレントスカウトキャラバン2012」にて13歳でグランプリを獲得。2013年には日本テレビ系のドラマ「雲の階段」で女優デビューを果たし、同年の映画「空飛ぶ金魚と世界のひみつ」では主役の黒田みどりを演じる。 雑誌「ピチレモン」にて専属モデルを務めながらNHK連続テレビ小説「あまちゃん」に出演し話題に。映画「ちはやふる-結び-」やドラマ「暗殺教室」など数々の映像作品に出演し活躍。5月10日には、映画「初恋~お父さん、チビがいなくなりました」で倍賞千恵子さん演じる主人公の若かかりし頃を演じる。雪倉美優役を演じた映画「うちの執事が言うことには」は2019年5月17日公開予定。初の時代劇でヒロインを演じた映画「GOZEN-純恋の剣-」は2019年夏公開予定。

◆映画「うちの執事が言うことには」公式サイト

http://www.uchinoshitsuji.com/

(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

◆優希美青 ホリプロオフィシャルサイト 公式プロフィール

https://www.horipro.co.jp/yukimio/

◆優希美青 公式Twitter

https://twitter.com/mioyukihoripro

◆優希美青 公式Instagram

https://www.instagram.com/mio_yuki/?hl=ja

※上記リンクは外部サイトに接続します

この記事をSNSで共有する

作者

ヘルシー鮫

ヘルシー鮫

ヘルさめです。“女子”と呼ぶのに疑問を感じ始めた20代女子。胡散臭い当て馬キャラや昭和臭ただようチャラ男キャラが大好物です(※ただしイケメンに限る)。
2次元と2.5次元の間を行ったり来たりする狭く浅いオタク。自己アピールが苦手な世代なので、こういうスペースに何を書けばいいのかわかりません!

インタビュー・取材の新着記事

新着の診断コンテンツ

新着ニュース記事

ショート漫画の新着記事

コラムの新着記事

めちゃマガで人気の記事

記事タグ

この記事で紹介された作品

copyright(C)2016-2019 amutus > 利用規約

サイト内の文章、画像などの著作物は株式会社アムタスあるいは原著作権者に属します。文章・画像などの複製、無断転載を禁止します。

  1. めちゃコミック
  2. おすすめ無料漫画コーナー
  3. めちゃマガ
  4. 優希美青インタビュー(前編):ミステリーに馴染みのない人にもおすすめ!映画「うちの執事が言うことには」の魅力を語る!
  1. めちゃコミック
  2. 少女漫画
  3. あすかコミックスDX
  4. うちの執事が言うことには
  5. 優希美青インタビュー(前編):ミステリーに馴染みのない人にもおすすめ!映画「うちの執事が言うことには」の魅力を語る!

めちゃマガとは?

電子コミックサイト「めちゃコミック」がお届けする、無料で読めるアナタの漫画情報マガジンです。

漫画がもっと面白くなった!

みんなにオススメしたい作品が見つかった!

漫画の新しい読み方に気づいた!

人生の1冊にめぐり合えた!

こんな運命の出会いをアシストできるように、独自の視点でたくさんの作品を紹介していきます。

【公式SNSでも情報を配信中!】

めちゃコミックとは?

3キャリア公式カテゴリNO.1、国内最大級の電子コミックサイトです。

テレビや映画で話題の最新人気漫画から定番作品、無料立ち読みまでラインナップも充実!

いつでもどこでも気軽に、スマホ・ガラケーで漫画を楽しめる毎日を提供します。

めちゃコミックについて詳しく見る