モモコグミカンパニーインタビュー(前編): BiSHのメンバーとして活躍!一番辛い時期を支えてくれた国民的漫画家や、今後一人で挑戦したいこととは?

モモコグミカンパニーインタビュー(前編): BiSHのメンバーとして活躍!一番辛い時期を支えてくれた国民的漫画家や、今後一人で挑戦したいこととは?

更新日:2018/11/14 10:00

“楽器を持たないパンクバンド”BiSHのメンバーとして活躍するモモコグミカンパニーさん。「自分がステージに立つ人になれるとは思っていなかった」と語るモモコさんの一番辛い時期を支えてくれた国民的漫画家とは?ハマっている漫画、好きな男性キャラ、今後一人で挑戦したいことも教えてもらいました!

まるちゃんのように、少し冷めた子どもだった

――普段から漫画は読みますか?

小さい頃から家にたくさん置いてあったので読んでいましたが、よく読むようになったのは大人になってからです。でも「ちびまる子ちゃん」 (さくらももこ/集英社) だけは、小さいころから大好きで繰り返し読んでいました。

モモコグミカンパニー

モモコグミカンパニー

――どんなところが好きですか?

登場キャラクターがシニカルで、みんな個性的なところがいいですよね。お話は身近な出来事をテーマにされているので、いつ読んでも共感できちゃいます。

モモコグミカンパニー

モモコグミカンパニー

本編はもちろんなんですけど、巻末に収録されている「ももこのほのぼの劇場」が特に好きでした。作者のさくらももこ先生が、“まる子”としてではなく作者さん自身の姿で登場するんですけど、そこで語られるエピソードが切々と訴えかけてくるものが多いんです。

小さい頃から姉と比べられるももこ

小さい頃から姉と比べられるももこ

ちびまる子ちゃん
(c) さくらももこ/集英社
  • ちびまる子ちゃん
  • “さくらももこ”は小学3年生。とても小さくて女の子だから“ちびまる子ちゃん”とよばれている。 そんなまる子ちゃんが、おかしな家族の人たちや学校のお友だちとくり広げる、愉快な日常絵日記コミック。

――「ちびまる子ちゃん」 (さくらももこ/集英社) の中で一番好きなキャラは誰ですか?

どのキャラも魅力的で好きなんですけど…やっぱり永沢くん(永沢君男(ながさわ きみお))ですね。アニメだとただの嫌な奴っぽいんですけど、原作でのひねくれ具合が本当に好きで、愛すべきキャラだなあと思います(笑)。

フォローしてくれる藤木に、ひどい言葉を浴びせる永沢

フォローしてくれる藤木に、ひどい言葉を浴びせる永沢

ちびまる子ちゃん
(c) さくらももこ/集英社
仲直りする永沢と藤木

仲直りする永沢と藤木

ちびまる子ちゃん
(c) さくらももこ/集英社

――まるちゃんと似ていると感じるところはありますか?

普通の子どもって、遠足や運動会などの学校行事をすごく喜ぶじゃないですか。でもまるちゃんは、いつも気乗りしない感じなんです。“何が楽しくて山なんか登らなきゃいけないんだよ”みたいな。私もどちらかというとそちら派の子どもだったんですよ。「普段から体育の授業で体を動かしてるのに、どうしてわざわざハイキングなんか行かなきゃいけないんだよ…」って、妙に冷めていたんです。

遠足にウキウキしないまる子

遠足にウキウキしないまる子

ちびまる子ちゃん
(c) さくらももこ/集英社
  • ちびまる子ちゃん
  • “さくらももこ”は小学3年生。とても小さくて女の子だから“ちびまる子ちゃん”とよばれている。 そんなまる子ちゃんが、おかしな家族の人たちや学校のお友だちとくり広げる、愉快な日常絵日記コミック。

でも、子ども心ながらに、そう感じるのは良くないことだと思っていて、そういう自分を封じて楽しいふりをしていたんです。大人になって読み返してみても、やっぱり遠足にワクワクしている他の子たちより、まるちゃんの方に共感できるので「自分は冷めた子どもだったんだな」と改めて認識しました。

モモコグミカンパニー

モモコグミカンパニー

さくら先生の「ひとりずもう」を読んで人生が変わった

――「ちびまる子ちゃん」以外にもさくらももこ先生のエッセイも読まれていたのだとか。

エッセイもすごく好きで、色々と読んでいました。特に好きなのが「ひとりずもう」(さくらももこ/集英社)です。さくら先生の自伝的なストーリーなんですけど、人生が変わるくらい影響を受けました。

モモコグミカンパニー

モモコグミカンパニー

さくら先生は、最初から上手くいっていたのかというと、全然そういうわけじゃないんです。本当は少女漫画のタッチで王道の恋愛漫画が描きたかったけど、落選しまくっていた過去があるんですよ。それで落ち込んでいた時期に、方向転換をしようと恋愛以外の漫画を描いたのが、後の「ちびまる子ちゃん」 (さくらももこ/集英社) だったそうなんです。今こんなに世の中に広まっている国民的漫画が、作者が人生で一番落ち込んでいたときにできた作品だなんて衝撃的でした。さくら先生にとって、このどん底の時期がなければ、もしかしたら「ちびまる子ちゃん」 (さくらももこ/集英社) はこの世に生まれなかったし、人々の間にも知れ渡ることがなかったのかなって。自分も落ち込んだときこそ、その気持ちをバネにして踏ん張らないといけないな、と思いました。

モモコグミカンパニー

モモコグミカンパニー

――ご自身も、さくら先生のようなターニングポイントのようなものはありましたか?

私自身は、BiSHに入って人前でパフォーマンスをするということが挑戦で、人生のターニングポイントでした。もともと歌や踊りが得意だったわけではないし、もっと言うなら人並み以下しかできなかったので、BiSHに存在しているだけで奇跡みたいだったんです。メンバーのみんなより10歩くらい遅れてのスタートだったので、なかなか上手くいかなくて毎日のように“辞めたい”と泣いていた時期もありました。

モモコグミカンパニー

モモコグミカンパニー

――どんなに辛くても辞めなかった一番の理由は何ですか?

BiSHのメンバーや曲が何よりも好きだったからです。自分が一番いいと思っているグループだったので、這いつくばってでもこの場所に居続けようと思えました。

今はBiSHとして活動するようになって4年目に入るんですけど、3年目あたりからだんだんできることが増えていって、楽しいと感じることが増えたのも、理由の一つかもしれません。

もともと文章を書いたりするのが好きだったので、作詞だけでなく、モモコグミカンパニーとして本を出させていただいたり、今回もこういう取材を一人で受けさせていただいたりとか。自分にしかできない仕事が増えてからは、辞めたい気持ちは薄れて「もっと頑張ってBiSHに恩返しをしていこう」と思えるようになりました。

モモコグミカンパニー

モモコグミカンパニー

続けてきたからこそ今があると思うので、形を変えつつも諦めずにやってきたことが大切なんだろうな、と感じています。

さくら先生も、結果的には自分が最初に描きたかった漫画ではなかったんでしょうけど、それでも漫画が好きで書くことは辞めなかったので、そこはもしかしたら似てるんじゃないかなと思います。

いつか物語を書いてみたい!

――文章を仕事にしたいという思いは、昔からあったんですか?

昔から絶対に文章に関わる仕事がしたいと思っていて、コピーライターや作詞家になりたいと思っていた時期がありました。でも、どうやったらなれるんだろう、なれたとても全然だめなんじゃないか…という不安の方が大きくて。

今はBiSHのメンバーとして、作詞をしたり本を出したりして、別の形で「文章を書く」というお仕事が実現しているので、とても幸せなことだと思います。

モモコグミカンパニー

モモコグミカンパニー

――今後、文章系のお仕事で挑戦してみたいことはありますか?

実は、小説を書くことに興味があるんです。先日、友達が「書いてみたから読んで」と小説を書いてPDFファイルで私に送りつけてきたんですよ。書き切った小説を見て「そうか、書こうと思えば書けるんだ。私にもできるかも」と勇気をもらったんです。

世に出す出さないというのは関係なしに、自分の力だけで1冊の小説を書き上げられるのは、本当にすごいことだなと思って、私も書き上げてみたい、と強く感じたんです。

でも、帰り道とかにお話の冒頭部分が思い浮かぶので、家に帰ってすぐノートに書いたりするんですけど、いつも1ページくらいで終わってしまうので、小説を書き上げるのは、本当に難しいことなんだろうな、と思います。

モモコグミカンパニー

モモコグミカンパニー

――どういうストーリーを書いてみたいですか?

今の自分だからこそ書ける、心の捌け口となる小説を書きたいなと思います。それは今までの恋愛経験も含まれるかもしれないし、人間関係だとか、心の動きのことも書きたくなるかもしれない。いずれにせよ、書くんだったら経験にもとづいたリアルなものを書きたいですね。読んでいて、痛々しさに思わず胸が苦しくなるようなものを書いてみたいです。

モモコグミカンパニー

モモコグミカンパニー

  • ライアー×ライアー
  • 私×義弟(おとうと)×女子高生姿の私=三角関係!!? ——ある日、ノリで友達の高校時代の制服を借りて街に出た湊(みなと)はそこで義理の弟・透(とおる)と遭遇してしまう!! 別人だと言い張る湊を信じた透だけど、透はその「女子高生姿」のほうの自分に惚れてしまったみたいで……!!? 世にも奇妙なラブスト…

写真:原恵美子

プロフィール

モモコグミカンパニー

“楽器を持たないパンクバンド”BiSHのメンバーの一人。メンバー内でも一番の本好きで知られ、BiSHの楽曲でも多くの作詞を手掛ける。2018年3月発売、BiSHの歴史を綴った「目を合わせるということ」(シンコーミュージック・エンタテイメント)は、自身初の著書となった。

◆BiSH 公式サイト

https://www.bish.tokyo/

◆WACK (在籍事務所) 公式サイト

http://www.wack.jp/

◆モモコグミカンパニー 公式Twitter

https://twitter.com/gumi_bish

※上記リンクは外部サイトに接続します

この記事をSNSで共有する

作者

ヘルシー鮫

ヘルシー鮫

ヘルさめです。“女子”と呼ぶのに疑問を感じ始めた20代女子。胡散臭い当て馬キャラや昭和臭ただようチャラ男キャラが大好物です(※ただしイケメンに限る)。2次元と2.5次元の間を行ったり来たりする狭く浅いオタク。自己アピールが苦手な世代なので、こういうスペースに何を書けばいいのかわかりません!

インタビュー・取材の新着記事

ショート漫画の新着記事

コラムの新着記事

めちゃマガで人気の記事

記事タグ

この記事で紹介された作品

copyright(C)2016 amutus > 利用規約

サイト内の文章、画像などの著作物は株式会社アムタスあるいは原著作権者に属します。文章・画像などの複製、無断転載を禁止します。

  1. めちゃコミック
  2. おすすめ無料漫画コーナー
  3. めちゃマガ
  4. モモコグミカンパニーインタビュー(前編): BiSHのメンバーとして活躍!一番辛い時期を支えてくれた国民的漫画家や、今後一人で挑戦したいこととは?
  1. めちゃコミック
  2. 少女漫画
  3. りぼん
  4. ちびまる子ちゃん
  5. モモコグミカンパニーインタビュー(前編): BiSHのメンバーとして活躍!一番辛い時期を支えてくれた国民的漫画家や、今後一人で挑戦したいこととは?

めちゃマガとは?

電子コミックサイト「めちゃコミック」がお届けする、無料で読めるアナタの漫画情報マガジンです。

漫画がもっと面白くなった!

みんなにオススメしたい作品が見つかった!

漫画の新しい読み方に気づいた!

人生の1冊にめぐり合えた!

こんな運命の出会いをアシストできるように、独自の視点でたくさんの作品を紹介していきます。

【公式SNSでも情報を配信中!】

めちゃコミックとは?

3キャリア公式カテゴリNO.1、国内最大級の電子コミックサイトです。

テレビや映画で話題の最新人気漫画から定番作品、無料立ち読みまでラインナップも充実!

いつでもどこでも気軽に、スマホ・ガラケーで漫画を楽しめる毎日を提供します。

めちゃコミックについて詳しく見る