独占漫画インタビュー:賀来賢人「“熱くも笑える”漫画がつなぐ今」(めちゃコミック10周年企画)

独占有名人インタビュー:賀来賢人「“熱くも笑える”漫画がつなぐ今」

更新日:2017/10/27 10:00

明るい役からクールな役、そして一風変わった役まで、多才なキャラクターを演じてみせる俳優・賀来賢人さん。普段からよく漫画を読むという賀来さんですが、意外なジャンルが好きみたい…!?お仕事への意識ともつながっている、賀来さんの好きな漫画とは一体何でしょうか?

窪谷須亜蓮(くぼやす あれん)というふり幅の広いキャラ

――普段、漫画は読みますか?

すごく読む方だと思います。漫画喫茶に行くことも好きだし、電子書籍で買うことも多いです。最近だと「いぬやしき」 (奥浩哉/講談社) や「キングダム」 (原泰久/集英社) が面白かったかな。痛快なストーリーが好きで、どちらかというと少年系や青年系の漫画を読みますね。

賀来賢人

賀来賢人

――映画『斉木楠雄のΨ難』(2017年10月21日公開)では窪谷須亜蓮(くぼやす あれん)役として出演されていますが、原作は読みましたか?

斉木楠雄のΨ難」 (麻生周一/集英社) は、出演が決まってから読みました。正統派コメディで、読んでいてすごく面白かったです。僕が演じる窪谷須は、元ヤンだけど、転校先ではそれを隠して普通に振る舞おうとしている男の子。普段とヤンキーの部分が出てくるときの差が激しくて、なかなか振り幅があるキャラクターだったので、どう表現していこうか悩みました。

自己紹介で思わずヤンキーが出てしまう窪谷須

自己紹介で思わずヤンキーが出てしまう窪谷須

斉木楠雄のΨ難
(c) 麻生周一/集英社

でもやっぱり、ヤンキーに豹変する瞬間が彼の一番面白いところだと思うので、そこを一つポイントにしたかったんです。

撮影初日に、消火器を振りかざすシーンを撮ったんですけど、そこで思いっきりメンチを切ったら、福田雄一監督に「そう来るとは思わなかった」と言われて。でもそのままいこう、という話になって、“顔”をフル活用した窪谷須になりました。

ぶつかられて消火器を振り上げる窪谷須

ぶつかられて消火器を振り上げる窪谷須

斉木楠雄のΨ難
(c) 麻生周一/集英社
少年漫画 斉木楠雄のΨ難
麻生周一
評価:4.3 4.3 (809件)
  • 完結
  • 特殊能力
  • ギャグ・コメディ

彼の名前は斉木楠雄、超能力者である。誰もが羨む才能も、本人にとっては災難を呼ぶ不幸の元凶。故に...

漫画原作を演じるときは“声”を意識する

――ドラマ「わにとかげぎす」(2017年)では、花林雄大(はなばやし ゆうだい)役を演じていました。登場人物たちのビジュアルを中心に、原作とはがらりと雰囲気を変えたドラマでしたね。

わにとかげぎす」 (古谷実/講談社) は、ドラマではどのキャラも原作の容姿と全然ちがったので、それが一つ話題になった作品でしたね。もちろん、原作ファンの人にとって、許せるところと許せないところはあると思います。でも、僕たちは実写化を演じるとなったら、自分たちなりに作っていかなくちゃいけない。「実写化するならこういうことがあっても面白いよね」と、いい意味で別のものを作ろうと思ってやっています。

主人公の職場に新しく入ってきた二人組

主人公の職場に新しく入ってきた二人組

わにとかげぎす
(c) 古谷実/講談社
青年漫画 わにとかげぎす
古谷実
評価:3.6 3.6 (140件)
  • 完結
  • メディア化
  • アラサー

流れ星さん、お願いです。オレに友達を、友達をください——!!!! 深夜のスーパーマーケットに生...

――漫画原作を演じる上で、具体的に何か気をつけていることはありますか?

演じるときの声かな。漫画を読んでいるとき、なんとなく自分の脳内ではこういう声だな、というのがあるじゃないですか。漫画原作の作品では、それをヒントに探るようにしています。その声が、実際に演じてるときに自分の中でぴったりハマると“今回はいけるな!”と感じます。

賀来賢人

賀来賢人

ド直球なヒーローを演じてみたい

――「グラップラー刃牙」 (板垣恵介/秋田書店) が好きだということですが、どんなところが魅力ですか。

《バキ》シリーズは全部大好き! ともすればすごくくだらないと感じるようなことを、大真面目にやっているところがたまらないんです(笑)。それに、戦いや強さっていう男のロマンも詰まっているので、ついのめり込んで読んじゃうんですよね。主人公・範馬刃牙(はんま ばき)の父親・範馬勇次郎(はんま ゆうじろう)がマンモスを真っ二つにしたり、刃牙と勇次郎が戦いの中で一緒に味噌汁を飲んだりするんです。でも、その行動の理由が作品内でちゃんと描かれている。《バキ》シリーズは、作者さんがどういった気持ちで描かれているのか、そういうところまで気になっちゃいます。

試合相手を放置して仮想の敵と戦う刃牙

試合相手を放置して仮想の敵と戦う刃牙

グラップラー刃牙
(c) 板垣恵介(秋田書店)
試合相手を放置して仮想の敵と戦う刃牙

試合相手を放置して仮想の敵と戦う刃牙

グラップラー刃牙
(c) 板垣恵介(秋田書店)

――もし実写化したら、演じてみたいキャラクターはいますか。

烈海王(れつ かいおう)という中国拳法の名手が強くてかっこいいんですよ。ぜひ福田監督で実写化してほしい。でも、そしたら完全にコメディになりそうですね(笑)。《バキ》シリーズは読み手の受け取り方によって作品のイメージが変わる漫画だと思うので、難しいなあと思います。

古代中国拳法を駆使して戦う烈海王

古代中国拳法を駆使して戦う烈海王

グラップラー刃牙
(c) 板垣恵介(秋田書店)
烈海王のノド蹴りがクリーンヒット

烈海王のノド蹴りがクリーンヒット

グラップラー刃牙
(c) 板垣恵介(秋田書店)
少年漫画 グラップラー刃牙
板垣恵介
評価:4.2 4.2 (88件)
  • 完結
  • メディア化
  • 懐かしの漫画

強き者の高見をめざし、その少年は閃光となって駆け抜ける!! 今はじまる真格闘伝説!!

――他には「HUNTER×HUNTER」 (POT/集英社) もお好きだとか。バキとはまた趣向が違いますね。

HUNTER×HUNTER」 (POT/集英社) は、とにかく作者の冨樫さんの頭の中が見てみたい! と思うくらいストーリーが緻密。いつも「よう考えるなー」と感心しながら読んでます。どこまで深く考えたらこんな作品になるんだろう、って。読んでいるときは文字を追うのが精一杯で、伏線とか考える余裕もないんですけど、読み終わった後は「すごいなー…」って放心しちゃいます。そうした中でも、男の壮大なロマンも描かれているんですよね。《バキ》シリーズもそうだけど、理屈っぽくもロマンがある、そういう作品が好きなのかもしれないです。

――「HUNTER×HUNTER」の中で、特に好きなキャラクターはいますか。

幻影旅団が好きでした。特にフェイタンっていうキャラが一番好きだったんですけど、ずっとどんな能力を持っているか隠されてきたんです。物語の後の方でようやく能力が登場したんですけど、それがあまりに拍子抜けする能力で…。それまでずっと好きだったからこそ、少し残念だったのはよく覚えてます。

独特な雰囲気を持つフェイタン

独特な雰囲気を持つフェイタン

HUNTER×HUNTER
(c) POT/集英社
少年漫画 HUNTER×HUNTER
冨樫義博
評価:4.4 4.4 (1441件)
  • ファンタジー
  • メディア化

父と同じハンターになるため、そして父に会うため、ゴンの旅が始まった。同じようにハンターになるた...

――今後、演じてみたいキャラクターはいますか?

一番やってみたかったのは、「幽★遊★白書」(冨樫義博/集英社)の主人公・浦飯幽助(うらめし ゆうすけ)。まさにその世代だったというのもあるし、やっぱりヒーローとしてかっこいい。でも年齢的に無理かなあ、と少し諦めてます(笑)。

まだあんまりやったことがないので、ヒーローを演じてみたいですね。誰もから「最後は勝つ!」と思われている信頼感に憧れる。以前、「クローバー」(平川哲弘/秋田書店)というドラマをやらせていただいたんですけど、そのときは絶対負けなさそうな強い役だったので、演じていて楽しかったです。

賀来賢人

賀来賢人

30歳を一つの区切りと考えていた

――賀来さんは、今年でちょうど芸能生活が10周年なんですね。

やっと10年選手になりました。でも実は30歳までに仕事がうまくいってなかったら、やめようかなとも思ってたんです。10代でこの世界に飛び込んだからには、何か区切りをつけるのが必要かなと。

でも、この数年間仕事をしていく中で、一つずつ不安要素が潰れていって、攻略していくような感じがしてすごく楽しいんです。これから先も、こうやって少しずつ得意分野が増えていくんじゃないかな、と思うと楽しみですね。

賀来賢人

賀来賢人

僕はコメディの舞台にもよく出演させてもらっているんですけど、芝居という方法で目の前にいる観客を笑わせるのが、すごく好きなんです。もちろん、まったく笑わない方もいらっしゃいますけど、それが今の自分の実力なんだな、って改めて思い知らされる。逆に、面白いと感じてくれたら、その反応がダイレクトに伝わるから、なんて楽しくて幸せなことなんだろう、と舞台に立つ度に思います。舞台での活動は、これからもやり続けていきたいし、自分の軸にしていきたいですね。

賀来賢人

賀来賢人

賀来賢人さんサイン色紙

映画やドラマだけではなく、舞台での活躍も多い賀来さん。賀来さんの好きな“熱くも笑える”漫画から、ご自身のお芝居への深い思いを垣間見ることができました。「芝居じゃないオモロイことをやってみたい」と今後の抱負を語る賀来さんが、10年後や20年後、どんな“オモロイこと”を披露してくれるのか楽しみです!

写真:下山展弘
ヘアメイク:SHUTARO(Vitamins)
スタイリスト:久修一郎

プロフィール

賀来賢人(かくけんと)

アミューズ所属の俳優。1989年、東京都出身。2007年の映画「神童」に出演し、俳優デビューする。その後、テレビドラマや映画、CM、舞台など幅広く活動中。2017年10月21日に公開の映画「斉木楠雄のΨ難(さいきくすおのサイなん)」では、窪谷須亜蓮という不良高校生を演じる。

◆映画「斉木楠雄のΨ難」オフィシャルサイト

http://saikikusuo-movie.jp/

◆賀来賢人 公式Twitter

https://twitter.com/kentkaku

◆賀来賢人STAFF 公式Twitter

https://twitter.com/kakukento_staff

◆アミューズ 賀来賢人 公式プロフィール

http://artist.amuse.co.jp/artist/kaku_kento/

※上記リンクは外部サイトに接続します

この記事をSNSで共有する

作者

ヘルシー鮫

ヘルシー鮫

漫画と猫と今川焼きが好きなゆるいオタク。テニプリは青春にしてホーム。永遠に千石清純に恋してる。
【twitter】@herusamecochan

インタビュー・取材の新着記事

新着の診断コンテンツ

新着ニュース記事

ショート漫画の新着記事

コラムの新着記事

めちゃマガで人気の記事

記事タグ

この記事で紹介された作品

copyright(C)2016-2019 amutus > 利用規約

サイト内の文章、画像などの著作物は株式会社アムタスあるいは原著作権者に属します。文章・画像などの複製、無断転載を禁止します。

  1. めちゃコミック
  2. おすすめ無料漫画コーナー
  3. めちゃマガ
  4. 独占有名人インタビュー:賀来賢人「“熱くも笑える”漫画がつなぐ今」
  1. めちゃコミック
  2. 少年漫画
  3. 週刊少年ジャンプ
  4. 斉木楠雄のΨ難
  5. 独占有名人インタビュー:賀来賢人「“熱くも笑える”漫画がつなぐ今」

めちゃマガとは?

電子コミックサイト「めちゃコミック」がお届けする、無料で読めるアナタの漫画情報マガジンです。

漫画がもっと面白くなった!

みんなにオススメしたい作品が見つかった!

漫画の新しい読み方に気づいた!

人生の1冊にめぐり合えた!

こんな運命の出会いをアシストできるように、独自の視点でたくさんの作品を紹介していきます。

【公式SNSでも情報を配信中!】

めちゃコミックとは?

3キャリア公式カテゴリNO.1、国内最大級の電子コミックサイトです。

テレビや映画で話題の最新人気漫画から定番作品、無料立ち読みまでラインナップも充実!

いつでもどこでも気軽に、スマホ・ガラケーで漫画を楽しめる毎日を提供します。

めちゃコミックについて詳しく見る