深夜の飯テロ注意! ラーメン漫画ならではの「味の表現」

深夜の飯テロ注意! ラーメン漫画ならではの「味の表現」

更新日:2017/02/03 10:00

いろんな味の表現が楽しめる「料理漫画」。その中でも今回はラーメンをピックアップ!
私も仕事でたまに漫画を描くこともありますが、他の漫画家さんがどのように「味」を表現しているか? ということはあんまり気にしたことがありませんでした。
せっかくなので今回は、どうやってラーメンを食べずとも伝えるのかを見ていこうかと思います!

豪快! 男のラーメン。味見上等、皆かかってこいや!

 表紙(喧嘩ラーメン)
喧嘩ラーメン
(c) 土山しげる/日本文芸社

喧嘩ラーメン」 (土山しげる/日本文芸社) では、ラーメンを茹でるところから客の前に出すまでの工程がインパクト大! とても青年漫画らしい大胆さをもって味わうことができます。
味のイメージは、味付けの濃く、腰の強い太めの麺をつかった醤油ラーメン!という感じ。
客の食べ方も豪快で、そんなところも真っすぐで猪突猛進なキャラクターにイメージが重なります。
ちょっと覗いてみましょうか。

 ラーメンを茹でるシーン。(喧嘩ラーメン)
喧嘩ラーメン
(c) 土山しげる/日本文芸社

こちらラーメンを茹でるシーン。素手だと…!?  豪快な茹で具合が派手に演出されていて、立ち上がる湯気が見えそうなほど。
そして…お次は。

 客に出すまでのシーン。素早い!(喧嘩ラーメン)
喧嘩ラーメン
(c) 土山しげる/日本文芸社

出来立てを素早く客に出す。しかも湯きりはまたもや素手! 熱くないのか!? 豪快にも程がある…!

 客が食べるシーン。(喧嘩ラーメン)
喧嘩ラーメン
(c) 土山しげる/日本文芸社

そして客が、これまた派手に麺をすするシーン。豪快さが食欲をそそります! もうこれはうまいに違いない。お客さんがラーメンに夢中になっているのが、こちらまで伝わってきます。
…今晩はラーメン屋に行くかな!

空気のように生活の一部にある、故郷の味「一楽」(「NARUTO―ナルト―」)

 表紙(NARUTO―ナルト―)
NARUTO―ナルト―
(c) 岸本斉史 スコット/集英社

NARUTO―ナルト―」 (岸本斉史 スコット/集英社) の中に出てくる「一楽」。ラーメンというよりは、ラーメンを食べながら気を許した相手と雑談ができる場所…としての印象が強い。少年のころから大人になるまで、先生や仲間と来たりしていて、その場所の良さとラーメンの旨さを感じさせてくれる。

一楽のラーメンは、美味しさというよりはもうすでに身に沁みついている味で、旅から帰るとまず食べたくなる…いわゆる「ソウルフード」と呼ばれるものではないでしょうか。
作者がラーメン好きなだけあって、ラーメンがメインの漫画ではないのに効果的に登場させることで、一楽の印象を強く持たせてくれています。

 ラーメンを食べながら雑談するシーン(NARUTO―ナルト―)
NARUTO―ナルト―
(c) 岸本斉史 スコット/集英社

思い出話や相談事など、気の置けない人とそんな話をしているシーンがよく登場します。ナルトたちにとって、一楽はそれだけ落ち着いて食べられる場所なのでしょう。

人生の味がするラーメン…染みるねえ。(「深夜食堂」)

 表紙(深夜食堂)
深夜食堂
(c) 安倍夜郎/小学館

表紙からして、お店の雰囲気を感じさせますね。「深夜食堂」 (安倍夜郎/小学館) はタイトル通り、深夜の食堂が舞台の漫画。立ち寄る人々の人生が透けて見えるような、渋めの作品です。

こちらの漫画は、1話ごとに一品の料理が登場します。頼んだメニューの雰囲気と、頼んだ人間の日常が重なって見える内容。そのシンクロ率はかなりのもの!

でてきたラーメンを食べるシーン(深夜食堂)
深夜食堂
(c) 安倍夜郎/小学館

今日はキャバクラ嬢のために、店主が即席ラーメンを作ってくれます。なんともお手軽な感じがしますが、男に貢いで幸の薄そうな彼女と、質素な即席ラーメンが、とても似たような雰囲気。
さらにその隣でも、同じく即席ラーメンを頼む、常連の占い師。ポイントごとにラーメンが出てきて、同じインスタントのはずなのに出てくるシーンごとで、まったく別の印象を感じさせてくれるのが面白い。

 即席ラーメンから、子供の頃を思い出すシーン。(深夜食堂)
深夜食堂
(c) 安倍夜郎/小学館

即席ラーメンに、サイドメニューで冷えたごはん。
小さいころ食べたというところから、客が子供のころどんな生活をしていたかが垣間見れる。
ほろ苦くて懐かしい思い出…というスパイスが利いたラーメン。渋い!

味を味わうというよりは、雰囲気や思い出を味わう…という感じでしょうか。非常に懐かしい感じを思い出させてくれます。

激ユル!(笑)猫好きなら許せる? 四コマラーメン漫画

まともに語りすぎたので、今度はユルいやつを。

 表紙(猫ラーメン)
猫ラーメン
(c) そにしけんじ/マッグガーデン

猫ラーメン」 (そにしけんじ/マッグガーデン) もう表紙からして、見たらわかると思います。ええ。ラーメンよりは猫が面白いという漫画です。ラーメンは三歩下がって後ろからついて歩いているような漫画。(笑)

ゆるい! ゆるすぎる! いいのかこんなのここに入れて! だって「ラーメン」って書いてあるし! …ということで、心の中の審議の結果、入れました。(笑)

ラーメンの制作のこだわり、味、衛生上の問題とか…真面目なことは一切視線の先にはない! つまりスルーだ。
じゃあ何を見たらいいのか? それはラーメン屋の店主の猫と客のやり取りを見るべし。あと雇われ猫。ゆるすぎる!

とまあ、そんな感じなのですが、たまにはこんなユルイ漫画もよいと思うのです。4コマ漫画なので、どこから読んでもOK。時々癒しが欲しい…といったとき、こんな漫画が息抜きになると思います。
ラーメンでいうと、食べてる最中に時々飲みたくなる「水」とか「冷えたお茶」みたいな役割。

 猫店主がラーメンの作り方をお客さんに見せるシーン。(猫ラーメン)
猫ラーメン
(c) そにしけんじ/マッグガーデン

しょっぱなからラーメンの作り方が間違っている。猫舌だから冷ますとか! 猫店主だから仕方ないの!? でも客は人間だよ!?
一応ラーメンネタだらけなものの、どれ一つとしてラーメンの本質とか語ってない。そこがまた特異点という味を醸し出しているのかもしれません。箸休めとしてはなかなか面白い漫画だと思います。

一話ごとに二度味わえる、音無しラーメン

箸休めは終わらせて、ここからまた真面目にラーメンを味わってみましょうか。

 表紙(しあわせゴハン)
しあわせゴハン
(c) 魚乃目三太/集英社

しあわせゴハン」 (魚乃目三太/集英社) こちら、セリフが一切ない漫画。パラパラと流し読みして終わりかと思えばそうではない。1ページごとに言葉で表さない表現を読んで味わえます。

こちらも「深夜食堂」と同じように、一話ごとに一品出てきます。しかしこちらは、人生を絡めるというよりは、その一品がいかに「うまい」のか、人よりも食べ物がメインで表現されています。なので見ていると、その一品のおいしさを思い起こしてしまい、読者が食べたくなるという、とても食欲をそそられる作品です。
それを強調させるのが、漫画内には「一切擬音もセリフも出てこない」というところ。そうすることで、キャラクターが主体にならず、一品として出てくる食べ物が主役になれるという仕組み。一話ごとに出てくる一品が「どのように旨いのか?」「いかに旨いのか」を、全ページにわたり、表現しているのです。

そしてさらに面白いのが、終わりの部分にちょっとしたキャラクターのプロフィールなどが記載されている事。このページを読むことで、そのキャラクターの素性が少しだけわかり、またキャラクターが食べていたシーンを思い出してしまい、「二度目を味わう」ことになります。
一度目の味わいで、ラーメンがいかにうまいかを味わい、二度目の味わいで、キャラクターの主観で、どんな味わい方をしたのかを味わえる。噛めば噛むほど味わいが出てくる、スルメのような漫画です。

 ラーメンを食べようとするシーン。(しあわせゴハン)
しあわせゴハン
(c) 魚乃目三太/集英社

さーて、ラーメンがやってきた。あーん…と口を開けた…。

…と?

 一気にすする!のシーン。(しあわせゴハン)
しあわせゴハン
(c) 魚乃目三太/集英社

おおお、豪快だ!一気にすすったー!!!!!!
2ページぶち抜きで「うめええええええええええええ!!!!!!!」
きたわー!! こりゃ、マジ旨に違いないわー!

無音でも伝わってくる「ラーメンがうまい!」。見ていると「あるある」とか「うまいんだよなー」と共感ができます。ついついラーメンを食べたときの快感を思い出してしまう一品です!

いかがでしたでしょうか?
いろんな漫画のラーメンの味わい方を見てきましたが、まだまだラーメンの表現はこんなものじゃないと思います。
世の中にはいろんなラーメンの出てくる漫画があると思います。ぜひぜひ、いろんなラーメンの味を「味わって」いただけたらと思います!

この記事をSNSで共有する

作者

まいか とぽち

まいか とぽち

フリーライター。ジャンル問わず、気に入ると力尽きるまで暴走する。特に怪談とアメコミとBL漫画の話題になると暴走機関車と化す。最近は、アルパカを飼いたいと思っている。

コラムの新着記事

新着の診断コンテンツ

新着ニュース記事

ショート漫画の新着記事

インタビュー・取材の新着記事

めちゃマガで人気の記事

記事タグ

この記事で紹介された作品

copyright(C)2016-2019 amutus > 利用規約

サイト内の文章、画像などの著作物は株式会社アムタスあるいは原著作権者に属します。文章・画像などの複製、無断転載を禁止します。

  1. めちゃコミック
  2. おすすめ無料漫画コーナー
  3. めちゃマガ
  4. 深夜の飯テロ注意! ラーメン漫画ならではの「味の表現」
  1. めちゃコミック
  2. 青年漫画
  3. 深夜の飯テロ注意! ラーメン漫画ならではの「味の表現」

めちゃマガとは?

電子コミックサイト「めちゃコミック」がお届けする、無料で読めるアナタの漫画情報マガジンです。

漫画がもっと面白くなった!

みんなにオススメしたい作品が見つかった!

漫画の新しい読み方に気づいた!

人生の1冊にめぐり合えた!

こんな運命の出会いをアシストできるように、独自の視点でたくさんの作品を紹介していきます。

【公式SNSでも情報を配信中!】

めちゃコミックとは?

3キャリア公式カテゴリNO.1、国内最大級の電子コミックサイトです。

テレビや映画で話題の最新人気漫画から定番作品、無料立ち読みまでラインナップも充実!

いつでもどこでも気軽に、スマホ・ガラケーで漫画を楽しめる毎日を提供します。

めちゃコミックについて詳しく見る