とどまることのない女の欲望を描いた『タブーを犯した女たち』

とどまることのない女の欲望を描いた『タブーを犯した女たち』

更新日:2016/10/12 10:00

性欲、所有欲、金銭欲…女の欲望は尽きることを知りません。

親子間や姉弟間の近親相姦、お金を目的とした殺人など、歯止めのできない“タブー”を、彼女たちはなぜ犯してしまったのか。

読者の実体験の投稿をもとにした本作では、タブーを犯してしまった彼女たちの生態を「欲望」という観点から紐解いてみます。

大切なものはそばに…【所有欲】による歪んだ愛情

タブーを犯した女たち~巣箱の中で~」 (和田海里/竹書房) は、息子への捻じれた愛が行き過ぎた所有欲を生んでしまった話。

7年に及ぶ不妊治療の末、ようやく息子を授かった利恵子の友人・直子。

直子は彼女の息子・直人を溺愛。利恵子はその様子に多少の違和感を覚えていたものの「息子べったりはやめたほうがいいと思うよ」と軽く忠告をするくらいでした。

ある日、利恵子は“離婚祝い”と称し、彼女の家に招待されます。なかなか子どもを授からなかったことで夫の実家とも折り合いが悪く、またあまりに息子ばかりに目を向けていたせいで夫に浮気されてしまっていたのです。息子の助言もあって、彼女に有利な形で離婚を進められたそうですが、利恵子はその“離婚祝い”という響きに何か引っかかるものを感じます。

そして実際に彼女の家を訪れた際に、その異常さをはっきり目の当たりにすることになるのです。

まるで恋人同士のような食事の光景に、言葉も出ない利恵子。なんと二人は、お風呂や寝室まで一緒だと言います。

ただならない雰囲気を感じ取った彼女は、居心地の悪さに翌朝は早々にお暇することにします。

後日、久しぶりに会った彼女は、どことなく表情が生き生きとして、キレイになったように見えました。

何気なくたずねてみると、衝撃的な事実を告げられます。

なんと彼女が泊まったあの日以来、息子と肉体関係を持っているとのこと。

いつも一緒のベッドで寝ていても、その日までは特に何もなかった二人。しかし、彼が女性の身体に興味を持ち、直子もまた女としての反応を示したせいで、直人の性欲を目覚めさせてしまったのです。

あまりに常識はずれなことを赤裸々に語る直子に対し、利恵子は彼女と距離を置くことを決めます。

そんな中、主人公のもとへなぜか直子の息子から一本の電話が…。彼は利恵子に一体何を伝えようとしているのか?

結末まで読めば、サブタイトル『巣箱の中で』の意味がわかることでしょう。

女性は男性よりも嫉妬心が強く、束縛をしてしまいがちだといいます。

そんな女性の多くが抱えるのは「所有欲」。好きなものや大事なものはそばにおいておきたい、片時も目を離したくない、という思いからそんな欲望が生まれてしまうようです。

息子が成長するうち、息子にとっては私だけ、という思いが強くなっていく直子。

しかし、夫婦間の問題までも息子の言いなりになってしまっていた彼女は、逆に息子の所有欲を満たす対象でもあったのです。

過度な依存や支配は、やがて抱えきれないほど大きな「所有欲」となります。

あなたの周りにも、息子に異常な執着心を持つ母親はいませんか?

彼女たちだって、いつ「親子」という名の歯車が狂い出すかは誰にもわかりません。

異常な【金銭欲】が生み出した悲劇

好きな服を着て、好きなものを食べて、広い家で何不自由なく暮らす…そんな生活に憧れている人も多いのではないでしょうか。

しかし現実は厳しく、望み通りの生活が送れる人なんてほんの一握り。ほとんどの人が、何もかも満たされた生活に夢を抱きつつも我慢を強いられています。

次に紹介する「タブーを犯した女たち~歪んだ願い~」 (牧原もも/竹書房) の主人公は、金銭欲が暴走し悲惨な人生を歩むことになってしまった芳恵。こちらは実際にあった事件の犯人の半生を元にしたお話です。

夫を殺し、バラバラにして鍋で煮込むというあまりにセンセーショナルな事件。

犯人である妻・芳恵は保険金目的だったというが、特に生活に困窮しているわけではありませんでした。平和な生活を投げ出してまで、彼女を犯行に走らせたものは一体何だったのでしょう?

実は、彼女が殺人をおかしたのはこの時が初めてではありませんでした。

初めて殺したのは、喫茶店の経営をしている親戚。親戚に度々お金を借りていた芳恵は、あるとき彼女と口論になり、衝動的に殺害してしまったのです。

彼女はなぜお金にこだわるのでしょうか?

それは彼女の家庭環境にも由来するのかもしれません。

父親は仕事をサボって朝から飲んでいるような怠け者。身体の弱い母親も内職をして必死に家計を支えましたが、無理がたたって病死してしまいます。

さらには母の死後すぐ、父親が新しい恋人を連れ込み、子どもの前だろうとところ構わず破廉恥なことを繰り返すように。芳恵には二人の兄がいましたが、劣悪な家庭環境の中、家を空け非行に走るようになります。

「お金さえあれば…」

彼女は結婚したり仕事先を変えたりする中、ことあるごとにそう思いました。お金さえあれば、自分の人生は満たされると思っていたのです。

しかし、彼女がこの半生で愛を注いだのは、愛犬のムクのみ。

たとえば彼女が、貧乏だとしても周りからの愛情を一心に受けてきていたのなら、お金への執着や欲望をここまで膨らませずに済んだのかもしれません。

幸福感や満足感はお金でしか得られないと思ってた彼女もまた、被害者なのでしょうか? ふとそんなことを考えさせてしまう作品です。

【承認欲求】が満たされたとき、女は強くなる

誰かに見て欲しい、認められたい、目立ちたい…ひそかに心に抱えている人が多いのが自己承認欲求です。

タブーを犯した女たち~天の河~」 (宮城朗子/竹書房) の主人公・綾は母をなくし、天涯孤独の身で村井家に嫁いできます。

しかし、そこでは夫や姑にキツく当たられる日々。

唯一、彼女に優しく接してくれるのは義父・高明だけ…。彼女は、「村井家」という大きな籠の中で、義父といるときだけ心が安らいだ。

優しいのは義父だけ
タブーを犯した女たち~天の河~
(c) 宮城朗子/竹書房

高明は大学で天文学を教えており、義母にとって二度目の夫でした。

小さい頃、親に捨てられ施設で育った高明に、親近感を覚える綾。

つらい結婚生活でしたが、高明の存在が離婚に踏み込めない理由でもありました。

しかし、彼が末期の病気になったことで事態は一変。

甲斐甲斐しく世話を焼く彼女に、義母は「ドロボー猫」などと容赦ない罵声を浴びせます。

ドロボー猫!
タブーを犯した女たち~天の河~
(c) 宮城朗子/竹書房

彼女も彼女で、義父に義父以上の愛情を感じていることに薄々気づきはじめ…。

義父を看病する綾
タブーを犯した女たち~天の河~
(c) 宮城朗子/竹書房

独りよがりで優柔不断だった彼女が、義父と出会いしたたかに生きるように変わっていく姿が印象的。

彼女が最後にとった行動、そして決断は不毛な恋をしたことのある女性なら共感できるものかもしれません。

専業主婦の場合、その女性にとって家庭が全ての世界になります。

しかし、その閉鎖的な世界で女性が追い詰められるようなことがあっても、気づく人はほとんどいません。ましてや、家庭内の問題はとてもデリケート

そんな中で綾にとって義父・高明は、自分の存在を認めてくれる唯一の心の支えだったことでしょう。

家庭という名の檻で生活する専業主婦は、もしかしたら綾のように空虚な思いを抱えている人も多いのでしょうか。

その中で自らの承認欲求を満たしてくれる人物が現れてしまったら、溺れずにはいられないのかもしれません。

【性欲】は理性的手段になり得るか?

本シリーズで、タブーを犯した女の特徴の一つとして表現されるのが性欲。

タブーを犯した女たち~巣箱の中で~」 (和田海里/竹書房) も、愛する息子に気圧され、また自身も女としての久々の快感に目覚め、肉体関係を続けてしまいます。

抗えない生理的欲求の一つとして印象的ですが、唯一「タブーを犯した女たち~愛の記憶~」 (緑川あきら/竹書房) では、思いを断ち切るための理性的な方法として表現されています。

優と杏奈は血の繋がった姉弟。小さな頃、結婚しようと約束した二人でしたが、姉には結婚したばかりの夫がいました。

杏奈と弟
タブーを犯した女たち~愛の記憶~
(c) 緑川あきら/竹書房

しかし、二人は“姉弟だから”の理由で互いに思いを秘めていたものの、実は相思相愛だったのです。

そこで二人が思いを断ち切るために、一度だけ身体を重ねます。明日からはまた姉弟に戻ろう、と約束をして。

杏奈と弟
タブーを犯した女たち~愛の記憶~
(c) 緑川あきら/竹書房

性欲は生理的欲求の一つですが、そこに理性が介入するとき、それは単なる欲求ではない何かになるのではないでしょうか?

人間は女に限らず、煩悩にまみれた生き物。

本シリーズでは、たがが外れてしまえば誰だってタブーを犯しかねないという恐ろしさもまた感じることができます。

皆さんも欲望に支配され、禁忌を犯すことのないよう気をつけてください。

この記事をSNSで共有する

作者

ヘルシー鮫

ヘルシー鮫

漫画と猫と今川焼きが好きなゆるいオタク。テニプリは青春にしてホーム。永遠に千石清純に恋してる。
【twitter】@herusamecochan

コラムの新着記事

新着の診断コンテンツ

新着ニュース記事

ショート漫画の新着記事

インタビュー・取材の新着記事

めちゃマガで人気の記事

記事タグ

この記事で紹介された作品

copyright(C)2016-2019 amutus > 利用規約

サイト内の文章、画像などの著作物は株式会社アムタスあるいは原著作権者に属します。文章・画像などの複製、無断転載を禁止します。

  1. めちゃコミック
  2. おすすめ無料漫画コーナー
  3. めちゃマガ
  4. とどまることのない女の欲望を描いた『タブーを犯した女たち』
  1. めちゃコミック
  2. 女性漫画
  3. とどまることのない女の欲望を描いた『タブーを犯した女たち』

めちゃマガとは?

電子コミックサイト「めちゃコミック」がお届けする、無料で読めるアナタの漫画情報マガジンです。

漫画がもっと面白くなった!

みんなにオススメしたい作品が見つかった!

漫画の新しい読み方に気づいた!

人生の1冊にめぐり合えた!

こんな運命の出会いをアシストできるように、独自の視点でたくさんの作品を紹介していきます。

【公式SNSでも情報を配信中!】

めちゃコミックとは?

3キャリア公式カテゴリNO.1、国内最大級の電子コミックサイトです。

テレビや映画で話題の最新人気漫画から定番作品、無料立ち読みまでラインナップも充実!

いつでもどこでも気軽に、スマホ・ガラケーで漫画を楽しめる毎日を提供します。

めちゃコミックについて詳しく見る