独占漫画家インタビュー:あかり(漫画家)「ハム子は私の理想像です」

独占漫画家インタビュー:あかり「ハム子は私の理想像です」

更新日:2017/07/24 10:00

「別冊フレンド」で連載中の人気ギャグ漫画「こんちわハム子」。毒舌ハムスターのハム子をはじめ、個性的な動物キャラたちが躍動する本作を生み出した、気鋭のギャグ漫画家・あかりさんがめちゃコミックに登場!とってもチャーミングな人柄から、このユニークな作品はどう生まれたのか、お話を聞いてきました!

少女漫画 こんちわハム子
あかり
評価:3.7 3.7 (100件)
  • ギャグ・コメディ
  • 日常

夢は地球を見下ろすこと! 身長ドラゴンフルーツ1個分のチャーミングなハムスター・ハム子。「とり...

あかり

あかり

賞金30万円に目がくらんで

――「こんちわハム子」(あかり/講談社)の人気ぶりに、ご自身の実感としてはどうですか?

自分でも「なんで?」と正直驚いています。絵も上手じゃないのに連載を続けることができて、家族や担当編集さんにもいっぱい支えてもらっているし、本当に恵まれてると思います。

――最初の出版社への投稿作品も「ハム子」だったんでしょうか?

一発目から「ハム子」ですね。高校の授業中の落書きからハム子は生まれました。特にハムスターが好きということではなくて……実は猫が一番好きなんですけど、小さくてか弱い動物が辛辣な毒を吐いたら面白いかなって思ったんです。

あかり

あかり

――そもそも漫画を描こうと思ったキッカケは?

高校2年生の頃、お小遣いが欲しくてスーパーのレジ係のバイトをやったんですけど、一日でギブアップしてしまって……。ある日、たまたま漫画を読んでいたとき「別冊フレンド」(講談社)の漫画の募集で賞金30万円というのを見つけて「えっ!? 紙とペンだけでできる!」と思ったんです。

それで「こんちわハム子」 (あかり/講談社) を投稿して、担当編集さんに付いてもらい色々とアドバイスをもらいました。

ブラとパンツを水着にするハム子

ブラとパンツを水着にするハム子

こんちわハム子
(c) あかり/講談社

最初に、このブラとパンツの水着シーンを見た担当編集さん曰く「これ描いた人、(良い意味で)おかしい」と思ったみたいです(笑)。

――担当編集さんが最初に読んで、ただならぬセンスを感じたんですね。

そのときのアドバイスが本当に的確で、すごく勉強になりました。ダメ出しもあったんですけど、私は「頑張ったら見込みがある」と言ってもらったことで、「よし!もっと頑張ろう」って思えたんです。投稿してダメだったら落ち込んでしまう人もいると聞いたんですけど、私は良いところだけを良い風に捉えました。多分、絵を直すのも無理だし、ギャグセンスも直せるものではないけど、「漫画のセンスはあると思う」と言われたので、「もしかしたら…」って。

――そこから割りとすぐに漫画家デビューが決まったんですね。

初投稿の後、同じ「ハム子」ですけど次に投稿した作品で賞をいただいたんです。ちょうど高校を卒業した直後の5月くらいから連載がスタートしました。

――デビューが決まったとき、家族の方はどんな反応でしたか?

子どもの頃から、絵を描くのが好きだったんですけど、自分で漫画を買うこともなく、漫画好きのお兄ちゃんやお姉ちゃんから拝借して読むくらいだったんです。だから今でも家族からは「なんであかりが漫画家に?」と言われます。いつも寝てるかごはん食べてるか、みたいなイメージしかなかったようで……。

201706-sr-mc-art-000179_akari_03.jpg

あかり

――あとがき漫画などでも登場するあかりさんのお姉さんですが、姉妹で漫画家として活躍されているんですよね。小さい頃から二人で漫画家になりたいという夢を共有していたんでしょうか?

子どもの頃からお姉ちゃんの方が断然絵が上手くて、コンクールで賞とかも獲ってたんですよ。だから、私が受賞したから「お姉ちゃんも絶対いけるよ!」ってことで、お姉ちゃんは投稿一本目で受賞していました。よく私の漫画を手伝ってもらうんですけど、私の絵に似せるために、わざと線をウネウネさせたりするのが逆に難しいみたいです(笑)。

私はお話作り、お姉ちゃんは絵で、いつか二人で合作したいねとも話してます。今はお互い連載があるので、特に私がしっかりできるようにならなくちゃいけないし、良いタイミングがあればやってみたいです。

――お姉さんもお兄さんも漫画好きで、あかりさん自身は好きな漫画はありましたか?

漫画家になってから、勉強のために漫画を自分で買うようになりました。特に、福満しげゆきさんの漫画が好きです。あのジメっとした雰囲気が私の性分にあっている気がするし、ピシッと引いた線ではなく、柔らかくて味のあるタッチが良いなって。

あとは「ぼのぼの」 (いがらしみきお/竹書房) も好きだし、同じ「別冊フレンド」で連載している漫画家さんの作品も読みます。

「僕の小規模な生活」第1話の冒頭

「僕の小規模な生活」第1話の冒頭

僕の小規模な生活
(c) 福満しげゆき/講談社

私の気持ちを代弁してくれるハム子

――ハム子をはじめキャラクターの性格など、作品をどのようにして作り上げたのでしょか?

投稿する前、最初に描いた漫画はおバカな主人公キャラとそれに鋭く突っ込むサブキャラが居る形だったんですけど、突っ込みの方がだんだん面白くなってきたんです。その毒みたいなものにスポットライトをあてて、さらには小さくて可愛いキャラだったらもっと良いなと思ってハム子を登場させました。

――「ハム子のおじさん」や「うさ美」など、個性的なキャラたちが登場しますが、特に思い入れのあるキャラはいますか?

「ハム子のおじさん」初登場シーン

「ハム子のおじさん」初登場シーン

こんちわハム子
(c) あかり/講談社

実は、いつもお金に困っている「ハム子のおじさん」は、私の父がモデルです(笑)。

「ぱん子」

「ぱん子」

こんちわハム子
(c) あかり/講談社

私自身や身のまわりの人を投影したキャラが多いです。優しいけど怒るときはちゃんと怒る「ぱん子」は私のお姉ちゃん。「いぬ夫」の臆病なところや、「うさ美」の高飛車は私の性格の一部だし、我が道を突き進む「ハム子」は理想像というか「こう言えたらな…」っていう私の気持ちを代弁してくれているところがあります。

「ハム子」と「ぱん子」

「ハム子」と「ぱん子」

こんちわハム子
(c) あかり/講談社

学生時代に「ぱん子」みたいな友達が居たら良かったなって思うし、私の学園生活には無かった皆でワイワイガヤガヤみたいなことを「こんちわハム子」でやれている気がします。

少女漫画 こんちわハム子
あかり
評価:3.7 3.7 (100件)
  • ギャグ・コメディ
  • 日常

夢は地球を見下ろすこと! 身長ドラゴンフルーツ1個分のチャーミングなハムスター・ハム子。「とり...

40kg減の壮絶ダイエット!

――あかりさんはずっと奄美大島で育ったんですよね。

学校以外のときは、海へ行ったり、畑を耕したり、のんびり自由な感じでした。中高ともに部活をやっていなかったので、帰ったらまず寝て、ご飯食べてまた寝るみたいな生活です(笑)。

――自然のままというか、シンプルな生活だったんですね。漫画の持ち込みで初上京したときは、島と都会のギャップを感じましたか?

やっぱり東京は人も多いんですけど、色んな食べ物屋さんがたくさんあって、あれも食べたいこれも食べたいってなったので、皆どうやって決めているんだろうって思いました。例えば、今日はうどんを食べようと思ったら、うどんを出すお店がいっぱいあるじゃないですか。奄美大島だと、うどんを食べようと思ったら、私の家の近所に一軒しかないので。

――東京に来たら必ず行くお店はありますか?

こっちへ来て初めて磯丸水産に行ったんですけど、席で網焼きができるし外観もすごかったから、珍しいと思って写メ撮って皆に自慢したんですよ。でも、結構色んなところにあるお店だったんですね。「サーモンといくらの親子丼」とか「縞ホッケ」が美味しくて、大好きになりました。島人がうなる磯丸水産です!

あかり

あかり

――あとがきエッセイ漫画でもよく触れていますが、食べ物が好きなんですよね。

ごはんが大好物なんですよ。ごはんに一番合うものは何だろうっていつも考えているんですけど、不動の一位はやっぱり納豆かな。飽きずに毎日食べられるし。前まではひきわり納豆だったんですけど、最近は小粒納豆にハマってます。あ…! あと明太子も。一位は納豆か明太子…、やっぱり悩んじゃいますね(笑)。

――食べ物の話で言うと、あかりさんは40kgダイエットに成功したそうで。

2016年の5月頃から始めました。その前から母やお姉ちゃんから痩せないと病気になるって注意されていたんです。でも、私はぽっちゃりくらいだから大丈夫だと思っていて。でも、無茶食いがたたり体重がもう少しで3ケタに届きそうになったとき、ぽっちゃりではなく太っていることにようやく気が付いてダイエットを決意しました。そこからは毎日キャベツだけを食べる生活に切り替えて、3カ月くらいで40kg落としました。

――壮絶なダイエットですね…。あかりさんはほんわかした印象があるんですけど、結構ストイックな気質があるんですね。

まわりからは体壊すって心配されたんですけど、私はやるならとことんやる、0か100の性格なので(笑)。たまのご褒美でキャベツに納豆を加えて食べるだけが楽しみでした。

太っていたときも心配かけて、ダイエットしても心配かける…まわりの人に申し訳なかったし、誰にもオススメできないダイエット法ですね。

ハム子のアクションをアニメで見たい!

――「こんちわハム子」4巻と最新5巻の連続刊行を経て、これからさらに「ハム子」が盛り上がっていきそうですが、今後の展望はありますか?

今の目標は「ハム子」のアニメ化です! 以前、「別冊フレンド」の企画で漫画動画を作ったんですけど、そのときも「あ~声が入っている」ってすごく感激で。

――もしアニメ化が実現したら、どんなものを思い描いていますか。

ハム子は斧とかを振り回したり、体のどこかを猛烈に動かしたりすることがあるんですが、漫画では静止画だけど、アニメだと実際にキャラがアクションするんですよね。キャラに命が吹き込まれてどんな風に動くのか自分でも見てみたいし、漫画とはまた違った面白みを出して、皆さんに楽しんでもらえたらなって。アニメ化が実現できるように私自身も頑張らなきゃです。

――この先、「こんちわハム子」以外の作品の構想もあったり?

今、ネーム段階のものを担当編集さんに読んでもらってアドバイスをもらっています。アイデアとして、40kgダイエットのエッセイ漫画が良いんじゃないかなって。実用的ではないので、ギャグエッセイみたいなものになると思うんですけど。

「こんちわハム子」を続けるのも、新しい作品を描くにしても、これから色んな漫画作品を読んでいって、物語の作り方をもっと勉強していきたいです!

あかり

あかり

少女漫画 こんちわハム子
あかり
評価:3.7 3.7 (100件)
  • ギャグ・コメディ
  • 日常

夢は地球を見下ろすこと! 身長ドラゴンフルーツ1個分のチャーミングなハムスター・ハム子。「とり...

あかりサイン色紙
あかりサイン色紙

優しく柔らかい人柄の中に、芯の強さや作品への愛情を感じました。あかりさん&ハム子さんとボクで記念写真も撮っちゃいました!

写真:原恵美子

プロフィール

あかり

5月13日生まれ、鹿児島県奄美大島出身。趣味は食べること(ごはん好き)、寝ること。 2011年、「こんちわハム子」で第478回別フレまんがセミナーシルバー賞を受賞し、漫画家としてデビュー。現在、「別冊フレンド」(講談社)にて同作を連載中。

◆あかりさん 公式Twitter

https://twitter.com/konchiwahamuko

◆別冊フレンド 「こんちわハム子」ページ

http://betsufure.net/comics/7.html

◆「こんちわハム子」しゃべるアテレコ・コミック

https://www.youtube.com/watch?v=b7ZbtLiMIKs

※上記リンクは外部サイトに接続します

この記事をSNSで共有する

作者

小山喜崇

小山喜崇

昼は編集者、夜はイラストレーターとして働く。好きな漫画は、吉田戦車や和田ラヂヲ、漫☆画太郎などのギャグ作品。

インタビュー・取材の新着記事

新着の診断コンテンツ

新着ニュース記事

ショート漫画の新着記事

コラムの新着記事

めちゃマガで人気の記事

記事タグ

この記事で紹介された作品

copyright(C)2016-2019 amutus > 利用規約

サイト内の文章、画像などの著作物は株式会社アムタスあるいは原著作権者に属します。文章・画像などの複製、無断転載を禁止します。

  1. めちゃコミック
  2. おすすめ無料漫画コーナー
  3. めちゃマガ
  4. 独占漫画家インタビュー:あかり「ハム子は私の理想像です」
  1. めちゃコミック
  2. 少女漫画
  3. 別冊フレンド
  4. こんちわハム子
  5. 独占漫画家インタビュー:あかり「ハム子は私の理想像です」

めちゃマガとは?

電子コミックサイト「めちゃコミック」がお届けする、無料で読めるアナタの漫画情報マガジンです。

漫画がもっと面白くなった!

みんなにオススメしたい作品が見つかった!

漫画の新しい読み方に気づいた!

人生の1冊にめぐり合えた!

こんな運命の出会いをアシストできるように、独自の視点でたくさんの作品を紹介していきます。

【公式SNSでも情報を配信中!】

めちゃコミックとは?

3キャリア公式カテゴリNO.1、国内最大級の電子コミックサイトです。

テレビや映画で話題の最新人気漫画から定番作品、無料立ち読みまでラインナップも充実!

いつでもどこでも気軽に、スマホ・ガラケーで漫画を楽しめる毎日を提供します。

めちゃコミックについて詳しく見る