社内プレイ(メンズ)

●●フェチ特集(BL)vol.2

尻フェチ

そのカリスマモデル 尻フェチにつき

クールなカリスマモデル「天汰」が実は重度の尻フェチだった!お尻の肉付きの良さで一目ぼれされた新人マネージャーの時雄は憧れの天汰のために懸命に尽くすが、彼が気に入ってくれているのは、この“お尻”だけ。それに、こんな性癖がパパラッチにバレたら…!?/1-5話目

眼鏡フェチ

眼鏡のまま、キミと寝たい。

眼鏡美女がド性癖なヒモ男が行き倒れのダサ眼鏡男を拾った。曇って歪んだ眼鏡を外して自作の眼鏡を掛けさせてみたら、そこに現れたのはオッドアイの超イケメン、おまけに超大手企業に勤務の理系エリートだった!俺の事、養ってくれないかな…。男だけど

手フェチ

フィンガー・ポルノ

就活準備のために訪れた紳士服店で、綺麗な手をした男の人に出会った。手に発情する性癖を見抜かれて、試着室に連れ込まれて、綺麗な手で襟元を触られて…。それから何度も会って可愛がってくれるけれど、でも彼にとって自分は「人懐っこい犬」でしかないと言われて…

脚フェチ×女性物下着フェチ

アングラ・ブルー

紺野がひた隠しにしている性癖、それは「女性下着を履きたい」こと。仕事帰り、下着売り場のショーウインドウに目を奪われていた紺野は、高校時代の同級生・山城に声をかけられる。動揺する紺野に探るような視線を向けた山城は、後日「紺野って、女モノの下着 着る人?」と核心をついてきて…

ふにゃふにゃフェチ

僕だって君がいなけりゃたぶん。

©蔓沢つた子/竹書房

「そいつさぁ 俺にちょーだい」子供の頃からずっとシオンの“ちっちゃくてふにゃふにゃの下半身”に興奮し、独占欲が人一倍強い俺様なレオに、進んで身も心も独占されるシオン。しかし、この関係を恋人だと思っていたのはシオンだけで、興奮するのは“勃起してない”僕の姿だけ!?

匂いフェチ

君香シャーレ

©Nikke Taino 2016

香りに超敏感で女性の化粧品の匂いに堪えられない高階は、研究室の先輩・有路の匂いだけになぜか興奮してしまう。どうしても「嗅ぎたいっ」という欲求が高まり、実験の手伝いをするのと引き換えに匂いをかがせてもらう事を提案する。どう考えても変態っぽいその提案に有路は抵抗するが…!?

きみのにおいが好き

©相音きう/libre

嗅覚が超敏感な洋司と同棲中の亜紀良。そんな彼には悩みがある。それは、亜紀良のにおいが大好きなムッツリ洋司が、Hの最中に体中のにおいを嗅いでくること!! 毎夜、くんかくんかされる羞恥プレイに、もう耐えられなくて…!?

美文字フェチ

隣のフェティシズム

©ヤマヲミ/徳間書店

美しい文字にしか興奮できない「美文字フェチ」。自分の性癖を隠し、仕事に打ち込むリーマンの宮沢。ある日、隣人から手紙をもらうと、文字が自分の好みド真ん中「これを書いた人は、俺の運命の女性だ!!」喜び勇んで挨拶に行くと、出てきたのは無精ヒゲのいかつい男人気官能小説家の古田だった。動揺しつつも美文字見たさに、進んで古田の小説の手伝いをすることに!?

泣き顔フェチ

女装男子は愛でられる

貧乏暮らしをしている夏月は、偶然出会った医者緑に「泣き顔を見せる」高額バイトを提案される。ところが弟と2人きりで生きてきた夏月は『兄』として『男』としてずっと泣くことを我慢していたのでなかなか泣けない。そんな夏月に緑は「女装して女の子として泣けばいい」と言ってきて!?