[小説]小説 七つの大罪 セブンデイズ - 鈴木央,岩佐まもる | ライトノベル(ラノベ)

顧客満足度No,1

めちゃコミック

漫画:[小説]小説 七つの大罪 セブンデイズの詳細

小説 七つの大罪 セブンデイズ

[小説]小説 七つの大罪 セブンデイズ

ショウセツナナツノタイザイセブンデイズ

  • お気に入り 0人登録中
作者
鈴木央 岩佐まもる
雑誌
KCデラックス
ジャンル
ライトノベル

[小説]小説 七つの大罪 セブンデイズのあらすじ

ブリタニア北の大地に『妖精王の森』と呼ばれた森があった。妖精王と呼ばれた兄が姿を消してから700年。少女はたった一人でその神樹の『生命の泉』を護ってきた。数々の別れを経験して、彼女の涙も涸れ果てた頃、一人の青年が『生命の泉』を求めて現れた---。原作コミックでも描ききれなかったあの「7日間」を原作者鈴木央の協力を得て、小説にて完全再現!

[小説]小説 七つの大罪 セブンデイズのレビュー

この小説へのレビューはまだありません。

[小説]小説 七つの大罪 セブンデイズをスマートフォン/ケータイで読む

めちゃコミックはスマートフォン/ケータイ専用の漫画・電子書籍ストアです。以下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。

  • スマートフォンで読む

    Android/iPhone
  • ケータイで読む

    docomo/au/Softbank