ダンボールで育った少女

ダンボールで育った少女
  • タップ
  • スクロール

あらすじ

家賃滞納のため押しかけた大家によって発見された、汚物にまみれ痩せこけた少女。親のネグレクトにより5歳までダンボールに閉じ込められて育った子供が児童養護施設に保護されるストーリー「ダンボールで育った少女」、難病児の弟にかかりきりになってしまう親と放っておかれる長男の心の確執を描いた「きょうだい児」、ほか親の愛情を得られない子供たちの物語2作品を含めた4作品。

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/13話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ダンボールで育った少女 のスタッフレビュー

大豆
  • 大豆
  • レビュー数:8件

幼児虐待を受けた少女を救うことはできるのか…?

「ダンボール」の中だけが、少女の世界の全てだった

数か月もの家賃滞納にしびれを切らした大家さんがアパートをたずねた部屋には、異臭やゴミがはびこっていました。くまなく荷物の中身をチェックしたところ、カサカサと音を立てるダンボールを発見。驚いて中を見ると、そこにはガムテープで口をふさがれた少女がいたのです。彼女の名前は沙羅。21歳になる両親は、生後間もない頃からずっと沙羅を虐待し続けていたのでした。発見したとき、沙羅は2歳くらいにしか見えませんでしたが、実際は5歳。それほどまでに身体は衰弱し切っていたのです。

思わず目を背けたくなるストーリーは、読んでいて苦しくて仕方なくなってしまいます…。

夏美先生の無償の愛に触れ、再び少女の時間は動き出すのか…?

まともに話すことも、排泄することもできず、人間らしい行動がまるでできない沙羅。養護院の先生ですら持て余してしまうのですが、そこに勤務する夏美先生だけは、沙羅を一人の人間として接していました。ある日、夏美先生は彼氏の車に沙羅を乗せて一緒に出かけます。それは、養護院の規則から反する行為。けれども、沙羅に広い世界を見せたかった夏美先生。沙羅にはダンボールという狭い世界だけじゃなく、この世にはどこまでも続く広い世界があるんだと伝えたかったからです。

仕事と割り切ることなく、愛情のみを掛けようと懸命な夏美先生の姿に希望を見いだせます。夏美先生と接していくことで沙羅は一体どうなっていくのでしょうか…。

2017/01/13 15:30

ユーザーレビュー

  1. 評価:4.000 4.0

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    1〜3話。無償の愛。夏美と薫。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    ダンボールで育った少女を読みました。


    1〜3話。ネタバレ感想ご注意ください。


    新・ダンボールで育った少女を読んで、こちらも読んでみました。


    ある若い夫婦が逮捕され、アパートの部屋のダンボールの中に女の子がいました。

    5歳。見た目が2歳児のよう。

    名前は沙羅。

    児童福祉施設に預けられますが、他の子供は一人を除いて気味悪がり、他の職員も親身に世話をしません。


    夏美先生だけは、分け隔てなく接しましたが、


    沙羅ちゃんは心を閉ざしたまま。


    一人を除いた子供は、高校生の薫。


    職員の偽善を見抜きます。


    夏美先生は、彼氏と付き合ってて、ある日しますが、彼氏に子供の話をします。


    子供がいても愛せるか。


    ある日、沙羅を無断で連れ出し外の世界を見せます。


    バレた夏美は、謹慎処分。


    人気者だった夏美が来ないのを、他の子供は沙羅のせいにして暴力。

    職員に怒ったのは薫でした。


    沙羅は、なつみせんせい、なつみせんせい

    と、うわ言のように声を出し、、


    夏美の謹慎処分は解除。心を開いた沙羅はすくすくと成長を始めました。


    おわり。


    感想。沙羅にとっての希望は、夏美と薫でした。

    分け隔てなく接してくれた。無償の愛だった。


    保育園の参観日で色んな子供見て、思ったのは、

    大人と変わらず、みんなそれぞれに性格や考えがある事。
    幼いから大人のようにハッキリ言ったり、善悪の分別がついてないだけ。


    夏美先生と、まわりに迎合しない薫が園に居て良かった。

    この2人が良心。


    あのメガネの女の先生みたいなのばかりの社会だと、世の中に絶望するばかり。

    この先生は、とんでもない。

    相性の悪い子や気に入らない子は、否定される。おかしいよ。理不尽だ。

  2. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    酷すぎる児童虐待

    ここ最近テレビでしょっちゅう見る児童虐待。
    当然「信じられない」という意見しかテレビでは流れないけど、ネット等では「気持ち解る」「育児に疲れるあまりやってしまう」という意見も。

    子供の居ない自分にはわからないのかもしれないけど、本当に未熟な人間同士の失敗で出来てしまい、どうしていいかわからないうちに放置が当たり前になってしまうのかも。

    産んですぐはお乳を、だんだんに離乳食をあげて毎日毎日お風呂に入れて着替えさせ清潔を保つ。病気をして少しずつ体が強くなる。

    人間1人1人がすごいこまかい手間と愛情をもらって生きているんだね。

    そうじゃないとこうなってしまうんだ。

    この子が幸せになって欲しい。
    今後が気になる。

  3. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    虐待も問題だけど

    最近本当にネグレクト気味な親が多い!
    とくに子供を遊ばせる大衆的な場所(公園、室内遊戯場、体育館など)
    に連れてってずっと椅子でスマホいじってる親には腹が立ちます。
    自分の子供が5歳で、わいわい2人で遊んでると、そういう親の子供って、だいたい一緒に遊ぼうとか言ってずっと、くっついてきます。
    子供に罪はないため対応しますが、素知らぬふりをしてずっと携帯しか見てない…増えてます。意外と若いママのほうがしっかりしてたり。
    確かに子供は時には邪魔というか、一人になりたい時あるのはわかります。が、責任持ってほしい。
    あと、今の核社会、家族、世の中も悪いと思う。

  4. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    6人の方が「参考になった」と投票しています。

    衝撃的なタイトルと表紙
    広告で見てまんまと釣られました

    虐待って遠い話と思ってても意外と近いところにある
    隣近所の子どもから勤務先のゲームセンターによく来る親子、たまたま夜中にコンビニにいったら父親らしき人にお菓子ねだってお腹に蹴りを入れられてる子どもを目撃したり
    他人事ではないとみんなが思わないと子どもを救うことは出来ないんやなと思った
    コンビニの子に思わず「大丈夫❓」と店内にいる人みんなに聞こえるような大きな声で駆け寄ったら父親は気まずそうにうつむいて子どもの持ってたお菓子を買ってコンビニから出て行ってたけどあの子はあの後どうなったかわからない

  5. 評価:4.000 4.0

    6人の方が「参考になった」と投票しています。

    実話なんですよね?

    このシリーズは読者の方が投稿した内容が原作になっていて…そうすると、全く救われないお子さんが多いという事になりますね。
    小生も毒親育ちなので、子供の頃から漠然と考えていたのです。子をもうけるには、資格試験でもして、一定の条件を満たした者だけに許可すればいいのでは?と。
    育てる事が出来ないなら、産んではいけないと思います。

すべてのレビューを見る(385件)

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

他にもこちらがおすすめです

    Loading

おすすめ特集

ダンボールで育った少女に関する記事