怨み屋本舗

  1. めちゃコミック
  2. 青年漫画
  3. ビジネスジャンプ
  4. 怨み屋本舗
怨み屋本舗
  • タップ
  • スクロール

あらすじ

「あなたの怨み晴らします。社会的抹殺・人探し・実質的殺害(価格応談)」…こんな名刺があなたのポストに投げ込まれたら、あなたはどうしますか? 謎の女「怨み屋」があなたに代わって制裁を下します。殺伐とした現代社会の暗部を抉る問題作!!

この作品のシリーズ一覧(5件)

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
001話
第1話 怨みの方程式(1)
無料配信中!
0pt
002話
第1話 怨みの方程式(2)
無料配信中!
0pt
003話
第2話 殺しの方程式(1)
43pt
004話
第2話 殺しの方程式(2)
43pt
005話
第3話 天使のハンマー(1)
43pt
006話
第3話 天使のハンマー(2)
43pt
007話
第4話 失わない男(1)
43pt
008話
第4話 失わない男(2)
43pt
009話
第5話 白日のプライバシー(1)
43pt
010話
第5話 白日のプライバシー(2)
43pt
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/248話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

怨み屋本舗 のスタッフレビュー

おーじ

怨みを晴らしたければ「怨み屋」へ! 復讐代行業の女の物語

あなたの怨み、晴らします

怨み屋――それは怨みを持つ者から依頼を受け、金銭と引き換えに復讐を代行する業者のこと。その怨み屋である女・宝条栞(ほうじょう しおり)が使っている名刺には、こんな言葉が書かれている。「あなたの怨み晴らします。社会的抹殺・人殺し・実質的殺害(価格応談)」。トラブルの絶えない現代社会で、彼女は容赦なくターゲットに裁きを下していく!

2000年に『ビジネスジャンプ増刊エクストラ』(集英社)で連載が始まり、翌年『ビジネスジャンプ』(集英社)に掲載誌を移してレギュラー連載となると世間の評判を集め、テレビドラマ化もされた本作。今でもその人気は衰えず、2016年現在、『グランドジャンプ』(集英社)上でシリーズ第5弾となる『怨み屋本舗EVIL HEART』(集英社)が連載中のロングヒット作品です。

落としどころが読めない面白さにハマる人続出

一話ごとに変わった落としどころがあるのが魅力的な作品。ターゲットではなく依頼人のほうが悪人だったり、金額で復讐手段が変わって喧嘩両成敗という形になったり、実は複数の依頼を受けていて片方の依頼人を犯人に仕立て上げたりと、最後まで予測のつかない面白さがあります。めまぐるしく変わる展開の中でクールに行動する宝条栞も魅力的。一話完結形式で、読後は質の高い短篇ミステリーを読んだようなカタルシスが味わえます。

2016/12/22 13:00

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    一気に読みました!

    とても面白かったです。
    まず主人公の女性が聡明で美しくカッコいいです。
    私は女性ですがその魅力に引き込まれました。
    準主人公格の他の怨み屋メンバーもそれぞれ個性的でいい味だしています。
    悪人に制裁をというスッキリ展開のため悪人はとことん嫌な奴が多く、制裁を受ける姿はスッキリします。(たまにスッキリしない展開もありますが…1、2話なんかその筆頭ですね)
    同じ復讐漫画の善悪の屑(こちらの方が後発ですね)と比較すると暴力やエグさは控えめでそういうのが苦手な方でも多少は読みやすいかも。
    一話完結型でテンポの良い話が多いのではまるとどんどん購入してしまいます。
    私は気がついたら7000円?8000円くらい課金しておりました。
    ある程度読んで、はまりそうだなと思ったら古本屋でまとめ買いをするなりまんが喫茶で一気読みをするなりした方が経済的です。

  2. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    人を呪わば...こうなるのか

    ネタバレありのレビューです。表示する

    物語は妻を通り魔的な事件で失った夫の現場立ち会いというショッキングなシーンでいきなり始まる。

    新婚1年目、しかもお腹に赤ちゃんを宿した妻を突然...という悲惨過ぎる事件。
    だけど若い夫の強い怒りに同調出来て、一気に引き込まれる。

    そりゃ誰だって若くして突然人生の全てを奪われたら、犯人を見つけて裁きたくなるだろう。

    犯人はどこの誰だ!という焦りが読み手に伝わり先が気になる。
    そしてそこに謎の美女登場...という具合でとてもテンポが良く面白い。

    半ばヤケクソの夫に美女が忠告。
    「素人が下手に手出ししないで。」
    しかし...。

    まさかのラストも見応えあり。
    人の心の闇の間を颯爽と渡り歩く美女もかっこいい。
    絵もお話にあっていていいです。

  3. 評価:5.000 5.0

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    言わずと知れた名作

    こんな会社があったら、もしかして頼む人って沢山いるのかも知れない…と考えさせられます。

    ゲスな人間に陥れられた人の心の闇が、復讐を代行してやってくれるのなら、どんな手を使っても相手を破滅に導きたいという気持ちになり、その気持ちを利用したビジネス…!

    本当にビジネスでもこんな事をすると警察に捕まるし、やり過ぎな時もあるので、怖いもの見たさに近い感じで、ハラハラしながらページが進んでしまいます。

    スカッとはしないかも知れないけど、とにかく面白いのでおススメです。

  4. 評価:1.000 1.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    興味深い

    大変興味深い内容に惹かれて、
    無料サービスの部分を読みました。

    謎の妙齢の女性が「怨み屋」を一人で経営している個人事業者なんですね。

    怨み屋に依頼する人間は、みな人間関係のトラブルによって発生するものだと、
    改めて実感しました。

    依頼者は犯罪被害に遭った当事者か遺族の場合が多い・・・。

    本当に必要最低限の人間関係で生活していくことが、犯罪被害に遭遇しないための対策になります。

    これに気づいた者は対人恐怖症や人間嫌いになって、自宅に引きこもりそうになると思います。

    自分も人間が大嫌いです。
    身勝手な愛犬家を見て、全ての愛犬家が
    こんなひどい人間だと偏見の目で見られる影響のある作品だと感じました。

    ますます人間嫌いになっていきます。

  5. 評価:4.000 4.0

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    人生最大の怒り

    ネタバレありのレビューです。表示する

    人生最大の怒りとは、愛する人の命が奪われた時だという。もしも自分がその立場だったら、1~2話の彼と同じ状態になるかもしれない…
    そこで登場する彼女は正にうらみを晴らすプロ。読者を欺くような痛快にすら感じたストーリー展開には驚いた。
    ただ人が亡くなるシーンが多いので、
    自分の精神的な余裕がないと楽しめないな…とも感じた。

すべてのレビューを見る(367件)

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

>

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

他にもこちらがおすすめです

    Loading

おすすめ特集

>