中間管理録トネガワ

あらすじ

帝愛グループ会長・兵藤和尊(ひょうどう・かずたか)の命で、債務者たちによる「死のゲーム」の企画を任された幹部・利根川幸雄(とねがわ・ゆきお)!! 早速、企画会議を開く利根川を待っていたのは、受難…!! 煩悶…!! そして絶望…!! 会長と黒服の間で苦悩する利根川を描く、悪魔的スピンオフ、始動……!!

この作品のシリーズ一覧(6件)

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/89話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

中間管理録トネガワ のスタッフレビュー

おーじ

『このマンガがすごい!2017』オトコ編1位! 悪魔的パロディ

『カイジ』シリーズ屈指の悪役 利根川幸雄がギャグ漫画の主役に!?

カイジを読んだ事が無い人でも目にした事であろう数々の名言。その中でも有名な「金は命よりも重い……」「一生迷ってろ そして失い続けるんだ 貴重な機会(チャンス)を」この2つを言い放つのが利根川なのです。

冷静であり、人の本質を見抜く事ができ、勝負の勘も冴える男。そんな彼がまさかのギャグ漫画の主役になりました!

大手金融会社「帝愛」グループ最高幹部でありながら会長と部下のために奔走する1人の中間管理職の人間味あふれる物語。同じサングラスとスーツに身を包んだ黒服部下の名前を覚えようとする話・部下を労うための焼肉をする話・お洒落とは何かを諭す話。それだけのストーリーなのに利根川の思考と右往左往っぷりがたまらなく面白い!

パロディだけに留まらない、キャラクターへの圧倒的な愛

原作の絵とほぼ変わらないタッチで描かれた本作品は『カイジ』シリーズへの愛に満ち溢れたリスペクト・パロディ漫画。福本作品独特の演出(空間ごと顔が歪む・ザワザワという効果音)をギャグに応用する大胆さ。そして読んでいると同じサングラスにスーツを着た黒服部下たちの顔の見分けがつくようになっていく深み。冷静に振る舞っていた彼らもここまで表情が豊かだなんてという発見もあります。

これを機に原作にあたる『カイジ』シリーズも手にとってみてはいかがでしょうか?

2017/03/29 13:00

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0
    by roka

    11人の方が「参考になった」と投票しています。

    ざわ…ざわ…

    ざわ…ざわ…

    カイジ本編で強烈な印象を与えた利根川を主人公にしたスピンオフ……!
    どんな悪の美学を見せつけてくれるかと思いきや……意外……!
    作品の内容は……コメディ……!
    圧倒的コメディ……!
    別の作者にも関わらず、オリジナルと変わらない絵柄で、カイジ好きならニヤリとすること間違いなし……この魅力……悪魔的だ……!
    では、オリジナルを知らなければ楽しめないのか……?
    そうでもないっ……!
    初見の読者に対しても、決して排他的ではない……!
    僥倖……まさしく僥倖……!
    ならば、カイジを知らなくても読むべきか……?
    だが………駄目っ………!
    それこそが罠っ………!
    先にスピンオフを読むなど……悪手……これ以上ない悪手……!
    あくまで、オリジナルありきだっ……!
    その後で読んでこそ、この漫画は輝く……!

    ざわ…ざわ……

  2. 評価:5.000 5.0

    8人の方が「参考になった」と投票しています。

    利根川の意外な一面

    あの伝説の限定ジャンケンが生まれるまでのストーリーを、中間管理職である利根川を中心にシュールに描いた漫画。結構笑えます。カイジ本編を読んだ人にはぜひ知っておいてほしい裏話が満載。カイジ本編より先にこの漫画を読んでしまうと。。。。

  3. 評価:5.000 5.0

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    想定外のユルさ

    カイジ本編を知る人ならば、このユルさがたまらないはず。
    逆に、本編知らない方だと「なんのこっちゃ?」な作品。
    スピンオフなんだけど、本編のイメージを思いっきり覆されます。
    故に、
    ●本編読んだことない人
    ●本編の圧倒的熱烈ファン
    は読まないで良いかもです。
    個人的には「ユルさ」が大好き。なので、高評価。

  4. 評価:5.000 5.0

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    カイジ知らなくても面白い!と思う

    面白くて一気買いしてしまいました。私はカイジ自体は、なんとなくのギャンブルで勝ち上がっていくというあらすじ、掲示板などで貼られる画像で、憶測で知っていただけなのですが、それだけの知識でも充分楽しめました。むしろこの作品のおかげでなんとなく今まで手をつけなかったカイジもきちんと読んでしまいました。(面白かったです)本末転倒ですが、、、。そして二度読みして2倍楽しめました。本来のファンの方からしたら邪道かもしれませんが、読んで損はないと思います。

  5. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    圧倒的に面白い

    原作当時、高校生だった私はカイジの世界観は一度読んだだけでは理解できず、何度も読み返していました。そのぶん、各キャラの個性が根強くインプットされており、本作の主人公利根川や黒服連中にスムーズに感情移入できました。相応の時間が経過し、更に敵のボスではなく、中ボスといえる存在にクローズアップし、現代社会と抱える問題や立場の難しさをコミカルに描く本作は中年世代以上の方には過去へのオマージュと共に賞賛される作品といえるでしょう。

すべてのレビューを見る(81件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

中間管理録トネガワに関する記事