封神演義

あらすじ

紀元前11世紀の中国、殷(いん)の時代末期。崑崙山脈(こんろんさんみゃく)の仙人・太公望(たいこうぼう)は、悪しき仙人・道士を封印する「封神計画」という任務を受ける! 殷の皇帝・紂王(ちゅうおう)を誘惑して暴虐の限りを尽くす仙女・妲己(だっき)を、太公望は真っ先に封神しようとするが…!?

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/230話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

スタッフレビュー

おーじ

藤崎竜先生の描く中国怪奇小説! 怠け者の仙人は、国を救えるか?

修行の一環として365人もの仙道達を倒さなきゃいけない!?

物語の舞台は、三千年以上前の中国。仙人・道士・妖怪が入り乱れる混沌とした時代。

仙人の元で修行していた主人公・太公望は悪しき者たちを取り押さえるため、仙人界から直々に封神計画を命じられます。なんとなく乗り気にならない太公望ですが、地上に降りないと破門されるとまで言い放たれてしまいます。泣く泣く仙人様から「宝貝」という武器を授かり、霊獣・四不象(スープーシャン)を相棒にし、邪心を持つ仙女・妲己を倒すため道士の旅をすることに…。

怠け者で新米の太公望は果たして、強敵達に立ち向かい、国を救うことができるのでしょうか? スリル満点な始まりですがコメディも抜群に面白い作品です!

やらないときはやらない、でも決めるときはバッチリ決める!

わずか30年程で仙人の力を身に着けた太公望。天空では怠け者として叱咤されていて、本当に仙人なのか? と疑問に思う部分も。しかし、実はちゃんと策略を練っていて、隠れたところで活躍している姿には彼の才能のすごさを感じずにはいられません! 太公望のように上手く使えるかどうかは置いといて、読み進めていると宝貝が欲しくなってきてしまうはずです。

また、封神リストに載っている強敵の一人・申公豹にも注目。彼の服のセンスは前衛的で素敵なので、ぜひファッションチェックをしてみてください!

2016/12/22 13:00

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    6人の方が「参考になった」と投票しています。

    意外だった

    ネタバレありのレビューです。表示する

    絵は綺麗だけど面白い部分が多いせいか、なんだか重みや深みが足らないなぁと不満がありつつ(笑)読んでいきましたが、読めば読む程ことごとくこちらを裏切り奥深さに完敗です!
    また何度も読み返せばたぶん更に奥深さから新たな発見をできそうです!
    私がジャンプで読んでたらきっと理解しきれない程、高度で最高な作品でした!
    歴史戦争神話マンガというよりも、生命体全てにおいて存在意義を問うことではなく確かにそこに存在してることだけで魅力あることだと、感謝したくなる作品でした。元気出ました!ありがとうございます。また読み返します。

  2. 評価:5.000 5.0

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    大好きなマンガ!

    ネタバレありのレビューです。表示する

    小学生の時にコミックで集めて、大人になった今でも持ってます!
    主人公のずる賢こさも、スープーシャンの可愛さも好きです。
    最終的に主要メンバーがドンドン死んでいくので、見ていてスゴく悲しいけど最後そんな話になるのか!と想像してなかった展開にびっくりします。
    でも自分が一番好きだったキャラが死んだ時はホントに悲しかったなぁ(;^^)
    是非また外伝とか書いてほしい作品でした。

  3. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    8人の方が「参考になった」と投票しています。

    素晴らしい作品

    連載当時からの大好きな作品。
    笑あり、涙ありで読み終わった時の清々しさをネットで読めるのは幸せです!
    主人公はもちろん 主人公以外のキャラクター設定もしっかりしていますので 憎めないキャラクターばかり。
    絵もたいへん綺麗ですので購入されて損はない作品です!

  4. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    ネタバレあり

    ネタバレありのレビューです。表示する

    久しぶりに読み直しました。内容は中国の神話漫画。調べてみると実際に神話として出てくる方々が登場していて面白い!歴史好きには読み応えあると思います!
    絵はちょっと独特だけど、綺麗です。中でもやっぱり妲己は!!笑
    ラスト、妲己の立ち位置がよくわからなかったけど、太公望も生きてることだし、ハッピーエンドで良かった。でも、人間側の被害はとんでもない。紂王の息子二人が一番可哀想でした。

  5. 評価:4.000 4.0

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    久しぶり

    ネタバレありのレビューです。表示する

    に読んだけど、やっぱり面白いわ〜
    再認識出来て良かった...話し自体も面白いけど魅力的なキャラが多くて捨てキャラ無しな所も凄いと思う!
    まぁ唯一の『ん〜?』は最後の妲己ちゃんの心変わりというかキャラ変というか…何千人も犠牲になってるのに?!って良いの?!って当時めっちゃ思って…今また読んだら違うのかな??

すべてのレビューを見る(163件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集