幽麗塔

あらすじ

時は昭和29年、舞台は神戸。ニートの天野は、幽霊塔と呼ばれる時計塔で、白い何者かに襲われ死の寸前、謎の美青年・テツオに救われる。テツオは曰く「幽霊塔の財宝探しを手伝えば、金も名誉も手に入る」。しかしテツオの正体は、男を装う女であり、その名も偽名であった・・・・・・・・

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/177話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

幽麗塔 のスタッフレビュー

おーじ

男装の麗人をめぐるホラー・ミステリー! 連続殺人事件に隠された真相とは?

財宝が眠っているのは、呪いの事件現場!?

舞台は昭和の神戸。金にも名誉にも女にも恵まれないプータロー青年・天野太一は、カストリ雑誌(当時のエログロ本)などを読むことしか楽しみのない毎日を送っていました。そんなある日、ひょんなことから謎の美青年・テツオと知り合い、「幽霊塔」と呼ばれる時計台に案内されます。そこは、時計の針に磔にされて老婆が殺された事件現場であり、彼女の霊が出ると噂のいわくつきの建物。「幽霊塔」に財宝が隠されているとテツオに教えられた天野は、彼の宝探しに付き合うことになりますが、老婆の霊に扮した何者かが2人に迫り…!?

医療漫画『医龍』(永井明・乃木坂太郎/小学館)の作者・乃木坂太郎先生だから描ける、ジェンダー問題や生命倫理といった人間ドラマを盛り込んだ濃密なサスペンスが展開されます。

謎、トラップ、敵…ピンチの連続に息つく間もない!

時計の針に体を括り付けられ、時間が刻まれるたびに下半身をねじられてしまうという、エグさ満点の方法で殺されそうになったり、天井が下がってくる部屋に閉じ込められたり…。手に汗握る展開の連続です。先の読めないストーリーに、イッキ読み間違いなし!

幽霊に扮する残虐な殺人鬼「死番虫」の正体は? 男装の麗人・テツオの秘密、そして彼女が天野を幽霊塔に導いた理由とは? 気になる結末は、是非本編でご確認を。

2017/01/17 13:00

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0
    by roka

    10人の方が「参考になった」と投票しています。

    地獄を抱えて

    普通のサスペンスは、あくまでスリルや謎解きがメインで、それを彩るための「道具」や「舞台」を用意する。
    その道具や舞台が不気味だったり特異だったりすれば、それがサスペンスを飾るカラーやムードになる。
    そういう意味で、この漫画は完全に異色。
    度肝を抜かれた。

    主要な登場人物のほとんど誰もが少なからず「倒錯」しており、確かに、一種異様な雰囲気はある。
    でもそれは、サスペンスの雰囲気作りのための「装飾」ではない。
    トランスジェンダーを「イロモノ」扱いして、「一風変わった曲者たちが活躍するサスペンス」として描いたほうが、よほどノーマルだったろう。
    繰り返し、この漫画の着地点は、そこではない。
    むしろ、サスペンスを「道具」にしながら、何とか運命を切り開こうともがく人間の姿を描くことこそが、主眼なのではないかと感じた。

    登場人物たちは、皆、屈折している。
    倒錯している。
    一面を見れば、そうだ。
    でも、よくよく考えてみれば、私たちの誰もが、自分の内に地獄のひとつや二つ、抱えているのではなかろうか。
    それが、時代性や社会性の中で、特殊なものとしてクローズアップされるかどうかの違いがあるだけで。
    その地獄を抱えて、それでも地獄には落ちまいと、懸命に運命に抗う人間たちの姿に、胸が熱くなった。
    本作の財宝は、その地獄に光を当てるための手段なのだ。
    これほど美しく、価値ある「宝」を、私は他に知らない。

    この漫画は、サスペンスの姿をした、人間讃歌だと思う。
    ここまで書いて気づいたが、何かそれって、「ジョジョ」みたいじゃん。

  2. 評価:5.000 5.0

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    これははまった

    普段読まないような系統のお話だったのに、めっちゃハマりました。絵が綺麗だから読みたくなったのかな?なんか、引きずりこまれるように読み、更新されるのを楽しみに待って、更新されたら喜んで読ませてもらっていました(о^∇^о)終わったら終わったで寂しい( ;∀;)とても複雑な事情がある人たちの話だけど、やはり謎解きのようにすいすい楽しく読めました。ミステリーなのかな?大好きです!

  3. 評価:5.000 5.0

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    イッキ読み

    冒険活劇、乱歩風倒錯的世界観、美しいけれどイキイキしたタッチ、開かれた社会観、出版界の魅力や可能性。盛りだくさんだけれど崩壊せずにちゃんと詰め込まれてる。
    何よりも先がヨミタイヨミタイと思わせるストーリー展開と、ずっと一緒にいたいと思わせるようなキャラクターの魅力は大きい。読み終わった後、一時代生ききったような充実感があった。

  4. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    テツオが魅力的過ぎる…

    素晴らしかったです。推理小説好きにはたまりません。仕掛けのスケールが大きくて、読んでるうちに引き込まれるというか呑み込まれました。
    登場人物も一人一人に味があり、例えそれが「悪」でも魅了されてしまいます。性と生をテーマに展開していくストーリーに考えさせられる部分も沢山ありました。
    この作品に出逢えて良かった!!

  5. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    助けて下さい。

    面白くてやめられないんです。
    作品が魅力的で、小説のようです。
    それに合う魅力的な絵で描かれているので、次々と先が観たくて課金して読んで仕方ないんです。

    次のポイント加算まで堪える方法を誰か教えて下さい。

    結局一気読みしてしまいました。
    素晴らしい作品で、絵も良かったです!

すべてのレビューを見る(140件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集