ちいさいひと 青葉児童相談所物語

  1. めちゃコミック
  2. 青年漫画
  3. 少年サンデー
  4. ちいさいひと 青葉児童相談所物語

あらすじ

増え続ける児童虐待。すべての子どもたちの幸せのため、駆け出し児童福祉司の相川健太は今日も奮闘する! その命を救うため、その笑顔を取り戻すため、日々戦う大人たちがここにいる!

この作品のシリーズ一覧(2件)

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/64話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ちいさいひと 青葉児童相談所物語 のスタッフレビュー

おーじ

児童虐待の闇に迫る! 新米児童福祉司の奮闘記

かつて自分を救ってくれた児童福祉司のように

主人公・相川健太は、駆け出しの児童福祉司。児童福祉司とは、児童相談所で働くケースワーカーのことです。親の身勝手な行動や、誤った育児方針のせいで、辛い境遇を強いられている子どもたち。そんな子どもたちの保護や、相談、指導を行うのが児童福祉司の仕事です。自身も児童福祉司に救ってもらった過去をもつ健太は、必死に問題解決に挑みます。

深刻な社会問題である児童虐待。でも、家庭的な背景が絡むことから、世間からは目を伏せられがちです。その実情をリアルに描いたことでも話題になった作品です。

家庭の事情にどこまで踏み込んでいいのか?児童福祉司の葛藤

児童虐待と一口に言っても、その内情は様々。大まかに分けて、暴力を与える「身体的虐待」、性行為を強要する「性的虐待」、育児を放棄する「ネグレクト」、感情的な負担を与える「心理的虐待」の4種類が挙げられます。そして、それらにより日本国内で子どもが亡くなるペースは、なんと6日に1人…… 本作にはそれぞれの問題に関する解説もあるので、その悲惨な実態を知ることができます。

複雑な事情に悩む親子と、児童相談所はどう向き合っていくのか? 尊い命を守るために奮闘する健太たちの姿に、胸を打たれること必至です。

2016/09/23 16:00

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    78人の方が「参考になった」と投票しています。

    虐待してるかもと思ってる人に読んでほしい

    作者にそのような意図があるかはわからないけど、主人公はアスペルガーの私の夫とよく似てる。
    そして私の息子も発達障害児。

    第1話にあるように、何らかの障害を抱えている子供を持つというのも虐待のきっかけになりやすいみたいですね(主人公が虐待されてた背景は主人公の発達障害もあるのでは、と個人的に推測してます)。
    そしてうちも、夫は1つのことさえろくにこなせず、一人称しか存在しない。息子も夫と同じ系統で、より症状が重い。
    そんなこんなで、息子に関しては我が子としてまだ受け入れられない状態で、精神的虐待してると思うし、ネグレクトだと思う。
    でも、色んな相談先に相談すると、育児あるあるとして片付けられてしまう。
    相談先も頼りにならないし、1人で心も体も踏ん張っての発達障害親子の面倒お世話…精神科に通院しながら生活してるけど、私の精神状態はかなりギリギリのところにいるという自覚がある。
    私みたいな人には、色々と考えさせられる漫画。
    ここまで堕ちてなるものか!と強く思った。

    批判されることわかってますが、同じ立場の人に読んで欲しくてこんな内容の本音のレビュー書きました。

  2. 評価:2.000 2.0
    by 架夜

    27人の方が「参考になった」と投票しています。

    主人公が勝手すぎる

    ネタバレありのレビューです。表示する

    虐待内容は現実に起きている事で、それが漫画の中だけでも救われるのは良いと思います。

    ただ主人公が暴走しすぎたり、あからさまに専門用語を使いたがるのでそこで一気に冷めてしまう…。

    用語を出したり解説するのは良いけれど、台詞内で出したら違和感しかない。
    横文字使いたがる若者みたいで。

    さらに東日本大震災編、あれでドン引き!
    まず上司に3ヶ月無休なのを注意されると、『体力に自信があるので大丈夫です!』と。上司は当然労基管理の問題だと反論。
    結局しぶしぶ休みを取るも、その休みを利用して「行くな」と言われていた被災地へ単独行こうとする。
    これも上司がツテを紹介してなんとかフォロー。

    な、の、に!
    行って数日、現地の人が『もう少し残って欲しい』と言い出したとたんに『僕の居場所はここじゃなかった』って…!
    好き放題振る舞うのも程々にしろ!!と思いましたね。

    どうしても好きになれませんでした…。

  3. 評価:2.000 2.0
    by 匿名希望

    30人の方が「参考になった」と投票しています。

    フィクションとしての一例

    ネタバレありのレビューです。表示する

    何人かのレビューでも指摘されていますが、題材の真新しさ、ハッピーエンドばかり、熱い主人公な点は、少年漫画としては良い点だと思います。
    でも何かなぁ、空回りしているんですよね。
    一方で、職員さんたちのあの軽い反応はリアルです。

    私もこの漫画でいう、サバイバー(虐待からの生還者)です。
    何度も病院に担ぎ込まれて、食べ物も衣服も入浴も与えられず、暴力も振るわれ、性的にも危機的状況でした。
    でもこんな人、どこにもいませんでしたよ。
    助けを求めても親の説明だけ信じて、保護なんてしてくれません。
    虐待されてるかもしれないけど、あなたがいなくなったら、今はお姫さま扱いされてる妹が虐待されるかもしれないから、我慢しなよ。だって。
    18で友人に手伝ってもらって逃げ出すまで、何人ものスクールカウンセラーや教師、市の相談員に助けをはね除けられました。
    どこかにいるんですか?
    どこにいるのでしょう?
    どこかには、いるのかもしれませんね。

    虐待を知らない人には、のりもいいし、ハッピーエンドだから読みやすいと思います。
    サバイバーの私にはちょっと無理でした。
    理由なく子を虐待する親は存在するし、子を殺しても許される!と心から信じている親も存在するし、
    逃げ切れずに殺された子も、脱出できても一生消えない傷を負わされた子も、親を殺したいほど憎んでいる子も、日本にだってたくくさんいます。
    綺麗なお話が好きな方はどうぞ。

  4. 評価:4.000 4.0

    59人の方が「参考になった」と投票しています。

    途中までですが、

    ネタバレありのレビューです。表示する

    母親がひどすぎる、、、いい家に住み、綺麗に着飾っておきながら、子供たちは不衛生なアパートに閉じ込め。
    まだ未就学児の娘に赤ちゃんの面倒を押し付け、ご飯もろくに与えない。
    役所の人が来ても威圧的な態度、、、
    唯一の子供からのSOSで赤ちゃんが泣かなくなった。死んだかもと知らされても
    うるさく無くなるね。よかったね。
    って、、、非情に言える母。

    ひど過ぎる。フィクションにしても腹がたつ!!
    実際の虐待のニュースでも幼い子供を家に放置して死なせたりとありますが、、、本当に悲しい。
    こんな親、同じ思いをさせてやりたい。極刑にしてほしい。

  5. 評価:4.000 4.0
    by 真早

    17人の方が「参考になった」と投票しています。

    これからの展開に期待

    少しだけ、現実より綺麗目にはおもいますが、このまんがを通して、少しでも、こういう仕事につきたいと思う人たちが増え、事なかれ主義が減る事を願います。
    綺麗目…と感じたのは絵柄だけなので、ストーリーとしては一話一話をきめ細かく掘り下げてとても良いと思いました。

    正直なところ…
    私も児童福祉の仕事をしたいと気持ちが強くなってきています
    今は子供の教育の仕事をしてますが、虐待や、お風呂に入れていない、性的に何か問題のある家庭に育っているとカンで気づいても、立ち入れません

    なので、こういう作品を読む時には覚悟がいります

    続けていくことが大切なテーマと思うので、責任を持って作者さんには続けていただきたいです

すべてのレビューを見る(835件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集