四月は君の嘘

あらすじ

桜の花びら、音楽、そして嘘。君と出逢った日から世界は変わる――母の死をきっかけにピアノを弾かなくなった、元・天才少年ピアニスト有馬公生(ありま・こうせい)。目標もなく過ごす彼の日常は、モノトーンのように色が無い……だが、友人の付き添いで行ったデートが、少年の暗い運命を変える。性格最低、暴力上等、そして才能豊かなヴァイオリニスト……少女・宮園(みやぞの)かをりと出逢った日から、有馬公生の日常は色付き始める!! 胸を打つ青春ラブストーリー!!

この作品のシリーズ一覧(2件)

  1. まとめ買い

    最大100話を同時購入できます(詳細)

  2. 001話
    モノトーン(1)
    無料配信 期間:2020/10/16~2020/10/29
    0pt
  3. 002話
    モノトーン(2)
    無料配信 期間:2020/10/16~2020/10/29
    0pt
  4. 003話
    モノトーン(3)
    無料配信 期間:2020/10/16~2020/10/29
    0pt
  5. 004話
    モノトーン(4)
    無料配信 期間:2020/10/16~2020/10/29
    0pt
  6. 005話
    ヴァイオリニストの恋(1)
    無料配信 期間:2020/10/16~2020/10/29
    0pt
  7. 006話
    ヴァイオリニストの恋(2)
    無料配信 期間:2020/10/16~2020/10/29
    0pt
  8. 007話
    ヴァイオリニストの恋(3)
    無料配信 期間:2020/10/16~2020/10/29
    0pt
  9. 008話
    黒猫(1)
    無料配信 期間:2020/10/16~2020/10/29
    0pt
  10. 009話
    黒猫(2)
    無料配信 期間:2020/10/16~2020/10/29
    0pt
  11. 010話
    黒猫(3)
    無料配信 期間:2020/10/16~2020/10/29
    0pt
/133話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    12人の方が「参考になった」と投票しています。

    辛いけど、最後まで読まずにはいられない

    ネタバレありのレビューです。表示する

    かをりの最後を覚悟していたけど、つらくてつらくて、途中よむのをやめてしまいそうになりました。
    こうせいくんのへなちょこさと成長していく姿がリアルな男の子っぽくてよかった。あとバカな所も。
    椿ちゃんのつらさやさびしさも、いつか味わったあの時の気持ちを思いだしました。
    かをりちゃんみたいな最後を意識した覚悟をきめた女の子と戦うのはしんどいよねぇ。
    イヤな女の子にならないように努力するけなげさも愛おしい。
    渡くんや他のキャラのお話も読みたいくらい、それぞれの人物が迫ってきました。
    青春を大分過ぎて母になった今、ノンフィクションとはいえ、こどもに死なれる、こどもを残して死ぬのはしんどいけど。
    最後になって、かをりの発言や行動の意味を理解した時は夜中ベッドで号泣してしまいました。
    あとは単純にマンガで音楽を表現するってすごいよね。
    とかいいつつ、最後まで読み切ってしまいました。読まずにはいられない。
    作者さんありがとう。これからも頑張ってね。

  2. 評価:5.000 5.0

    9人の方が「参考になった」と投票しています。

    音楽と青春、恋と嘘

    ネタバレありのレビューです。表示する

    きっと、かをりの嘘に気がつかなかったのは公生だけだと思う。きっと、渡くんと椿ちゃんは途中から気づいてた。かをりは、どんな気持ちで嘘をつき続きたのかな。渡くんを好きなふりをして、公生のことを思うのは切ないよね。
    この漫画のいいところは、恋だけじゃなくて挫折と成長の物語というところ。音楽を通じて、前に進みたくて進めなくて、苦しんで苦しんで、その先にあるものを必死に追い求めて食らいついて。武士くんや絵見ちゃん、凪ちゃん、公生も、これからもっと切磋琢磨していくんだろうなぁと…想像ができました。
    暗い部分はありますけど、挫折したことのある人はきっと共感できるし、最後は泣けるけど、でも前向きになれる、そんな作品でした。

  3. 評価:5.000 5.0

    12人の方が「参考になった」と投票しています。

    音楽と青春のラブストーリー

    母を亡くしピアノから遠ざかっていた
    元 天才ピアニストの有馬公生
    同じ学校のバイオリニスト宮園かをりと
    出逢うことで 止まっていたものが
    鮮やかに動き始める
    舞台に立ち もがき苦しみながら 自分の
    奏でる音と向き合い 次第に自分のモノ
    として掴んでいく
    演奏者としての苦悩 14歳の青春 恋
    音楽の素晴らしさを凝縮した
    至極の作品です!

    吹奏楽をたしなんでいた者として 舞台に
    上がることの恐怖は 非常によくわかります
    音の一つ一つが言葉であり 自分が表現したい
    思いであり 費やしてきた時間 苦労が全て
    詰まっているものだと思います
    つまりそれは自分そのもの。。
    それを評価されるというのは これほど
    恐怖で不安なものはありません
    だからこそ このお話には真実味がある
    公生が抱える恐怖 苦悩が心を締め付けて
    なりません

    更にこの漫画のすごいところは 音のない
    はずの漫画の世界で 音が視える臨場感が
    あるという事
    描写の一つ一つが秀逸で 琴線を張った
    ような静寂と 歓声がたちまち聞こえてくる
    ような臨場感の書き分けが素晴らしく
    惹き込ませ方が ハンパではありません!

    また 言葉に込められたメッセージ性が
    かなり強く ありふれた自然描写にも
    意味を持たせて 読者の心を引き込んでいきます

    なんて切なくも悲しいお話なんだと
    思うのですが 少年少女たちから溢れる
    青春の鮮やかさに とても懐かしくもなり
    温かくもなれ 心がジワーッと染み渡るような
    気持ちになれると思います

    音楽に携わった人 そうでない人にも
    心震わすものがあると思いますので
    ぜひ多くの方に読んで頂きたいと思います
    お薦めです!

  4. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    14人の方が「参考になった」と投票しています。

    なるほど!!

    アニメ化されたり映画化されたりするのも納得です。
    漫画のタイトルの意味がこんなに深いなんて!!

    音楽だけじゃない、主人公だけじゃない、沢山ある伏線を上手に補完しながらストーリーが繋がって行って、最初は笑いもあった物語にどんどん深みが増して、最後は涙が止まりませんでした。
    ワンピースの作者さんが嫉妬したとかいう作品でしたよね?これも納得です。

  5. 評価:5.000 5.0
    by MIMImi

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    号泣しました。

    最初はストーリーがなかなかつかめなかったし、なんとなく主人公の気持ちが辛くて読むの躊躇いましたが、本当に感動しました。
    いつも少女漫画専門でしたが、買って良かったと言える一作です。

すべてのレビューを見る(419件)

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

おすすめ新着作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

>

関連記事