かくかくしかじか

  1. めちゃコミック
  2. 女性漫画
  3. ココハナ
  4. かくかくしかじか
かくかくしかじか
  • タップ
  • スクロール

あらすじ

自分は絵がうまい。本気でうぬぼれていた林明子(高3)は竹刀を持った絵画教師・日高先生に罵られ…!? 少女まんが家を夢みたあの頃を描くドラマチック・メモリーズ!

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
001話
canvas 01(1)
無料配信中!
0pt
002話
canvas 01(2)
40pt
003話
canvas 01(3)
40pt
004話
canvas 02(1)
40pt
005話
canvas 02(2)
40pt
006話
canvas 02(3)
40pt
007話
canvas 03(1)
40pt
008話
canvas 03(2)
40pt
009話
canvas 03(3)
40pt
010話
canvas 04(1)
40pt
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/95話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

かくかくしかじか のスタッフレビュー

ゆっきー

人気作家の原点は一風変わった師弟関係!? 「漫画家・東村アキコ」が漫画家になるまで

自分を導いてくれる“師”がいたという幸せ

『海月姫』(講談社)や『東京タラレバ娘』(講談社)など、女子の日常をコミカルに描く作風のヒットメーカー・東村アキコさんの自伝エッセイコミック。月刊少女漫画誌『Cocohana』(集英社)に、2012年から2015年まで連載されました。本作は、2015年のマンガ大賞も受賞しています。

とにかく、歯に衣着せない東村さんの恩師・日高健三のむちゃくちゃな生き方が面白い! 竹刀片手に「下手くそ!」「もっと描け!」と生徒に怒鳴り散らす熱血ぶりと、それに振り回されながら内心ツッコミを入れまくっている主人公・林(東村)明子との、笑いあり、涙ありのストーリーです。青春時代に描いた夢と、それを教えてくれた先生のことを思い出して、切なくなっちゃいます。

大人になった今だからこそわかる、あの頃の真実

熱血すぎる日高先生から逃げてしまった東村さん。日高先生との思い出を、苦しみながら漫画にしていく中で、当時は子どもすぎてわからなかったことがやっと理解できるようになったといいます。大学に受かった後に勉強もせずに遊びまくって、恩師に顔も出さなくなってしまった東村さんの姿に共感してしまう方も多いのでは? かくいう私も、「あの頃、教えてくださっていた先生に、挨拶の一言もしていないなぁ」と考えてしまいました。

誰しもが、青春時代の恩師を思い浮かべてセンチメンタルな気持ちに浸ってしまうであろう本作。最初は面白おかしく爆笑しながら読み進めてしまいますが、終盤は涙なしでは読むことができません。今の生活に追われ、過去を振り返る暇もないくらい頑張っている人にこそ読んでほしい物語です。

2016/07/05 10:00

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    8人の方が「参考になった」と投票しています。

    恩師と呼べる人

    今や漫画好きの女性なら必ず知っているだろう「東村アキコ先生」の、漫画家になるより前の少し変わった青春時代のお話です。美術の大学に行くために、美大受験予備校?で、少女アキコが後の恩師・日高先生に出会うところから、ストーリーは始まります。
    とにかく、出てくる人出てくる人、個性的でキャラが濃くて、これがノンフィクションとは!と驚きと笑いの連続です。特に、日高先生は、脚色しているかもしれないけれどなかなか強烈な(失礼!)インパクトの持ち主で、こんな先生がいるなんて、もはや笑うしかありません。もちろん、良い意味で!
    しかし、最後まで読み進めていくと、日高先生との日々がなければ、日高先生がいらっしゃらなければ、今の東村先生は存在し得ないのだと、強く思います。
    学校の先生でもない人なのに恩師と呼べる人がいるって、すごいことですね。
    絵画のことだけでなく、誰しも青春時代にあっただろう若気のいたりや、恥ずかしく甘酸っぱい思い出も盛りだくさんで、自分の青春時代も回顧されるような、時に胸が苦しくなるような、そんなお話です。
    東村先生のファンはもちろん、老若男女問わず人生の岐路にたっている人、人生に悩んでいる人に、是非読んでいただきたいお話です。

  2. 評価:5.000 5.0

    14人の方が「参考になった」と投票しています。

    自伝漫画でありながら師へのラブレター

    ネタバレありのレビューです。表示する

    読みながらずっと胸がざわついていました。作者さんがこの漫画を描いた意味‥きっと、涙なしでは読めないんだろうなと思いつつ最後まで止まりませんでした。

    大ヒット作を生み出す東村アキコ先生の自伝漫画ですが、高校の時に出会った絵画教室の日高先生に語りかけるような、長い長い謝辞ともラブレターとも取れる作品です。

    忙しい日常の中で楽な方へ流されたり、大切な事を蔑ろにして後悔したり‥人間なら皆あると思います。

    ひたすら「描け」と教えた先生。絵画であれ漫画であれ、教え子が描いていて幸せなら先生も本望だと思います。
    (結末がわかりそうなので一応ネタバレにしておきます)

  3. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    10人の方が「参考になった」と投票しています。

    一気に読んでしまいました

    無料配信だけをチョコチョコッと読もうと思っていたのですが、先生の強烈なキャラや懐かしい時代の回想ストーリーに引き込まれました。
    一話が30ポイントとの安価さも手伝い、気が付けば最終話まで一気読みをしていました。
    とても先生への愛に溢れた作品です。
    全てを全力でやり遂げる先生の姿勢にも感動です!!

  4. 評価:5.000 5.0
    by momonon

    6人の方が「参考になった」と投票しています。

    泣きました

    ネタバレありのレビューです。表示する

    私もバカだから、同じようなことをしでかし、同じような気持ちになりました。
    大切なことを思い出させてくれる作品です。

    芸術は厳しいけれど、そんな素晴らしい恩師がいることを誇りに、これからも頑張って下さい!
    応援しています。

  5. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    21人の方が「参考になった」と投票しています。

    ネタバレ一歩手前です

    ネタバレありのレビューです。表示する

    誰しも大切な人と自分の生き方の間で選択せざるを得なかったという経験はおありだと思います。その事を思い出す事も曝け出す事も簡単な事ではありません。だから、この作品に触れた時に心が揺らいだのだと思います。
    普段はレビューとか書かないのですか、他のサイトで偏った視点から酷評されていたのを拝見しましたので、視点がそこだともったいないなと思いレビューを書いてみました。

すべてのレビューを見る(431件)

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

>

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

他にもこちらがおすすめです

    Loading

おすすめ特集

>

かくかくしかじかに関する記事