さよならハルメギド - きづきあきら,サトウナンキ | 青年漫画

さよならハルメギド

サヨナラハルメギド

あらすじ

「1999年にみんな死んじゃえばいいのに。」時は1989年。UFOや終末思想などオカルトを信じる主人公・将太は、母子寮で母と暮らす普通の小学三年生。両親の離婚は自分のせいと思い込む将太は、父と母の関係がもとに戻って欲しいと強く願っていた。そこに母親と同じ大学だったと話す青年が現れたことでその願いは“危機”へと変わる。将太は「家族」という小さな世界を守れるのか!?

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/42話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:4.000 4.0
    by roka

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    世界の終わり

    世界の終わり、というと大袈裟だけれど、子どもの頃の私たちの世界は、小規模なレベルで言えば、しょっちゅう「終わって」いたのではなかろうか。
    大好きな友達と喧嘩をしたとき、親に強く否定されたとき、大切なゲームのセーブデータが消えたとき、それこそ世界が終わるほど傷ついたものだ。
    そういう「あの頃」の感覚を、時代特有の終末感と重ね合わせて、上手に表現した漫画だと思った。

    この漫画にあるように、私たちの「あの頃」には、小さな世界を傷つけようとする怪獣も(人によっては、たぶん恐怖の大王も)いた。
    私たちはそれに対抗する術を持たず、かといって、タイミングよく現れるヒーローもいなかった。
    そのやるせなさと、無力感。
    それもまた、この作品ではとても明瞭に描かれていた。
    胸が痛くなるくらいに。

    私たちの小さな世界は何度も壊れ、壊され、それでも私たちは、粉々になった世界の欠片を何とか拾い集めて縫い合わせて、大人になってゆく。
    それは目を背けたくなるくらい切なくて、あり得ないくらい尊いことだと私は思う。

    それだけに、ラストは残念だ。
    色んな解釈はあるのだろうが、私は、何か投げ出したような印象を受けてしまった。

  2. 評価:4.000 4.0

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    悲しくも印象的なラスト

    ネタバレありのレビューです。表示する

  3. 評価:5.000 5.0

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    タイトルで損してる

    それが何だかもったいないです。せっかくオリジナリティ溢れるいいストーリーなのに。
    子供の主人公、若いお母さん、そのどちらにも共感でき感情移入できて楽しいです。主人公は子供らしく純粋だし、お母さんはかわいくて胸も大きくてまだ女として枯れてません。
    そんな母子がそれぞれ恋愛に悩み、成長していく流れは決してダラダラしていなくて読みやすいです。

  4. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    隠れた名作

    LINEマンガで連載していたけど、続きがきになりすぎてついついこちらの方で購入しました
    結果的にまっーーーーーーたく損した気にはならないお得な買い物だったな、と思いました。
    お父さんのキャラが秀逸です。
    恐ろしく、不気味で、でも何故かリアリティがあって、
    お母さん頑張って!と応援したくなる作品です。ぜひ!

  5. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    少年時代の終わり

    ネタバレありのレビューです。表示する

すべてのレビューを見る(8件)

最近チェックした作品

Loading

関連する作品

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading