学校へ行けない僕と9人の先生

  1. めちゃコミック
  2. 青年漫画
  3. 漫画アクション
  4. 学校へ行けない僕と9人の先生
学校へ行けない僕と9人の先生
  • 縦スクロール可

あらすじ

「ドラゴンボール」の著者・鳥山明先生と出会い、少年は生きる希望を見つけた―――! 小~中学校時代、不登校だった著者の実体験を基にした、学校へ行けないボクの日々、そして「9人の先生」との出会いと別れを通じて、喜び、傷つきながら成長していく少年の姿を描きます。

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/31話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:1.000 1.0

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    うーん

    ネタバレありのレビューです。表示する

    私も、小学生の頃いじめられて登校拒否だったから、主人公の気持ちはすごいわかるわかる。
    今でも、自分に自信ないし人にどう思われているのか、必要以上に考えてなにも言えなくなる。
    けどさ、子どもが先生に叩かれて学校に行けなくなったのに、無理やり学校に連れていこうって親としてどうなの?

    自分の子どもが悪いことしたなら、話しは別だけどさ。何もしてないのに叩かれて。先生とまず話すのではなくて、学校に行かせるはないと思う。子どもを守るのが親じゃないのかな。
    なぜか腑に落ちない作品でした。

  2. 評価:2.000 2.0
    by 匿名希望

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    こういう事もあるのかな…。

    12話まで読んで、読むのをやめました。
    小学生時の嫌な体験を読み返している気分になります。
    読んでいて辛いです。
    私はあまりお勧めできませんが、リアルな子供の残酷さみたいなものは良く出ていると感じました。

  3. 評価:5.000 5.0

    6人の方が「参考になった」と投票しています。

    なんとなく読んでみた。

    登校拒否児の話になるのかな?ただ鳥山明先生の名前が話数タイトルにあったから全部読んでみました。
    私的にも疑問なんですが、フツウって何なんでしょうね?

  4. 評価:1.000 1.0

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    鳥山先生の名前を見て。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    ドラゴンボールはあまり関係無かった、、、
    でも、不登校や問題教師の背景がわかりよかったです。
    優しかった先生ほど居なくなってしまい、無気力な先生は最低限の仕事をするんだと。
    体罰教師にもっとちゃんと制裁があればよかったと思いました。
    小学一年生を精神病院送りにするなんてひどいです。

  5. 評価:4.000 4.0

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    なんとなく共感

    ドラゴンボール好きとしては鳥山明先生の名前を書かれては見ないわけにはいかない、と単純に見始めましたが(笑)
    色々考えさせられたり、自分の子供時代と重ね合わせたり
    気がつけばドンドン読み進めてしまいました。
    ☆4つけましたが、限りなく☆5に近いです。
    お薦めです(^^)/

すべてのレビューを見る(24件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集