テラフォーマーズ

あらすじ

「全く見た事のないものと出会う時、人間は人間ではいられない。」 西暦2599年──。火星のテラフォーミングが進行し、その地表は一面の苔とある生物で覆われていた。そして、選ばれし15人の若者達は重要任務の遂行を期待され、有人宇宙船『バグズ2号』に搭乗し、火星へと向かう。かの地で彼らを待つ、想定外の進化を遂げた生物の正体とは…!?

この作品のシリーズ一覧(4件)

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/451話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

テラフォーマーズ のスタッフレビュー

おーじ

進化した最恐の害虫VS人類最強の改造人間! 宇宙一大がかりなゴキブリ退治!!

本物以上に気持ち悪い“人型ゴキブリ”に戦慄!!

近未来、地球の人口増加によって、火星に移住するために行われた「テラフォーミング」。火星に特殊なコケとゴキブリを送り込んだ人類だったが、ゴキブリたちは火星の環境下で誰も予測しなかった進化を遂げ、人間に襲い掛かった――。

な…なぜゴキブリが進化したら人型に……!? しかも強すぎる!! 従来のゴキブリの形から変態し、人型に進化した「テラフォーマー」。ゴキブリらしい部分は触角とお尻から生えている尾葉くらいなのに、本物以上に嫌悪感が沸いてしまいます。宇宙船から降りたら扉の前で待ってるのとかホントやめてほしい! リアルなゴキブリに置き換えると背筋が凍ります。でも、テラフォーマーが待ち受けている方がもっとコワイですね……。我々のような一般人は、瞬殺されてしまうでしょう。

連載スタート当初から、これまでになかった斬新なSF漫画として話題になり、アニメ化のみならず実写映画化も。今後も進化したゴキブリたちが日本中を駆けずりまわりそうです…あぁ、ゾワゾワする。

害虫の王に一矢報いるべく、特殊な手術をした人間たちも頑張れ!!

規格外のパワーと知能を兼ねそろえたゴキブリに対抗するため、人類は、過酷な環境に対応すべく進化した昆虫や動物のDNAを人間に組み込む、というM.O.手術を実施。

しかし、昆虫や動物の説明を長々とやった後、その能力を発揮する間もなくテラフォーマーにワンパンでやられてしまいます…切ない。M.O.手術キャラのあっけなくやられる具合がハンパなく、読者は「あれっ!?」という感じでちょっと置いてきぼり。それだけ「ゴキブリ最強!」なのかもしれません。

未だどの動物をベースにしたのか明かされていない、マーズ・ランキング1位のジョセフ・G・ニュートンや、第2部より主人公になった膝丸燈の隠された能力とは? 「ゴキブリVS人間」の戦いの裏に隠された人間の陰謀や思惑とは? 「エイリアン」や「プレデター」などのSFアクション映画好きにはたまらない作品です。

2016/04/13 10:30

ユーザーレビュー

  1. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    7人の方が「参考になった」と投票しています。

    学術的SFアクション

    ネタバレありのレビューです。表示する

    ≪序盤≫
    若干500年にして驚異的な進化を遂げた知的で人型の火星のゴキブリと、火星の環境下で生身で戦う為に
    各々特性を活かせる生物のDNAを組み込むオペを施した宇宙飛行士達が命懸けで戦う
    ただ戦うだけでなく、火星由来と思われるウィルスのサンプル獲得もする事が今回のmissionだが、裏切る国が出て来た…?
    生物についての解説の長さをマイナスにされているレビュアーさんもいらっしゃるようだが、
    これだけ様々な“マイナーな生物”の“戦う為の特化”を詳しい解説無しに理解出来るとは思えない
    理解せずに読んだら単なるトンデモSFアクションでしか無くなってしまうので、
    私としてはこの位の情報量があって初めてこの話を正しく楽しめる気がする(但し、小説的であると言う意見は理解出来る)
    絵も人間・ベースとなる生物共に大変丁寧で緻密に描かれており、非常に読み易い
    無料キャンペーン中に何気無く読んでみてドハマリした作品
    折角の特性を活かす前に亡くなってしまう登場人物が非常に多いのが辛いが、
    この諸行無常ぶりがかえってリアリティーを醸し出していて私は好きだ
    最後にひとつ、脱線するが気になる点を述べると
    序盤約70title(めちゃコミでは各title毎に数話)の内12titleが、聖飢魔llの曲のタイトルと同じである事
    偶然にしては被る確率が高過ぎるような気がして聖ll信者の自分は何だかソワソワした気分になった(^_^;) 全く同じでは無くとも非常に良く似ているtitleも多いだけに尚更…

    ≪中盤≫
    裏切った国の連中と、知能の高いゴキブリに指揮されていると思われるゴキブリの大群、加えて人間の死体を持ち帰り同じ『特性』を身に着けた一部の極端に強いゴキブリを相手に戦争勃発
    幹部6名にクルー94名、誰が誰だか、誰がいつどうやって死んで誰が何処で生き残っているのか、頭がついて行かない…orz
    序盤でチラッと述べた『トンデモSFアクション』になりつつあるのが残念

    ≪終盤≫
    中盤迄を何度も何度も読み返して、理解出来たら購入予定

    ≪総評≫
    設定も各生物の解説の細やかさも人間模様も面白い!
    だが、中盤のひたすら戦うばかりの場面には少々食傷気味になった
    最後まで読まなければ批評すべきでないのかも知れないが、
    現時点では序盤★5、中盤★3、平均★4と言ったところ

  2. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    29人の方が「参考になった」と投票しています。

    この作品の楽しみ方はあの番組と同じ感覚で

    ネタバレありのレビューです。表示する

    この作品はよく誤解される事が多いので書いておきます。

    生物の生態の解説や回想、複雑な設定を楽しむ作品であって、それが最大の個性でもあり売りでもあります。

    意図的に昆虫や科学知識の説明や人間を掘り下げるために回想シーンを多く入れてあります。
    そこに力を入れていて、色々ある物語の要素の中で占める割合を大きくしているのです。

    つまり、わざとテンポを悪くして描いているので、そういう部分が気に入らず、欠点に感じてしまう方たちもいます。
    でも、それは逆の視点から見たら長所でもあるという事です。

    でも、そういう特徴を短所にしか思えず、その他大勢の漫画のように戦闘バシバシやって、話がポンポンと進む事を良しとする最近の漫画によく使われているセオリーの作品が好きな方には正直、合わないと思います。

    Amazonのレビューなどを見てもそうなんですが、大体、低評価の理由の半分くらいはそれですね。
    ダラダラと引き延ばししているわけでもないのに、引き延ばしているといった誤解を受けています。

    個人の感想なので別にどう考えてどう評価しても構わないし星を何個つけようと自由なのですが、そういった誤解は解いてあげないと、この作品がかわいそうなので、一応、書いておく事にしました。

    一言で言えば、見る人を選ぶ作品、いや、作者が読者を選んでいるといった方が正しいでしょう。

    この作品の、そういった紙芝居のようにナレーションが入りながら進んでいく個性を長所だと思うか短所だと思うか、そしてストーリーやキャラクターに好感が持てるかどうかによって、評価が大きく分かれると思います。

    ちなみに、少年漫画ではないのでキャラクターが死ぬことも普通にあると思った方が自然だと思います。多ければ多いほど誰も死なないのは不自然なので。

    一昔前の少年漫画のように、誰も死なないでハッピーエンドを迎えるというのは稀であり、最近の漫画のセオリーでは使われないものです。

    個人的にはもっと評価されてもいい作品だと考えます。

    最後に……。
    タイトルにも書きましたが、この作品の楽しみ方は、NHKで日曜の夜7時30分からやっている「ダーウィンは見た」を見るのと同じ感覚が望ましいと思います。

    作者もきっと見る番組でしょうし参考にしていると思います。

    持論は以上です。

  3. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    あー!

    無料分を読みました。
    G嫌い(虫嫌い)には、
    なかなかガツンときましたー!

    無料分しか読んでいないのですが、
    きっと面白いと思う!
    船員達の各々の事情や、能力も気になるし…!何より設定が斬新で驚きました。

    謎の彼らはどうなっていくのだろう…
    読みごたえありそうだし、
    進むか止まるか、悩みどころ!
    Gはこの先も沢山登場するのかなー。

  4. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    ハマった!!

    設定がおもしろいし、絵も好きです。
    ちょっとグロい描写も多々ありますが。

    284話読んでも結局決着はわからないです。

  5. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    12人の方が「参考になった」と投票しています。

    残酷だけど夢中になる

    ネタバレありのレビューです。表示する

    戦う敵もだが、戦い方の設定の発想が凄まじい。

    戦況がめまぐるしく変わるので、理解するまで、私は時間かかったところもあった。

    1人1人、設定上能力が違うため、戦い方が個性的で読みごたえがある。

    バトルが好きな方にオススメの作品。
    戦闘ものが好きな方なら、オススメ。

すべてのレビューを見る(221件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

テラフォーマーズに関する記事