禁断の赤いベッド ─ぬくもりを教えて、先生

  1. めちゃコミック
  2. TL漫画(ティーンズラブ)
  3. ラブきゅんコミック
  4. 禁断の赤いベッド ─ぬくもりを教えて、先生

あらすじ

両親を亡くし、天涯孤独となった千晶。人のぬくもりが欲しくてホテル街へ向かうと、見知らぬ男に強引に連れ込まれ、いきなり説教!? 寂しさを隠しきれない千晶は、「ただ、何も考えずに眠りたいだけなの」と言う。男は、千晶をうしろから抱きこみ、服の上から肩から胸、アソコへゆっくり触れて、気持ちよく濡らしていく…。目が覚めると男はいなくなり、名前を聞かないまま、彼の温もりを求めるようになる千晶。翌日の朝礼、壇上に上がった先生を見ると、ホテルで一緒に過ごした男がいて、新しい保健の先生だというのだが…!?

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/18話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    15人の方が「参考になった」と投票しています。

    泣きました(※長文です)

    ネタバレありのレビューです。表示する

    オネエ失格のファンになり、この作者様、他にも作品描いてないかなぁとこちらに辿り着きました。
    この作者様は心情やセリフ、表情が非常に細やかで丁寧に描かれていて、当然漫画なので設定飛び抜けてる部分はあるかもですが、気持ちの面がすごくリアルなんですよね。自然な流れと言うか腑に落ちるというか、違和感を感じる場面が全くないというか。。私は普段レビューとか書かないんですが、これは本当にみなにオススメしたいです!
    主人公が先生に初めて気持ちを吐露するシーン、委員長の主人公に対する思い、胸に迫るものがありおもわず泣いてしまいました。
    そして先生。本当に優しくて思いやりがあって大人の素敵な男性。こんな人が実在してたら絶対好きになる。
    自分自身、日々乗り越える事に必死で、実生活でもだいぶ疲れていて、寂しいんだなぁって改めて気づかされ、主人公と想いが重なって、わたし自身も先生に受け止めてもらったような気分になり、ボロボロな心が癒されました。。
    疲れてる方、寂しい方、優しさに包まれたい方、ぜひ。
    これからも素敵な作品楽しみに待っています。何度も読み返したい。単行本欲しいです。

  2. 評価:2.000 2.0
    by けゅ

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    偶然重なりすぎでしょ笑

    両親を亡くして、不眠になった主人公がホテル街で助けてもらった人が保険医として赴任してきて、尚且つ叔父ってゆうのは要素詰め込み過ぎに感じました…。
    しかも安心して眠らすなら添い寝じゃだめなの⁇とか読んでて色々引っかかる所がちょこちょこある…
    おネェ読んでから来たからちょっと残念。。

  3. 評価:4.000 4.0

    11人の方が「参考になった」と投票しています。

    泣ける話

    ネタバレありのレビューです。表示する

    ポイント追加で一気に読みました。

    エロは少なめですが、切なく、最後はとても心あたたまるお話でした。
    先生と生徒、(血が繋がってないとはいえ)叔父と姪、という二重に禁断の関係が、盛り込み過ぎかな?という気もしたので、星4つです。

    恋敵である委員長も、誠意のある人物で好感が持てました。
    先生の口調からは常に愛情が感じられ、こんな先生居たら好きになってたと思います。

    性描写だけじゃなく、登場人物の心理や関係性を重視する人にはお勧めの作品です。

  4. 評価:3.000 3.0

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    委員長大好きです

    突然現れるクラスの委員長の立場が切なくて儚くて気付けば委員長の回ばかりリピートしまくってる。

    あんなお人好しで協力的な存在なかなかいないよ!

  5. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    あこがれる❗❤

    こんな関係のシチュエーションがまた胸キュン❤します❗
    ホントにハッピーエンドでよかったです❗

すべてのレビューを見る(62件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading