イシュタルの娘~小野於通伝~のレビューと感想

イシュタルの娘~小野於通伝~

イシュタルノムスメオノオツウデン

みんなの評価

レビューを書く
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全113件

※このページはネタバレ非表示のページです

ネタバレありのレビューを見る
  1. 評価:5.000 5.0

    by Hall
    文句無しの5つ星。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    戦国時代の話なのに
    とても新鮮です。

    それは
    この時代を書く上で
    これまでとは違う目線で
    描いているからだと思います。

    作中で
    傾奇者で有名な武将が
    ちらっと出てきて言います。
    「カブくっていうのは
    世の中を傾けて見てみるってこと
    正攻法では見えないものが見えてくる」

    なんといっても
    この時代は武士の時代

    でも主人公は武士の立場に
    収まっていない。

    武士の時代に
    武士とは違う目線…

    主人公は傾奇者の
    素質があるんですね。

    信長、秀吉、家康と
    天下人が変わるたびに
    時代や価値観が変わる中で

    公家にも武家にも属さず
    彼らとの共存により
    身を立てて自由に生きる…

    結構すごい作品だと思います。


    戦国時代をよく知る人にも
    オススメできる作品です。

    4人の方が「参考になった」と投票しています

  2. 評価:5.000 5.0

    桃山文化の才媛

    あさきゆめみし(源氏物語)の大和和紀先生の作品
    ということで 作者買いです

    ヒロイン 小野於通に関しては
    文化人くらいの認識しかなかったのですが
    戦国時代のそうそうたる人物達に重用され
    謎多き才媛として魅力的です☆

    謎が多く 史実通りではないかもしれませんが
    この時代 争乱に巻き込まれ翻弄されながらも
    教養を身につけ 才能を開花させていくヒロインに
    高揚感を覚えます
    芸術文化の色濃く 朝廷公家側から見た
    戦国争乱も 新鮮で面白いです

    19人の方が「参考になった」と投票しています

  3. 評価:5.000 5.0

    by 虹色
    初めて知りました

    戦国武将には興味があって、ある程度の方は知っていましたが、於通さんという方は全く知らなかったので、無料をきっかけに読み始めました。

    何をきっかけに命を落とすとも知れない戦乱の世に、自分の志に忠実に進んでいく芯の強さが素晴らしい方だと思いました。

    他の登場人物の視点から描かれているシーンもあって、あっという間に読み進んでしまいました。
    多少の脚色はあるかもしれませんが、オススメしたい作品です。

    1人の方が「参考になった」と投票しています

  4. 評価:5.000 5.0

    歴史を知らない

    恥ずかしながら歴史の知識が小学生レベルでしたが、本当に面白かったです。

    織田信長、豊臣秀吉、明智光秀…
    徳川家康や春日局など本当にリアルでした。

    コミックを購入しました。

    1人の方が「参考になった」と投票しています

  5. 評価:5.000 5.0

    by 匿名希望
    さすが。

    さすが大和先生ですね。面白いです。

    あさきゆめみしさで、平安時代と源氏物語は勉強を全くしなくても大丈夫でした。

    途中までよんで、やはり単行本が欲しくなってしまいました。
    貴重な漫画家さんです。
    もっともっと書いて欲しいです。

    1人の方が「参考になった」と投票しています

  6. 評価:5.000 5.0

    by 匿名希望
    戦国

    ネタバレありのレビューです。表示する

    時代を女性の視点から見た作品。小野於通は歴史上実在しますが、その人物像は謎の人物です。作者はドラマチックにその人物像を生き生きと描き、大河ドラマみたいな無理矢理な物でなく、興味深く描いてます

    1人の方が「参考になった」と投票しています

  7. 評価:5.000 5.0

    by 匿名希望
    これぞ漫画!エンターテイメント。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    大和和気先生の作品は子供の頃から大好きで、特に「あさきゆめみし」はいまだにコミックスを手元において何度も読み返しています。

    この作品、画風は「あさきゆめみし」後半に近い感じ。
    人物の表情が若干昔とは変わったように感じますが、美しい着物の模様、武家や城の屋敷の描写、風景に至るまで完璧過ぎる書き込みで、もはや壮大ささえ感じます。

    主人公おつうが生きるのは戦国の世。
    おつうも戦乱の世に振り回され、色々な所に流されながらも自分を見失う事なくしっかり生きていきます。

    だからでしょうか、臨場感がすごい。
    特におね殿に伴われ大阪城へ入るシーンはまるで自分がお城に入るようでした。

    画力の素晴らしさもさることながら、相変わらず人物描写も素晴らしい。織田信成、秀吉、茶々、出雲のおくに、千利休...。
    戦いだけでなく芸術でも、まさに誰もが知る名前が次々に上がりますが全てのキャラがたっていて身近に感じられるほど。
    他の方も仰ってましたが先生はこの作品を世に出す為にどれほど勉強されたのでしょう。
    壮大な映画やドキュメンタリーを見ているみたい。それでいておつうは賢いのに正直で可愛らしく共感しやすい。
    とにかく面白い!止まらない!

    先生のお年を全く感じない。
    何も感じず夢中になれる。これぞ漫画!

    このレビューへの投票はまだありません

  8. 評価:5.000 5.0

    by PAKCHI
    こんな素敵な女性がいたんですね。

    日本史はあまり詳しくないので、この漫画を読んで初めて小野於通さんという方を知りました。
    同時代には歴史に名を残している女性が多くいますが、その方々とはまた違うタイプの強く、素敵な女性だと思いました。
    好きなことに邁進し、恩を忘れず人の役に立とうとする生き方は、今の世の中でも変わらずに大切にしなければならないことだと考えさせられました。

    このレビューへの投票はまだありません

  9. 評価:5.000 5.0

    大河ドラマの題材にぜひ!

    戦国時代は割りと好きで、武将系の話はよく読んだりするのですが、小野お通と言う女性の存在ははじめて知りました。これぞ現代女性にも通じる、自立した女性のロールモデル!とても共感出来ました。
    源氏物語に描かれた雅な世界から一転、歴史教科書にも出てくる武骨な戦国武将達についても、見事に描ききっているとおもいます。大和和紀さんの力量を改めて目の当たりにいたしました。
    有名どころの歴史人物もたんまり絡んできますので、何年か後の大河ドラマに、ぜひお願いしたいですねえ~。

    このレビューへの投票はまだありません

  10. 評価:5.000 5.0

    おもしろかった❗

    ネタバレありのレビューです。表示する

    歴史ものが大好きなので、信長、家康、お市の方、茶々、きら星の如く有名な人物とかかわる、主人公小野のおつうさんが、羨ましい。この時代は
    女性が一人で都で生きていくのは
    難しいので才能や家にまた、よき人脈に恵まれてこそと思います。
    が幼なじみの貴族の坊っちゃんは
    だらしないなあ、まあ秀吉と張り合っても無理かもしれませんが。
    おつうさんが最終的には誰と結ばれて幸せになるのか楽しみです。
    絵も安定して美しいです。

    このレビューへの投票はまだありません

全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全113件