海月と私 - 麻生みこと | 青年漫画・コミック

顧客満足度No,1

めちゃコミック

漫画:海月と私の詳細

海沿いの辺ぴな宿「とびうお荘」に辿りつけたら、最高の食事とちょっとした幸運にありつけます

海月と私

海月と私

クラゲトワタシ

作者
麻生みこと
雑誌
good!アフタヌーン
ジャンル
青年コミック
タグ
人間ドラマ

海月と私のあらすじ

大ヒット作『路地恋花』の麻生みこと最新作! 海沿いの辺ぴな宿「とびうお荘」は、主人とワケあり看板娘のたった2人で営業中。この宿にたどりつけたお客は、最高においしい食事とちょっとした幸運にありつけます。

海月と私のレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    作者のファンです。

    作品は安定の坦々とした描写の中に、
    麻生先生のチカラで活き活きとしたなんとも言えない素晴らしい作品になっておりました。

    続きがどんどん読みたい!
    そんな作品でした。

  2. 評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    なかなかない内容なので

    実に面白い展開でサクサクっと読めちゃいますよ♪

  3. 評価:5.000 5.0

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    ピンポイントの萌え

    ネタバレありのレビューです。表示する

  4. 評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    面白いです

    買って損はないと思います。
    一応終わったのかな?
    最後謎解きみたいになったけど、それまでの旦那さんと梢さんの関係がほっこりしていて癒やされます。

  5. 評価:5.000 5.0

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    惹きつけられて目が離せない!

    路地恋話 からの作者買い★

    辺鄙な海辺の民宿を舞台に繰り広げられる
    絶品料理を出す板前の いぶし銀オヤジと
    ミステリアスな看板娘(仲居)の物語

    民宿 とびうお荘へ宿泊する客それぞれのドラマが
    人情味溢れて心に響きます
    並行して ヒロイン梢(仲居)に対する
    オヤジ(50才前後)の想いが いじらしくて
    何とも言えず たまりません!

    伏線からめて じわじわと 梢の本当の顔が
    見えてくるような 作家さん独特の描写に
    引き込まれ ドキドキします☆
    一番いいところで 配信分終わってしまったので
    続きが 待ち遠しい !!

すべてのレビューを見る(5件)

海月と私に関する記事

海月と私のあらすじ

1話~8話
大ヒット作『路地恋花』の麻生みこと最新作! 海沿いの辺ぴな宿「とびうお荘」は、主人とワケあり看板娘のたった2人で営業中。この宿にたどりつけたお客は、最高においしい食事とちょっとした幸運にありつけます。
9話~16話
大ヒット作『路地恋花』の麻生みこと最新作! ここは駅にも浜にも温泉にも遠い「とびうお荘」。全3部屋のこぢんまりとした造りで、どの部屋からも海が望める。日々の喧騒を忘れてくつろげると評判のこの宿を切り盛りするのは、寡黙な主人と、住み込みで働く素性不明の仲居・梢。テレビの取材がやってきたり、家出娘が駆け込んできたりと宿は今日も千客万来。どうぞ気ままにおくつろぎください。
17話~24話
大ヒット作『路地恋花』の麻生みこと最新作! ここ「とびうお荘」は、日々の喧噪を忘れてくつろげる海辺の小さなお宿。寡黙な主人の絶品料理と、美人仲居の心地よい接客は、きっとどなたにもご満足いただけます。今日のお客は「失踪した若い女」を捜すフリーの記者……彼の目的は素性不明の看板娘・梢(こずえ)!? 嵐の夜に思いがけず密着したり、相変わらず「海月」のような謎めいた美女に振り回されっぱなし!
25話~33話
大ヒット作『路地恋花』の麻生みこと最新作、堂々完結! 主人の絶品料理と美人仲居・梢(こずえ)の働きが評判を呼び、客足の途絶えない隠れ宿「とびうお荘」。二人きりで営む海辺の宿から、たった一人の看板娘がいなくなった!! 心配する主人に届いた手紙には、梢の秘密が記されていて……。衝撃の真実を知ってもなお、主人の決心は揺るがない。梢の元へ、なりふりかまわず駆け出した!

おすすめ特集

海月と私をスマートフォン/ケータイで無料試し読み

めちゃコミックはスマートフォン/ケータイ専用の漫画・電子書籍ストアです。以下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。

  • スマートフォンで読む

    Android/iPhone
  • ケータイで読む

    docomo/au/Softbank