亜人 - 桜井画門,三浦追儺 | 青年漫画・コミック

顧客満足度No,1

めちゃコミック

漫画:亜人の詳細

不死身の新人種「亜人」。懸賞金が掛けられ人間から狙われる生き返ったら亜人…死ねばわかる

亜人のあらすじ

「亜人」と呼ばれるその生物は「死なない」。高校生・永井圭はある日、交通事故で死ぬが、その直後に生き返った。それは、彼が亜人であり、人間ではないことを意味する。圭をとりまく環境は一変した。彼は人間たちから逃げ惑うことになる。友人のカイは、怯える圭を助けるために駆けつけ、ふたりで人里を離れて山の中に逃げ込んだ。そんな彼に人間と敵対する亜人たちが接触してきた。――彼は何と戦い、誰と生きればいいんだろう?

亜人 のスタッフレビュー

おーじ

死んでも死ねない!? 不死身の高校生が生きる、単純じゃない不条理な世界

死なないだけで、世界はこんなに変わる! 数奇な運命をたどる“亜人”

17年前、アフリカで発見された不死身の新人類“亜人”。人間と亜人のちがいは、命が有限か無限かだけで、痛覚などは普通の人間と変わりません。高校三年生の永井圭は、交通事故に遭い、自分が亜人であることに気付きます。しかし、亜人は人間扱いされず、国家による壮絶な人体実験を受けさせられることに。それに加え、亜人の自由を要求する残忍な亜人テロリスト・佐藤の思惑が交錯し、予測不可能な展開を向かえていく。人間と亜人の未来は破滅か、共存か!?

2012年より『good! アフタヌーン』(講談社)にて連載中の本作は、『このマンガがすごい2014』ではオトコ編で第3位に輝き、TVアニメ化だけでなく、2015年12月より異例の劇場アニメ3部作としても公開された大注目作です。

自爆前提! 予想の斜め上を行く、亜人たちの非日常バトル!!

作者・桜井画門さんの描く戦闘シーンは“死なない”亜人ならではの特徴的なものです。特に衝撃的なのは、亜人テロリスト佐藤によるバトルシーン! ハイジャックした飛行機で自分もろとも目的地に突っ込み、そのまま武器を奪って人間たちを蹂躙します。物語の設定はとてもリアルに描かれているだけに、「死なない」という一点で、これだけ非日常の世界を展開できることに驚きを隠せません。また、何度も死ぬ経験をするうちに、人間らしい感情を失っていく主人公・永井の心理描写も秀逸。対照的に、本作のヒロイン・下村泉の健気さに涙するシーンも…。

涙あり、心理劇あり、非日常バトルあり。楽しめる要素がたっぷり詰まった極上のエンターティメント長編に、乗り遅れることなかれ!

2016/05/30 10:45

亜人のレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    おバカキャラもいるので面白い

    最初はシリアス満載で、暗いな、と思っていたら、途中からおバカキャラが登場したので、引き込まれた。
    おバカキャラの今後が、楽しみ。

  2. 評価:5.000 5.0

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    主人公には共感出来ないが面白い!

    主人公がこのタイプって新しい。感情はあくまでも薄く、優れた頭脳で計算ずくで生きている。亜人ということが判明してもある意味挫けない。しかし、うわぁ、クズ!と引いてしまう言動。それでも主人公を上回る怪物じみた男、父親的な男、熱血漢など、周囲との関わりの中で主人公のことを肯定的に見ることが出来る。面白い作品です。

  3. 評価:5.000 5.0

    by 匿名希望

    5人の方が「参考になった」と投票しています。

    面白かった!

    最初、お試しで読んで続きを購入、面白いので続けて一気に読みました。死なない、とか意志で動く精神エネルギー的な武器、という設定に新鮮味はないけど、キャラがリアルで魅力的に描けてるのと、ストーリー展開が優れているのと。
    続きを楽しみにしてます!

  4. 評価:5.000 5.0

    by 匿名希望

    7人の方が「参考になった」と投票しています。

    何コレめちゃ面白い!

    深夜にアニメでやっているのを偶然観て、何コレ!!?めちゃ面白い!と夢中になり、即めちゃコミックで全話購入しました。
    マンガの方がグロいけど、アニメの方が迫力あるしカッコ良くて好きかなー。
    うーん、どちらも面白いです(笑)

  5. 評価:5.000 5.0

    by 匿名希望

    9人の方が「参考になった」と投票しています。

    人間の真実…かな

    暇な時にこれを見つけて、読みました。
    作者は今の世の中に対し、独特だが認めざるを得ない理解を持ってます。
    自分たちより強い何かを持てば忌み嫌い、弱い何かを持てば見下ろし気にしない。すべてではないが、人間の本性の一部でしょう。
    理解できる人には、絶対読んで欲しい作品です。

  6. 評価:3.000 3.0

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    暗いなぁ

    なんか暗いですね。ストーリー設定はおもしろい。

  7. 評価:5.000 5.0

    6人の方が「参考になった」と投票しています。

    亜人って、何?!

    無料で、6話まで読みました。
    とても、気になってます!
    でも、おこずかいの範囲で楽しみたいと思います(笑)
    主人公と親友の男同士の友情が、とても素敵です。
    亜人によって、不死身の体になった主人公の今後が気になります。
    テンポが良くてスピード感があり、とても楽しく読めました。

  8. 評価:5.000 5.0

    by 匿名希望

    6人の方が「参考になった」と投票しています。

    勝手に。

    読み手として勝手に、今の世の中とリンクさせて読んでいる。
    面白いっす。

  9. 評価:4.000 4.0

    by 玖苑

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    グロテスク

    ネタバレありのレビューです。表示する

  10. 評価:4.000 4.0

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    はじめ

    つまんない感じで全く見なかったけど
    買ってほしいって言われてみたら
    あっさりしていて読みやすいし
    面白みはある深みはない

    あっさりすらすら読めるし
    感じがいい漫画で読んでいて飽きないし
    疲れない
    印象は薄いけど軽く楽しめる

  11. 評価:4.000 4.0

    by じー3

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    基本的には面白い邪道系ヒーロー

    心理描写が巧く、キャラクター一人ひとりの性格や行動も納得してしまう。

    ただ、主人公に魅力が感じられず感情移入出来ない点が気になる。それを踏まえて星4つ。

  12. 評価:5.000 5.0

    by 匿名希望

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    面白い

    亜人達のそれぞれの心理が面白い。実在したら怖い。早く続きが見たい。

  13. 評価:4.000 4.0

    by 匿名希望

    11人の方が「参考になった」と投票しています。

    現実的でリアルな話の作りが良い!

    ネタバレありのレビューです。表示する

  14. 評価:3.000 3.0

    by 砂夜

    10人の方が「参考になった」と投票しています。

    人間から亜人へ

    ある日、自分が亜人だと知った主人公。翻弄されるがままに逃げ続けていたそこから、頭脳明晰な主人公は、どんどん亜人としての自分の生き方を見つけていきます。冷ややかなのかなんなのか…読めない主人公の気持ちにもこれから変化があるのかな?
    亜人の秘密がまだまだ出てきそうな予感もしますが、今のところは人間vs亜人の争い、といった様子でしょうか。
    中盤の物語の展開から、テンポアップして面白くなってきました。早く話数追加してほしいです。

  15. 評価:4.000 4.0

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    ハマった。これからが楽しみ。

    ネタバレありのレビューです。表示する

  16. 評価:4.000 4.0

    16人の方が「参考になった」と投票しています。

    すごい評価されてるけどそれほどでもない

    死んでも生き返れる亜人のお話。亜人は、ジョジョの奇妙な物語のパワータイプのスタンドっぽいです。
    今のところそんなにグロくもないしスピード感もあって読みやすいです。

    ただの亜人対亜人とか、亜人対人間のバトル漫画になっちゃうのかそうではないのかによって良さが変わってくるかと思います。現時点でやっと全体像が見えてきた所なので今後に期待で☆4つ

  17. 評価:5.000 5.0

    17人の方が「参考になった」と投票しています。

    話題作

    話しの最初のほうはちょっとじれったさを感じだけど、途中からストーリーもスピードアップしてきて面白くなってきた。絵も丁寧でよい。

  18. 評価:3.000 3.0

    12人の方が「参考になった」と投票しています。

    人間が怖い話

    画力も高く、ストーリーも良く読ませる作品。あっと言う間に読めてしまいます。亜人になった主人公が徐々に、思考が人間⇒亜人になっていく様は見物ですね。話題作なだけあるな、と。ただ…主人公に感情移入しにくい。なのであまり入り込めません。私だけですかね??

すべてのレビューを見る(18件)

亜人のあらすじ

1話~14話
「亜人」と呼ばれるその生物は「死なない」。高校生・永井圭はある日、交通事故で死ぬが、その直後に生き返った。それは、彼が亜人であり、人間ではないことを意味する。圭をとりまく環境は一変した。彼は人間たちから逃げ惑うことになる。友人のカイは、怯える圭を助けるために駆けつけ、ふたりで人里を離れて山の中に逃げ込んだ。そんな彼に人間と敵対する亜人たちが接触してきた。――彼は何と戦い、誰と生きればいいんだろう?
15話~25話
友達が命をかけた。死ねない自分はどうすればいい? ――"亜人"として目覚めつつある永井圭(ながい・けい)に、正体不明の亜人「帽子」が接触。テロリストは笑顔で圭を迎えたが――。さらに、亜人事件の転機となった「中村慎也(なかむら・しんや)事件」も収録!
26話~35話
既存の人類との共生か、それとも敵対か――。亜人となった永井圭(ながい・けい)が最初に接触を試みた同朋、「帽子」こと佐藤(サトウ)の正体は凶暴なテロリストであった。佐藤の手引きによって研究所からの脱出を試みるさなか、自分に凄惨な人体実験を行った当局の研究員の命をめぐって、永井圭は皮肉にも佐藤との全面対決に踏みきる。
36話~45話
不死の新生物・亜人となった高校生・永井圭(ながい・けい)。その圭を仲間に取り込もうとして失敗した亜人テロリスト・佐藤(さとう)は、在野の亜人に結集を呼びかけた。招集に応じた亜人たちに佐藤は人類虐殺を提案する。その計画に異を唱えた者は拘束、監禁されたが、ただ一人、亜人の少年・中野攻(なかの・こう)だけが、離脱に成功した。攻は佐藤の兇行を阻止するために、亜人の仲間を求めて、永井圭との合流を試みる!
46話~55話
不死の新生物・亜人となった高校生・永井圭(ながい・けい)は亜人テロリスト・佐藤(さとう)の策謀により当局に捕獲されるが、自力での脱出に成功、山村に潜伏した。佐藤は人類との全面対決を宣言し、市街地のビルに旅客機を墜落させ、現場に結集した警視庁特殊急襲部隊(SAT)を亜人の仲間達とともに殲滅した。全国に亜人の恐怖が蔓延する中、武装した村人達に追いたてられた圭は亜人の仲間・中野攻(なかの・こう)とともに村を脱出し佐藤への反撃を開始する!
56話~64話
不死のテロリスト・佐藤(さとう)たちの大規模テロにより、亜人の恐怖が全国に蔓延した。そんな中、亜人として全人類に追われつつ寒村に潜伏していた高校生・永井圭(ながい・けい)は、同朋の少年・中野攻(なかの・こう)とともに、佐藤を止めることを決意する。亜人管理委員会の戸崎(とさき)と手を組むことで、亜人研究の権威、オグラ・イクヤ博士に会い、下村泉(しもむら・いずみ)や管理委員会のメンバーとも関わることになった圭。激変する戦況の中で、佐藤との最終決戦が迫る!
65話~74話
不死のテロリスト・佐藤の凶行は第2ウェーブへと移行。亜人利権に浴する要人11人の暗殺を開始した。佐藤を止めるべく永井圭は亜人管理委員会の戸崎とその配下の戦闘集団と共闘することを決意。暗殺リスト11人のうち「フォージ安全」社長・甲斐敬一とその秘書・李奈緒美に狙いを絞り佐藤要撃を目指す。
75話~84話
亜人テロリスト・佐藤(さとう)が殺害対象に選んだフォージ安全社長・甲斐敬一(かい・けいいち)の警護のため、永井圭(ながい・けい)と戸崎(とさき)たちはフォージ安全ビル内に潜伏した。襲撃してきた亜人テロリストたちを一網打尽にするための作戦を仕掛けた永井圭。だが、そこに佐藤の姿はなかった。佐藤をおびき寄せる作戦にシフトし、圭は佐藤が現れるのを待つ。圭と佐藤の対決の時が再びやってくる。
85話~94話
フォージ安全ビルに不死の亜人テロリスト・佐藤が侵入! 社長とその秘書を護るために永井圭は社長室のある15階へと向かう。先回りした佐藤は圭の仲間の黒服たちと交戦し、これを粉砕していく。佐藤の脅威をここで止めるべく、亜人管理委員会の戸崎は建物を完全封鎖。一切の出入りが不可能な巨大な棺桶と化したビルの中で社長室フロアに駆けつけた圭が、佐藤と激突する!

亜人をスマートフォン/ケータイで無料試し読み

めちゃコミックはスマートフォン/ケータイ専用の漫画・電子書籍ストアです。以下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。

  • スマートフォンで読む

    Android/iPhone
  • ケータイで読む

    docomo/au/Softbank