義弟に奥まで注がれ十月十日 - 黒沢治美,鱗 | おとなコミック(アダルト・エロ漫画)

義弟に奥まで注がれ十月十日

ギテイニオクマデソソガレトツキトウカ

あらすじ

「俺が義姉さんを身籠らせてあげます」妊娠するまで中に出されて犯される…!!――名家に嫁いで2年。夫の無精子症が判明し、このままでは家督相続権が得られないと、途方に暮れる希緒に、義弟がある提案をする。それは「夫の代わりに義弟が希緒と交わり、妊娠させる」というものだった。愛する夫の為、仕方なく義弟に抱かれることになった希緒だが、彼の嬲るようなネチっこく強引な責めに、嫌だとは思いながらも身体は反応してしまう。来る日も来る日も犯され続け、淫らな肢体に開発されていく希緒は…!?

この作品のシリーズ一覧(2件)

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/38話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

義弟に奥まで注がれ十月十日 のスタッフレビュー

まめひこ

子供ができない旦那の代わりに、義弟と子づくり…!?

義姉と義弟。それはまるで月と太陽のような二人

裕福な家、宮津家の長男・真臣の妻になった希緒。しかし、結婚して二年も経つのに子供が全くできません。すると真臣は子供が作れない体ということが発覚。宮津家の父と母の厳しい目が光る中、二人はこの問題を公にできる状態ではなかった。

もしこれが知られたら、家督を継げず、追い出されてしまう…それを知った真臣の弟・芳臣は、希緒と芳臣で小づくりすることを提案します。それを渋々と承諾する二人。そこから悩める日々が始まるのでした。

太陽のように明るい希緒。それに比べ、芳臣は片目に包帯を巻き、普段から顔色が悪く渋い着物を身につけ、常に影を帯びているような存在。月と太陽くらいに正反対の雰囲気を持った二人が、気持ちはなくてもエッチでつながる…というところに、どことなく後ろめたさと色っぽさを感じさせます。

心は旦那のものなのに、弟との体の関係がますます深まっていく…。

希緒をあの手この手でじわじわとこちらを向かせようとする芳臣。もちろん希緒は旦那一筋!という雰囲気なのですが、芳臣の巧みな策にどんどん溺れていきます。

そんな希緒の表情がどんどんと変わっていくのが、読んでいて楽しいところ! 素直にエッチに身を任せられないという複雑な状況が、またこのストーリーの楽しみどころの一つですね。

一体、希緒はどこまで義弟の芳臣に染まっていくのか。そして最愛の夫・真臣はそれを黙って見ていられるのか? 三人の心と体のバランスが、どんな風に変わっていくのかを楽しめる作品となっています。それぞれの行方は一体どうなるのか!? 続きに期待の一作です!

2016/08/26 10:00

ユーザーレビュー

  1. 評価:4.000 4.0
    by Keit

    23人の方が「参考になった」と投票しています。

    ラストが残念…

    ネタバレありのレビューです。表示する

  2. 評価:5.000 5.0

    32人の方が「参考になった」と投票しています。

    一気に読みました。

    ネタバレありのレビューです。表示する

  3. 評価:3.000 3.0
    by 克巳

    58人の方が「参考になった」と投票しています。

    変貌ぶりパねぇ

    ネタバレありのレビューです。表示する

  4. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    11人の方が「参考になった」と投票しています。

    今更ですが

    この作品が連載当時にレビュー機能はなかったのでこの機会に(笑)

    この作品のヒットの後にストーリー重視系のものが増えた気がするぐらい当時はインパクトありました。

    心理描写や言葉のチョイスが巧みです。難しい言葉を使っているわけではないのに、高尚な文を読んだときの気分に近い読後感。

    この方には一般向けで描いてほしいのですが、ご本人はエロが好きなのでしょうか(笑)エロシーンも素敵ですから。

  5. 評価:1.000 1.0
    by 匿名希望

    35人の方が「参考になった」と投票しています。

    目的はどうした

    ネタバレありのレビューです。表示する

すべてのレビューを見る(386件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading