夏の前日 - 吉田基已 | 青年漫画

夏の前日

ナツノゼンジツ

あらすじ

甘く切なく擬(もど)かしい、ふたりの長い夏の前日。――日吉ヶ丘(ひよしがおか)芸術大学4年生・青木哲生(あおき・てつお)。月下(げっか)画廊店長で、和服が似合う大人の女性・藍沢晶(あいざわ・あきら)。突き動かされるように体を繋げた一夜から、激しくも拙い恋愛が始まる――。

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/63話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

夏の前日 のスタッフレビュー

おーじ

儚く切ない、大人のための恋愛ロマン

年上の美女と結ばれたものの…

主人公・青木哲生は、画材屋でアルバイトをする、人付き合いが苦手な美大生。愛想を良くすることと、感情を上手く表現することが出来ない自分に悶々としながら、絵に専念する日々を送っていました。そんなある日、画廊に勤める年上の和服美人・藍沢晶と出会います。アルバイト先での縁をきっかけに、何かと彼女に話しかけられるようになる哲生。はじめは鬱陶しく思っていたものの、だんだんと彼女のことが気になるようになり、ついに結ばれることに。でも、彼には他にも気になる女性がいて……

キラキラとした青春とは無縁の青年の夏を切り取った、青臭い恋の物語です。

甘くて苦い、美大生ならでは恋の葛藤

晶さんは、河原で写生をする哲生をいつも温かい目で見守ります。そんな彼女の、哲生の芸術家としての成功を常に願う姿がとにかく切ない! 哲生は自身の恋心に不器用なため、なかなか晶さんに自分自身を曝け出せないのです。そのため、本心とは裏腹に、哲生は晶さんの優しさになかなか応えられず…。ただの恋物語ではなく、恋を通した哲生の成長譚としての側面ももつ本作。じれったいけれど、2人の俗っぽくない関係がたまらくなってくること必至です!

この激しくも拙い恋愛の行きつく先とは? 味わい深く印象的なラストを、是非その目でご覧あれ。

2016/11/11 13:00

ユーザーレビュー

  1. 評価:4.000 4.0

    17人の方が「参考になった」と投票しています。

    作品自体は満点ですが…。

    もともとコミックスで持っていて、大好きな作品なので記しておきます。
    トーンを必要最低限の使用で抑えた繊細なタッチが心地良く、人の体温をこんなにもエロく美しく切なく感じられる作品はなかなか無いかもと思います…。

    何度も読み返しているので、興味本位で無料分だけ読んでみました。

    先に謝ります。ごめんなさい。
    正直この作品は電子コミックのシステムとは特に合っておらず、実際にコミックスを手に取って読むべきだと思いました。線の質をより感じられるのはもちろんのこと、巻数と起承転結のバランス、装丁の質感を含めて、この作品は完璧だと思います。
    筋違いなことを言って本当申し訳ありません…。

    最後まで読んでいないのでわかりませんが、コミックスの最後にある番外編はこちらに含まれていますかね…。とても可愛らしい話なのに、あれのおかげで個人的に切なさ倍増です。

  2. 評価:4.000 4.0

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    久しぶりに…

    ネタバレありのレビューです。表示する

  3. 評価:5.000 5.0

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    最高です。

    ネタバレありのレビューです。表示する

  4. 評価:5.000 5.0

    18人の方が「参考になった」と投票しています。

    もうたまらなくよい。

    ネタバレありのレビューです。表示する

  5. 評価:5.000 5.0

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    きゅんとします!

    セクシーなんですが、主人公達の心情がとても丁寧に表現されている作品です。
    漫画で泣いたのは久しぶりです。
    本でも読みたくなり、今書店で探しています。

すべてのレビューを見る(112件)

関連する作品

こちらも一緒に買われています

Loading

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ新着作品

おすすめ特集

夏の前日に関する記事